2017年11月07日

環境体験学習2017:尼崎市立立花北小学校が自然観察オリエンテーリング&クラフト作り

 6日。尼崎市立立花北小学校3年生82人が、阪急塚口駅から園田まで阪急電車に乗って猪名川自然林までやって来ました。午前中は、猪名川公園で自然観察オリエンテーリングです。地図に書かれたポイントを回ります。最初にポイントを回るコースをグループで相談です。
IMG_4281.JPG
 ポイントを見つけると、問題を解きます。シナサワグルミの実には羽のようなものが付いています。この羽のようなものは、何のためについているのかを考えます。
IMG_4283.JPG
 ポイントを回りながら、途中で木の実や落ち葉を拾います。きれいに色づいた木の葉がたくさん見つかりました。カマキリやオンブバッタ、森にすむキリギリスの仲間のヒメクダマキモドキも見つけました。松葉を使っての松葉相撲も楽しんでもらいました。
IMG_4284.JPG
 午後は、猪名川自然林でクラフト作りです。自然林のヤブツバキの葉を使ってぞうりを作ります。木の葉では、木の葉笛やササ船も作りました。
IMG_4288.JPG
 アベマキのドングリでドングリごまを作って、みんなで回して遊びます。マテバシイのドングリは湯がいたものを試食してもらいました。「栗と同じ味がする!!」と、好評でした。
IMG_4289.JPG
 松ぼっくりを使ったけん玉作り、自然林で間伐した木を輪切りにしたものに絵をかいてブローチ作りも記念になったようです。8つのコーナーで自然物を使ったクラフトなどを楽しんでもらいました。自然と文化の森協会から17人がスタッフとして参加し、子ども達の活動を支援しました。
IMG_4290.JPG
posted by もりぞー at 13:35| Comment(0) | 体験学習

2017年11月03日

環境体験学習2017:尼崎市立浜田小学校が自然観察オリエンテーリング&クラフト作り

 2日。JR立花駅の南西で武庫川のそばにある尼崎市立浜田小学校3年生62人が、貸切バスに乗って猪名川自然林までやって来ました。
IMG_4214.JPG
 午前中は、猪名川公園で自然観察オリエンテーリングです。ポイントをさがして、問題に答えながら回ります。松の木の幹に付いている緑色のものの正体を考えます。
IMG_4208.JPG
 途中の草木遊びのコーナーでは、松葉相撲を楽しみます。草木遊びの楽しさを知ってもらいました。
IMG_4210.JPG
 オリエンテーリングはポイントをさがすだけでなく、途中でいろいろなものを自分たちの目で見つけます。大きなサルノコシカケがサクラの木の幹に出来ているのを見つけました。
IMG_4209.JPG
 午後は、猪名川自然林でクラフト作りです。7つのコーナーを回りながらクラフト作りを楽しみます。ドングリごまのコーナーでは、自分でドリルを回してドングリごまを作ります。作ったこまは、その場で回して遊びます。
IMG_4213.JPG
 ササの葉でササ船も作りました。水に浮かべてそっと吹くと、前に進みます。自然と文化の森協会から15人がスタッフとして参加して子ども達の活動を支援し、尼崎にも素敵な自然があることや自然の素晴らしさを感じてもらいました。
IMG_4212.JPG
posted by もりぞー at 12:56| Comment(0) | 体験学習

