2017年01月26日

環境体験学習:尼崎市立園田北小学校が猪名川自然林で自然体験

 26日。園田北小学校の3年生69人がJR猪名寺駅から椎堂までバスに乗り、猪名川公園にやってきました。自然と文化の森協会からスタッフとして7人が参加して、子ども達の自然体験活動を支援しました。学校への出前学習、藻川での魚捕り・生き物観察に続いて子ども達とは3回目の環境体験学習です。
IMG_2429.JPG
 猪名川公園全体を使っての自然観察オリエンテーリングです。グループごとに地図を見ながらポイントをさがし、自然や地域の歴史を考える問題を解いていきます。今回は、サクラの木についたキノコの大きなサルノコシカケもポイントでした。木の実さがしの問題では、センダンの実がたくさん見つかりました。
IMG_2433.JPG
 ポイント以外にも、野鳥観察のコーナーでは双眼鏡を使って利椎冨池のカモやサギなどの水鳥を観察します。池の水面をすいすい泳ぐ黒い色のオオバンが見られたようです。池の周りの木には、ゴイサギがいました。帰りに、コゲラ(キツツキ)が開けた穴も見てもらいました。
IMG_2431.JPG
IMG_2414.JPG
 木の枝で鉛筆を作るコーナーもありました。作った木の枝鉛筆でクロガネモチの葉に字を書いて、名札を作ってもらいました。子ども達からは、「自然の中を歩いて楽しかった。いっぱいの木の実を見つけた。木で葉っぱに字が書けたのでびっくりした。キツネやタヌキが本当にいると聞いて、驚きました」という感想が出されました。尼崎に残る自然を楽しんでもらえたようです。
IMG_2432.JPG
posted by もりぞー at 17:02| Comment(0) | 体験学習

2017年01月22日

オープンカレッジの生物多様性講座を実施しました

 22日。あまがさき環境オープンカレッジと尼崎市が主催の「生物多様性を考える講座C」がありました。今回も、講師や企画・運営は自然と文化の森協会がおこないました。尼崎北高校から生徒さん6人の参加があったのをはじめ、総勢27人の参加者で講座(4回シリーズの最終回)を実施しました。
IMG_2410.JPG
 猪名川公園での野鳥観察からスタートです。林の鳥ではヒヨドリ、イカル、カワラヒワなどを観察しました。コゲラの姿は見られませんでしたが、木の幹に空けた穴を見ることができました。水鳥は、ホシハジロ、カイツブリ、オオバン、ゴイサギなどを観察しました。カワセミも、一瞬だけですが美しい姿を見ることが出来ました。
IMG_2412.JPG
 落ち葉だまりを掘ると、シロテンハナムグリの幼虫が見つかりました。この落ち葉は、「生き物のすめる場所を作ろう」と、猪名川公園管理事務所のみなさんが落ち葉だまりを作ってくださったものです。
IMG_2416.JPG
 尼崎市環境創造課から、尼崎市の生き物調査結果や生物多様性ガイドラインについて話があり、尼崎の地理的な歴史も含めて尼崎の自然についてミニ講座をして頂きました。
IMG_2424.JPG
 最後に、自然と文化の森協会の佐藤副会長から、猪名川自然林の生き物や生態系の話があり、「猪名川自然林を中心にしたこの地域にはキツネやタヌキ、カヤネズミ、ヒメボタルなど、ここでしか生息していない生き物がおり、都会の中に残る貴重な自然を尼崎市の財産として守っていきたい」と猪名川自然林のすばらしさをアピールしました。
IMG_2423.JPG
posted by もりぞー at 16:34| Comment(0) | 体験学習

2017年01月13日

環境体験学習の下見に来られました

 12日。尼崎市立園田北小学校の3年生担任の先生達が、猪名川自然林に下見に来られました。園田北小学校は、学校への出前学習や藻川での魚捕り・生き物観察を一緒におこなっており、3回目の環境体験学習の受け入れになります。
 今回は、猪名川公園で自然観察オリエンテーリングを実施し、野鳥観察も取り入れて冬ならではの猪名川自然林の自然と触れ合ってもらいます。
IMG_2375.JPG
 寒さが厳しくなっていますが、植物たちは地面に葉を広げて(ロゼット)春の訪れを待っています。小さな花を咲かせている草もあります。冬の自然林にもステキな発見があります。足元の草の様子を見ながらお楽しみください。
IMG_2363.JPG

posted by もりぞー at 10:24| Comment(0) | 体験学習

2017年01月10日

環境体験学習の下見に来られました

 1月・2月にも、一般向けの野鳥や冬の生き物観察学習講座・小学校の環境体験学習などの依頼が入っています。
 今日10日、尼崎市立清和小学校の3年生担任の先生たちが、猪名川自然林に下見に来られました。清和小学校は、昨年度も冬の猪名川自然林の自然観察などの環境体験学習をおこないました。今年も2月に実施予定で、クラフト作りや自然林観察ウォークを実施し、冬ならではの猪名川自然林の自然と触れ合ってもらうよう企画を考えています。
IMG_2364.JPG
 寒い冬ですが、冬ならでは猪名川自然林の見どころもたくさんあります。自然林のシンボルでもあるムクノキは葉を落として木の姿が良くわかります。一方、クヌギは枯れた葉を落とさずつけたままで、5月に新しい葉が出ると枯れた葉が落ちます。落葉樹といっても、落葉の仕方は様々です。冬の自然林も、新しい発見があります。ぜひ お楽しみください。
IMG_2362.JPG
posted by もりぞー at 15:52| Comment(0) | 体験学習

2016年12月17日

竹谷小学校から環境体験学習の感想が届きました♪♪

 5月と11月の2回、猪名川自然林で自然観察オリエンテーリングや自然観察ウォークなどの環境体験学習をおこなった竹谷小学校から、「2回にわたる環境体験学習。子ども達の喜ぶ姿を見て、自然から学ぶことの大切さを改めて感じました。本当にありがとうございました。子ども達からのメッセージです」という先生のお手紙と一緒に、3年生の子ども達の感想をいただきました。
IMG_20161216_0002.jpg
 子ども達の感想からは、マテバシイの実を食べたこと、木の葉の笛を鳴らしたこと、ヤブニッケイなどの木の葉の匂いを嗅いだことが、特に印象に残っていたようです。サルノコシカケ、コゲラの巣穴、カラスの巣を見たことを書いている子ども達もいました。自然のすばらしさを感じてもらえたようです。
posted by もりぞー at 00:08| Comment(0) | 体験学習