2017年07月30日

自然体験活動2017:上坂部西公園の昆陽川で生き物観察

 29日。尼崎公園緑化協会が主催する「何がいるかな? 園内の川の生き物を調べよう」がおこなわれました。自然と文化の森協会から6人が講師&スタッフとして参加し、上坂部西公園の中を流れる昆陽川の生き物さがしを家族連れ約30人の参加者とおこないました。
IMG_3460.JPG
 川底には少し泥があり、子ども達は最初はなかなか水の中に入れずに上からアミですくっていましたが、足首くらいの深さしかないので、慣れると中に入って頑張ります。
IMG_3463.JPG
 小さな魚が泳いでいるのを追いかけると、次々と子ども達のアミに入ります。特定外来種のカダヤシもいましたが、尼崎ではほとんど見られなくなったメダカも見つけました。
IMG_3471.JPG
 フナの仔魚やタモロコも混じっています。ウシガエルの大きなオタマジャクシにびっくりです。
IMG_3468.JPG
 最後にみんなで捕まえた生き物の観察会です。フナ・タモロコ・メダカ・ドジョウ・ドンコ・カダヤシ・アメリカザリガニ・ヌマエビ・オタマジャクシ(ウシガエル)・ヤゴ(シオカラトンボ、イトトンボ)・シジミ・ヒメタニシ・モノアラガイ・アメンボ・ミズスマシなど、たくさんの生き物が生息していることが分かりました。公園を散歩していて通りがかられた方も一緒にご覧になって、尼崎ではほとんど見られなくなったメダカをはじめたくさんの生き物がいることに驚かれていました。
 今回の体験が身近な自然を見直してもらうきっかけになればうれしいです。
IMG_3474.JPG

posted by もりぞー at 16:02| Comment(0) | 体験学習

2017年07月29日

環境体験学習2017:わかば西小学校から子ども達の感想が届きました

 5月に藻川での環境体験学習:魚捕り&生き物観察をおこなったわかば西小学校3年生から、子ども達の感想が届きました。学校では、自分たちの体験をもとにして新聞を書いてまとめたりという学習をしたようです。
児童感想表紙.jpg
 子ども達の感想には、藻川での環境体験学習が楽しかったこと、自然を大切にしたいという気持ち、スタッフへのお礼の言葉等がかかれていました。
児童感想1.jpg
児童感想2.jpg
児童感想3.jpg

posted by もりぞー at 14:22| Comment(0) | 体験学習

2017年07月27日

自然体験活動2017:善法寺保育園&南清水保育園が藻川で生き物観察

 27日。藻川中園橋の上流側にある南清水保育園、下流側にある善法寺保育園の年長組の子ども達合わせて25人が、それぞれの保育園から30分程歩いて中園橋までやって来ました。暑い中を30分も歩いてきたのに、子ども達は元気いっぱいでした。
IMG_3444.JPG
 魚などの捕り方を聞くと、さっそくアミを持って川に入ります。水に入るだけで楽しそうです。
IMG_3450.JPG
 流れのあるところではアミを川底につけて石を動かします。石の下に隠れていたモクズガニやウキゴリがアミに入りました。
IMG_3454.JPG
 草のある岸辺の所には、アメンボがいっぱいです。草の下をすくうとミナミヌマエビやトンボのヤゴが捕れました。
IMG_3448.JPG
 投網の実演では、オイカワが捕れました。きれいな婚姻色のオスのオイカワに、「きれい!!」と声が上がります。最後に捕れた生き物の観察をしました。チチブ、ウキゴリ、マハゼ、ギギ、オイカワ、アユ、テナガエビ、ミナミヌマエビ、モクズガニ、クロベンケイガニ、オタマジャクシ、コオニヤンマやサナエトンボのヤゴなどを見ることが出来ました。
IMG_3455.JPG

posted by もりぞー at 17:00| Comment(0) | 体験学習

2017年07月15日

環境体験学習2017:尼崎市立小園小学校が藻川で生き物観察

 14日。先週の台風の影響で1週間延期になっていた尼崎市立小園小学校3年生106人が、藻川の堤防を歩いて中園橋までやって来ました。ほぼ平常の水位に戻った藻川いっぱいに広がって、魚や生き物さがしです。
IMG_3356.JPG
 子ども達は、ウキゴリやモクズガニ、ヌマエビなどをたくさん捕まえました。砂や小石を集めて巣をつくるヒゲナガカワトビケラも見つかりました。シジミや石の裏側に産み付けられたウキゴリの卵も見つかりました。投網の実演では、アユ、オイカワ、ボラが捕まりました。
IMG_3355.JPG
 最後に捕れた生き物の観察と解説です。
IMG_3361.JPG
 ウキゴリ、チチブ、カワアナゴ、ウナギ、アユ、オイカワ、ボラ、ブラックバス、テナガエビ、ヌマエビ、モクズガニ、ヤゴ(ハグロトンボ、コオニヤンマ、サナエトンボ、イトトンボ)、ヒゲナガカワトビケラ、アメンボ、シジミなど、たくさんの生き物を見つけることが出来ました。今回は、子ども達がウナギの仔魚を2匹も捕まえました。生き物豊かな藻川のすばらしさを知ってもらうことが出来ました。
IMG_3359.JPG
 自然と文化の森協会から8人がスタッフとして参加して道具の運搬や準備、捕り方の指導や安全管理をし、子ども達の活動を支援しました。活動が終わってからの後片付けも大事な仕事です。
IMG_3362.JPG

posted by もりぞー at 09:08| Comment(0) | 体験学習

2017年07月12日

環境体験学習2017:尼崎市立園田東小学校が藻川で生き物観察

 11日。藻川の下流、猪名川と合流するところにある尼崎市立園田東小学校3年生26人が、学校の前から田能口まで路線バスに乗って藻川:中園橋にやって来ました。自然と文化の森協会から6人がスタッフとして参加し、子ども達の活動を支援しました。
IMG_3333.JPG
 藻川に入っての魚捕りや生き物観察などをおこないます。「水に入ったら気持ちがいい!」と嬉しそうです。ウキゴリやチチブがたくさん捕まりました。ウナギ、テナガエビ、ヌマエビ、モクズガニ、ヤゴ(ハグロトンボ、コオニヤンマ、イトトンボ)、アメンボ、オタマジャクシも見つけました。
IMG_3338.JPG
 投網の実演では、アユ、オイカワ、ニゴイ、マハゼ、ブラックバスがアミに入りました。ブラックバスやウシガエルのオタマジャクシから、外来生物についても解説することができました。
IMG_3337.JPG
 先日の雨で藻川はまだ増水していましたが、子ども達の人数が少なかったので、岸辺でも魚を捕まえて十分楽しんでもらうことが出来ました。増水時の川の流れの速さも体感してもらえました。捕まえた生き物の一部は持ち帰って、学校の池で飼育するということでした。
IMG_3332.JPG

posted by もりぞー at 09:12| Comment(0) | 体験学習