2017年11月02日

環境体験学習2017:尼崎市立武庫庄小学校が自然観察オリエンテーリング

 1日。武庫之荘にある尼崎市立武庫庄小学校3年生135人が、阪急武庫之荘駅から園田駅まで阪急電車に乗って猪名川自然林までやって来ました。午前中は、猪名川公園で自然観察オリエンテーリングです。
IMG_4191.JPG
 グループごとに地図を持ってポイントをさがします。桜の木の幹のすき間に、ヨコヅナサシガメが集団で集まっています。拡大観察器でのぞくと、大きく見えて少しグロテスクな姿です。朝夕の寒さが厳しくなったためか、冬越しのために集まっています。
IMG_4196.JPG
 舟板塀の倉庫も見ます。今から100年ほど前まで、猪名川には荷物の運搬をする船が通っていました。猪名川公園が川だったころの様子や川を人が利用していたことを考えてもらいます。
IMG_4192.JPG
 途中で、コウガイビルという不思議な形をした生き物も見つけました。
IMG_4198.JPG
 自然と文化の森協会から11人がスタッフとして参加し、子ども達の活動を支援しました。オリエンテーリングの途中で、木の枝鉛筆を作って木の葉に文字を書きます。
IMG_4194.JPG
 午後は猪名川自然林の観察ウォークをし、最後に船詰公園で猪名川を通っていた船の安全を守る神社があったことを知ってもらい、猪名川の流れと自然林の関係や川と人の暮らしの関係をまとめにして終了しました。
IMG_4200.JPG
posted by もりぞー at 07:34| Comment(0) | 体験学習

2017年10月27日

環境体験学習2017:尼崎市立武庫南小学校が武庫川で生き物観察

 26日。武庫川の近くにある尼崎市立武庫南小学校3年生106人と、武庫川での生き物さがしをおこないました。自然と文化の森協会から7人がスタッフとして参加し、園田から自転車に観察用具などを積んで武庫川の上武庫橋付近で子ども達の活動を支援しました。武庫川の増水のため1週間延期しての実施です。子ども達は実施場所のすぐそばの学校から歩いてやって来ました。
IMG_4171.JPG
 22日の台風21号と24日夜の雨の影響で武庫川の水はまだまだ多く、本流には茶色い濁流が流れています。本流から離れたところに取り残された少し大きなたまりで魚捕りをおこないました。ウキゴリ、スジエビがたくさんいました。コオニヤンマのトンボのヤゴも、とってもたくさん見つかりました。マハゼ、モクズガニ、オイカワの稚魚も捕まえることが出来ました。観察した後は、本流の流れに放しました。水たまりは晴天が続くと干上がってしまうので、たくさんの生き物たちを救い出したことになりました。
IMG_4180.JPG
 河原で石投げをました。遠くまで投げる。水切りをする。ふだんは、「石を投げてはダメ!」と言われている子ども達ですが、今日はいっぱい石を投げて楽しみました。
IMG_4173.JPG
 石で遊び2つ目は、河原の石を拾って高く積み上げます。2人で協力して石を組み合わせながら楽しそうに石を積み上げていました。
IMG_4176.JPG
 最後は、高水敷でバッタ捕りです。ササキリ、ショウリョウバッタ、ヒナバッタなどがたくさん捕まりました。カマキリやクビキリギス、コオロギなどもみつかりました。今日は、時間もたっぷりあったので、「@川の水の中、A低水式の石の河原、B高水敷の草原」と武庫川の3つの要素を全て楽しみながら体験してもらえました。最後の感想では、@ABとも同じくらいの数で「楽しかった♪♪」という手が挙がっていました。
IMG_4188.JPG
posted by もりぞー at 13:52| Comment(0) | 体験学習

2017年10月26日

環境体験学習2017:尼崎市立園和小学校が猪名川公園で自然観察

 25日。阪急園田駅の北側にある尼崎市立園和小学校3年生147人が、猪名川公園で自然観察をしていました。NPO法人まいどいんあまがさきさんが中心になって実施されています。アマフォレストの会の新籾さんが植物観察の担当をしておられます。子ども達は公園の木の葉が描かれた台紙を手に落ちている木の葉を種類ごとに集めています。
IMG_4164.JPG
 ムクノキの葉で10円玉をこするコーナーもありました。ムクノキの葉はザラザラしていて、昔は木の器などを造る時に磨きをかけるやすりの代わりに使われていたそうです。猪名川公園全体を歩いて観察するコーナーもありました。台風のあとで、たくさんの木の葉や木の実が落ちていて、観察しながら歩くのも楽しそうでした。
IMG_4165.JPG
posted by もりぞー at 16:45| Comment(0) | 体験学習