2017年05月31日

ヒメボタル〜陸上で一生を送る陸生のホタル〜

 コウチュウ目ホタル科の昆虫の一つです。成虫がよく光るホタルの一つですが、ゲンジボタル、ヘイケボタルに比べると知名度は はるかに低いホタルです。ヒメボタルは、陸上で一生を送るホタルです。幼虫は陸生で、カタツムリなどを食べます。日本ではホタルといえば清流を連想しますが、世界のホタルは陸生の方が普通で、森林内に生息するものが多いのです。
IMG_2910.JPG
 一般に、ホタルといえば、ゲンジボタルやヘイケボタルを思い浮かべる人が多いと思います。これらの幼虫は水の中にすんでいて、残念なことにほとんどの都市河川では水質汚濁が進み、幼虫時代を水中ですごすゲンジボタルやヘイケボタルと、その餌となるカワニナなどの巻き貝の仲間はすめなくなってしまいました。
 ところが、ヒメボタルは、世界中のほとんどのホタルのなかまと同様に、陸上で一生を送るために、水質汚濁の影響を受けずにすみました。都市部でも、開発のかげで雑草のはえた河川敷や竹林などの意外に身近なところでこのホタルは生き延びていたのです。
ヒメボ幼虫.JPG
 現在は、尼崎市内では猪名川・藻川の河川敷などにのみ生息していますが、本来は 森林や竹林、草原などにすむホタルで、「森のホタル」とも呼ばれています。かつては、猪名川沿いの河畔林(自然林)や竹林、社寺林で数多く見られていたそうです。
 しかし、都市開発により猪名川沿いの河畔林や竹林がなくなり、本来の生息場所を追われすぐそばにあった猪名川・藻川の河川敷でかろうじて生き残っているものと考えられます。メスは飛行できないため移動性は小さく、絶滅の危機と隣り合わせの状態といえるでしょう。大阪府では準絶滅危惧種に指定されています。
RIMG0017.JPG
posted by もりぞー at 09:46| Comment(0) | 猪名の里の生き物たち

2017年05月24日

オビカレハ〜成虫よりも幼虫が知られているガ〜

 チョウ目カレハガ科のガの仲間です。黄褐色で,前翅に濃色の帯模様があります。成虫は5月下旬から6月に羽化して発生します。見た目は毒蛾(ドクガ)に見えますが、毒はありません。
IMG_2977.JPG
 食樹が、サクラ、バラなどの園芸種のため、成虫よりも幼虫のほうがよく見られています。水色の体に背中に3本のオレンジ色の線がある毛虫です。この毛虫にもドクガありそうに見えますが、毒はなく手で触れても大丈夫です。
konchu25[1].jpg
posted by もりぞー at 00:05| Comment(0) | 猪名の里の生き物たち

2017年05月16日

虫こぶ:エドヒガンハベリフクロフシ〜サクラハベリフシアブラムシの虫こぶ〜

 サクラハベリフシアブラムシの幼虫がエドヒガンザクラに造った虫こぶで、エドヒガンハベリフクロフシと呼ばれる虫こぶです。「エドヒガンザクラのハ(葉)のヘリ(ふち)に、葉の裏側に向けてフクロ(袋)状に巻いてついたフシ(むしこぶ)」という意味です。
IMG_2879.JPG
 5〜6月に虫こぶから成虫は出ていき、ヨモギに移動します。ヨモギの地下茎の先端でヨモギから汁を吸い、アリと共生します。秋に再びサクラに戻ってきます。
IMG_2877.JPG
posted by もりぞー at 13:30| Comment(0) | 猪名の里の生き物たち

2017年05月14日

藻川・猪名川河川敷でヒメボタルが光を放ち始めまし♪♪

 今日の午後8時過ぎに、観察会の下見に行きました。農業公園と猪名川河川敷は、数匹しか見つかりませんでした。19日の観察会までにヒメボタルが姿を現してくれるといいのですが、、、心配です。
IMG_2912.JPG
 帰りに藻川を見ると、大井堰付近で数匹のヒメボタルが光り、中園橋付近ではたくさんのヒメボタルが光っていました。中園橋のすぐ下流側に数十匹。橋の北側の堤防から河川敷に降りる階段の横にも。。。 上流側の工事をした場所までずっと。。。 工事にも負けずに、びっくりするくらいたくさんのヒメボタルが飛び交い光っていました。
IMG_2910.JPG

 農業公園で観察会にしていますが、大丈夫でしょうか・・・・。
5.19&26ヒメボタル.jpg
posted by もりぞー at 22:52| Comment(0) | 猪名の里の生き物たち

2017年05月12日

クロベンケイガニ〜護岸工事ですめる場所が減少〜

 十脚目クロベンケイガニ科のカニの仲間です。汽水域周辺の草むらや河川敷、石積みされた護岸のすき間にすんでいます。昼間は水辺の土手などに巣穴を掘ってかくれていて、夜になると活発に動き回ります。
IMG_20170507_104957.jpg
 体の色は黒褐色です。甲羅(こうら)はデコボコしていて、脚には硬くて長い毛があり、大型になるとハサミが紫色になります。足に毛が多く生えているので、ほかのカニと区別がつきます。食性は雑食性で、動物の死骸、小動物、植物など何でも食べます。
クロベンケイガニ1.JPG
 繁殖期は夏で、この時期には抱卵したメスが海岸に集合し、大潮の満潮時に卵を海に放ちます。すぐに孵化(ふか)した子はゾエア幼生の形で、プランクトンとして海中で浮遊生活を送ります。1ヶ月ほどの間に5度の脱皮を経てメガロパ幼生へ変態し、底生生活に移行します。メガロパは稚ガニへ変態して上陸、淡水域へ遡上・定着します。
 兵庫県のレッドデータブックでは、「すめる場所が少なくなっていて、これからの生息が心配」と、Cランク(環境省の準絶滅危惧種)に指定されています。
posted by もりぞー at 16:43| Comment(0) | 猪名の里の生き物たち