2017年06月21日

環境体験学習:尼崎市立園田東小学校で出前学習

 20日。自然と文化の森協会からスタッフが参加して、園田東小学校の3年生26人に猪名川・藻川や猪名川自然林について知ってもらう出前学習をおこないました。
 園田東小学校の横を流れる現在の猪名川は、60年ほど前の猪名川改修工事で新たに造られたものです。そのため、戸ノ内は周りを川に囲まれた島のようになってしましました。園田地域に残る自然とともに、猪名川にまつわる歴史についても知ってもらうことが出来ました。
IMG_3216.JPG
 今後、園田東小学校3年生の子ども達とは、以下のように3回の環境体験学習を実施します。身近な場所に残る貴重な自然をしっかり体験し、楽しみ、学んで欲しいと思います。
  7月:藻川に親しもう
 10月:猪名川自然林に親しもう
  2月:猪名川自然林に親しもう
posted by もりぞー at 12:26| Comment(0) | 体験学習

2017年06月20日

環境体験学習:尼崎市立名和小学校が猪名川公園で自然観察オリエンテーリング

 19日。尼崎市立名和小学校3年生100人が、貸切バス2台に乗って猪名川公園・猪名川自然林までやって来ました。自然と文化の森協会から10人がスタッフとして参加し、子ども達の活動を支援しました。
IMG_3194.JPG
 午前中は、猪名川公園全体を使っての自然観察オリエンテーリングです。ポイントを探して問題を解きながら、自然を楽しみます。サルノコシカケなどのキノコも見つけました。クマゼミが鳴いていて、びっくりしました。
IMG_3201.JPG
 オリエンテーリングの途中に、ミニクラフトコーナーもあります。猪名川自然林のヤブニッケイなどの小枝で木の枝鉛筆を作って、トウネズミモチの葉で名札を作ります。木の枝を削ると、ヤブニッケイの良いにおいがします。
IMG_3199.JPG
 午後は、猪名川公園の松ぼっくりを使ってけん玉作りです。手作りのけん玉が出来ました。子ども達は、学校に戻ってから2年生に教えるそうです。しかし、松ぼっくりや竹にひもでくくれない子ども達がたくさんいました。どうなるのでしょうか。。。広場のクローバーの花で指輪や花飾りも作りました。
IMG_3208.JPG
 「自然がいっぱいで楽しかったです」「キツネやタヌキがいると聞いてびっくりしました」「いろいろな生き物がすめる自然を大切にしたいです」とたくさんの感想を話してくれました。貸し切りバスに乗って学校に戻る子ども達ですが、学校やお家で今日の体験をもっともっと話し合ってもらえるとうれしいです。
IMG_3210.JPG
posted by もりぞー at 09:09| Comment(0) | 体験学習

2017年06月17日

環境体験学習:尼崎市立園田北小学校が藻川で生き物観察

 15日。JR猪名寺駅の横にある尼崎市立園田北小学校3年生58人が、学校から歩いて藻川:上園橋までやって来ました。
IMG_3114.JPG
 川の流れに入っての生き物探しでは、ヌマチチブやウキゴリ、モクズガニがアミに入りました。大きなクサガメも見つかりました。トンボの幼虫のヤゴも何種類か捕まえました。投網の実演では海から遡上してきたアユがアミにかかり、水の中を素早く泳ぐ魚の姿を見ることが出来ました。
IMG_3122.JPG
 河川敷での生き物さがしでは、バッタの幼虫(小さな赤ちゃんバッタ)を見つけます。小さいので最初は見逃していましたが、しばらくするとしっかり見つけられるようになりました。体の細いショウリョウバッタの赤ちゃんがたくさん見つかり、ずんぐりとした体のトノサマバッタも見つかりました。テントウムシやカメムシも見つかりました。モンシロチョウやモンキチョウ・アゲハチョウ・タテハチョウなどのチョウも捕まえました。
IMG_3118.JPG 
 最後に、「藻川は河川敷や水の中、どちらにもたくさんの種類の生き物がいる『生態系』が豊かなところです。兵庫県のレッドデータブックにも掲載されています。この自然を楽しみながら、守っていきましょう」というまとめで終了し、残った時間を河川敷に生えるクローバーで、花飾りや指輪を作って楽しみました。
IMG_3130.JPG
 今日は自然と文化の森協会から8人がスタッフとして参加し、子ども達の活動を支援しました。とっても暑い中での活動で、最後の片付けの時にはスタッフも疲れ気味でした。。。
IMG_3131.JPG
posted by もりぞー at 00:16| Comment(0) | 体験学習

2017年06月07日

環境体験学習:尼崎市立潮小学校が藻川で生き物観察

 6日。JR尼崎駅の北側にある尼崎市立潮小学校の3年生71人が、猪名寺駅までJRに乗って藻川:上園橋までやって来ました。自然と文化の森協会から7人がスタッフとして参加し、子ども達の活動を支援しました。
IMG_3061.JPG
 河川敷での生き物さがしでは、バッタの幼虫(小さな赤ちゃんバッタ)を見つけます。小さいので最初は見逃していましたが、しばらくするとしっかり見つけられるようになりました。体の細いショウリョウバッタ・オンブバッタ、ずんぐりとした体のトノサマバッタ。細くて長いヒゲのキリギリスやツユムシも見つかりました。捕まえたバッタ達の種類を、シートと見比べながら確認します。テントウムシやカメムシも見つかり、モンシロチョウも捕まえました。
IMG_3066.JPG
 川の流れに入って生き物探しです。ヌマチチブやウキゴリがアミに入りました。大きなモクズガニも見つかりました。
IMG_3074.JPG
 投網の実演では、海から遡上してきたアユがアミにかかりました。オイカワや海から来たボラも捕まりました。水の中を素早く泳ぐ魚の姿を見ることが出来ました。
IMG_3075.JPG
 最後に、藻川は、「河川敷や水の中、どちらにもたくさんの種類の生き物がいる『生態系』が豊かなところです。兵庫県のレッドデータブックにも掲載されています。この自然を楽しみながら、守っていきましょう」というまとめで終了しました。
IMG_3076.JPG

posted by もりぞー at 09:29| Comment(0) | 体験学習

2017年06月06日

環境体験学習:尼崎市立園田北小学校で出前学習

 5日。自然と文化の森協会からスタッフが参加して、JR猪名寺駅のそばにある園田北小学校の3年生58人に猪名川・藻川の自然について知ってもらう出前学習をおこないました。6月15日に実施予定の藻川での環境体験学習に向けて、猪名川・藻川の源流の様子。猪名川や藻川にすむ生き物を紹介しました。水の中だけでなく河原にも多くの生き物達が生活し、藻川は河川敷も含めて貴重な生態系保全の場として兵庫県のレッドデータブックに掲載されています。
IMG_3060.JPG
 今後、園田北小学校3年生の子ども達とは、以下のように3回の環境体験学習を実施します。身近な場所に残る貴重な自然をしっかり体験し、楽しみ、学んで欲しいと思います。
  6月:藻川に親しもう
  6月:出前学習:藻川での体験を振り返る&猪名川自然林を知る
 11月:猪名川自然林に親しもう
posted by もりぞー at 00:06| Comment(0) | 体験学習