2017年10月25日

環境体験学習2017:尼崎市立潮小学校が猪名川自然林で観察ウォーク

 24日。JR尼崎駅の近くにある尼崎市立潮小学校3年生71人が、JR尼崎駅から阪急園田駅まで阪神バスに乗って猪名川自然林までやって来ました。自然と文化の森協会から8人がスタッフとして参加し、子ども達の活動を支援しました。
IMG_4163.JPG
 午前中は猪名川自然林の中を4つのグループに分かれてスタッフと一緒に自然観察ウォークです。枯れ枝に空けられたコゲラ(キツツキ)の巣穴や、クスノキの高いところの枝にあるカラスの巣を見つけました。カラスの巣には、針金ハンガーも混じっていました。
IMG_4151.JPG
 猪名川自然林を代表するエノキとムクノキの幹を触り、樹肌の手触りの違いを感じます。エノキの実も、少しだけ試食しました。「甘い♪♪」という声が出ていました。
IMG_4153.JPG
 ヤブニッケイの葉に、アオスジアゲハの幼虫を見つけました。多くのアゲハチョウの仲間がミカン科の木に卵を産むのに対して、アオスジアゲハはクスノキ科の木に卵を産み付け幼虫が育ちます。
IMG_4155.JPG
 猪名川自然林のヤブツバキの葉で木の葉笛を作って鳴らします。ヤブツバキの葉をクルクル巻いて笛にします。ブーブーという大きな音が出ると、とってもうれしそうでした。
IMG_4160.JPG
 午後は、猪名川公園で松ぼっくりのけん玉作りや、松葉での相撲、木の実拾いなどを楽しみました。台風21号の風で大きな樹木も倒れていましたが、たくさんの木の実が落ちていました。アベマキの大きなドングリも、たくさん見つけました。
IMG_4161.JPG
posted by もりぞー at 12:46| Comment(0) | 体験学習

2017年10月21日

環境体験学習2017:尼崎市立園和北小学校が猪名川自然林でクラフト作り

 20日。猪名川自然林も校区である地元の尼崎市立園和北小学校3年生113人が、時折小雨が降る中を午前と午後に分かれて猪名川自然林にやって来ました。
IMG_4139.JPG
 少しの雨なら大丈夫です。昨年まで農業公園で野菜などの販売をされていた田能グリーン組合さんから頂いた大きなテントを自然林の緩衝帯に3張り張っています。テントの下で猪名川自然林の木の実や木の葉・木の枝などの自然素材を使ってのクラフト作りです。
IMG_4135.JPG
 ヤブツバキの葉で、木の葉笛や木の葉のぞうりを作ります。木の葉笛は音が出るまでに苦労する子が多いのですが、何度も吹き方を考えて音が出るようになると、みんなニコニコ顔になります。
IMG_4144.JPG
 人数限定の特別クラフトは、ペットボトルをもとにして鉛筆立てを作ります。押し葉にした木の葉や押し花などを貼り付けて模様をつけます。かわいくてすてきな鉛筆立てができました。
IMG_4138.JPG
 ヤブニッケイなどの木の枝を削って鉛筆を作り、木の葉(クロガネモチ)に文字を書いて名札を作ります。ドングリごまやドングリ(マテバシイ)の試食もしました。ドングリの試食は、「栗みたい。おいしい♪♪」と大好評でした。
IMG_4132.JPG
 松ぼっくりを使ったけん玉作り、ササの葉でササ船作りもしました。身近な自然の中にあるものを利用して楽しいものが作れることを体験してもらいました。自然と文化の森協会からのべ19人がスタッフとして参加し、子ども達の活動を支援しました。子ども達が自分たちで自然の物を使って遊びやクラフトを考えてくれるきっかけになればうれしいです。
IMG_4142.JPG


posted by もりぞー at 08:12| Comment(0) | 体験学習

2017年10月18日

明日の環境体験学習は中止に。

 明日(19日)は、尼崎市武庫南小学校の環境体験学習:武庫川に親しもうの実施予定日でしたが、日曜日から降り続いた雨で武庫川が増水しているため、明日の実施は取りやめにしました。1週間ほど先の予備日に延期して実施することになりました。
IMG_4124.JPG
 武庫川に現地確認の下見に行きましたが、増水して流速も速くて濁流が流れていました。川に入れないサギたちが、わずかに残った中洲で集団をつくって羽を休めていました。
IMG_4127.JPG

posted by もりぞー at 13:49| Comment(0) | 体験学習

2017年10月17日

環境体験学習2017:尼崎市立潮小学校で出前学習を実施

 16日。JR尼崎駅のすぐ北側にある尼崎市立潮小学校に自然と文化の森協会のスタッフが訪問し、3年生71人に出前学習をおこないました。昨日からの雨が降り続いていましたが、オープンスクールということで子ども達だけでなくたくさんの保護者の方も一緒に参加頂きました。
IMG_4121.JPG
 6月に藻川で魚捕りやバッタ捕りをし、来週に猪名川自然林で自然観察ウォークをする子ども達です。猪名川の上流からの流れや生き物、猪名川自然林の成り立ちや生き物も豊かな場所であることをパワーポイントを使って説明しました。
 尼崎にも素晴らしい自然があること、自然に触れ合うことで自然の楽しさや素晴らしさを知ってもらった子ども達が、自然を守り育てようという心を持ってくれたらうれしいことです。

posted by もりぞー at 09:00| Comment(0) | 体験学習

2017年10月14日

環境体験学習2017:尼崎市立難波小学校が藻川で生き物観察

 13日。朝から小雨が降る天候でしたが、阪神尼崎駅近くにある尼崎市立難波小学校3年生87人が、阪神尼崎から稲野まで阪急バスに乗って藻川:上園橋までやって来ました。9月に実施予定でしたが、藻川の増水により延期になっていました。自然と文化の森協会から7人がスタッフとして参加し、子ども達の活動を支援しました。川の中にロープを張っていると、反対側の岸辺にカモが泳いでいました。
IMG_4058.JPG
 河川敷の草むらでバッタや生き物探しです。雨で草が濡れていますが、草の中に入るとオンブバッタやヒナバッタ・ショウリョウバッタ・イナゴなどが見つかります。オンブバッタはすべて、最近進入してきたアカハネオンブバッタでした。在来種のオンブバッタは、1匹も見つかりませんでした。
IMG_4069.JPG
 藻川に入っての魚捕りは、安全管理用のロープで囲った岸辺に近いところでの実施です。少し水量も多く、流速も速いため、魚たちがあまりアミに入りません。岸辺の草の下では、テナガエビやスジエビ・ヤゴが捕まりました。
IMG_4071.JPG
 捕れた生き物を観察しながら、藻川の生態系についてお話を聞いてもらいました。河川敷も水の中も生き物が豊かな藻川の素晴らしさを伝えました。時折小雨が降るお天気のため少し短縮して実施しましたので、子ども達には物足りなかったかもしれませんが、「楽しかった!!」という声をたくさん聞かせてもらえました。
IMG_4068.JPG
posted by もりぞー at 08:09| Comment(0) | 体験学習