2017年05月29日

キッズクラブ:サツマイモの苗を植え付け、タマネギを収穫しました

 27日。猪名川キッズクラブの家族が、田能の自然と文化の森協会の農園に集まりました。農業部会のスタッフの指導のもとに、サツマイモの苗植えからスタートです。2畝に100本ほどの苗を植え付けました。
IMG_3020.JPG
 水やりもしっかりとします。ジョロを手に、みんなで頑張ります。
IMG_3023.JPG
 タマネギの収穫です。雨が少なかったためか生育が遅れて、収穫を2週間延ばしました。大きなタマネギがたくさんできています。抜くのにも力がいります。
IMG_3025.JPG
 抜いたタマネギも、子ども達が運んでくれます。たくさんのタマネギがお土産になりました。
IMG_3027.JPG
 農園の水路には、カエルがたくさんいます。作業が終わると、子ども達はカエル捕りに夢中です。小さなカエルを手に乗せて大喜びです。カエルをさわるのも平気になりました。
IMG_3032.JPG
posted by もりぞー at 09:21| Comment(0) | 猪名川キッズクラブ

2017年05月21日

自然の素材でジャム作り

 20日。水質調査に参加したキッズクラブは、終了後に猪名川河川敷の桑の実採りをしました。収穫した桑の実はその場で味わいます。
IMG_2967.JPG
 たくさん採って自然林の活動場所に持ち帰って、ジャム作りです。自然林のチョウの庭で、桑の実の緑の軸を1個ずつていねいに外していきます。子ども達もがんばります。
IMG_2975.JPG
 桑の葉のお茶を作ろうと、桑の葉も採ってきました。作り方のレシピを調べて、葉をきれいに洗ってから蒸し器で蒸します。蒸した葉を細かく切り、乾燥させます。どんな味のお茶になるのか、楽しみです。
IMG_2979.JPG
 自然林の林縁に生えているクサイチゴがまだ赤い実をつけていました。子ども達が最後の収穫をして、ジャムにしました。収穫できた量が少なかったので少ししかできませんでしたが、おいしそうなジャムができました。いつも、自然の恵みを美味しくいただいているキッズクラブです。
IMG_2984.JPG
posted by もりぞー at 19:23| Comment(0) | 猪名川キッズクラブ

BYQわくわく調査隊〜藻川・猪名川の水質調査を実施〜

 20日。琵琶湖・淀川水質保全機構(BYQ)が実施する一斉水質調査がありました。猪名川キッズクラブもBYQわくわく調査隊に参加して、12名で藻川と猪名川の4か所で水質調査をしました。川の中央の水を採るために、橋の上からバケツを降ろして水を汲みます。水を汲みながら、河原の様子(河原はあるか? 草は生えているか? ゴミはあるか?)や水の中の様子(水の中が見えるか? 川底の様子は? ゴミはあるか?)も観察します。
IMG_2953.JPG
 パックテストの試薬を使って、水質を調べます。COD・アンモニウム態窒素・硝酸態窒素・りん酸態りんの4種類を測定します。子ども達も一つずつ分担して頑張ります。
IMG_2948.JPG
 猪名川橋での硝酸態窒素の測定結果です。中園橋・大井堰・猪名川橋の水は、「きれい」という結果でした。
IMG_2956.JPG
 利倉橋でのCODの測定結果です。利倉橋の水は、4種類のテストすべてで「汚れている」という結果になりました。
IMG_2959.JPG
 藻川や猪名川の水質は、利倉橋以外は「きれい」です。利倉橋の水質も、少し上流の原田下水処理場のみなさんの努力で、少しずつ改善されています。利倉橋も、水は透き通っていて魚もたくさん泳いでいました。
IMG_2961.JPG
posted by もりぞー at 00:16| Comment(0) | 猪名川キッズクラブ

2017年05月17日

「自然遊びハンドブック」を発刊。300円で販売中です♪♪

 猪名川キッズクラブが、これまで猪名川自然林や藻川でおこなってきた草花遊びなどをまとめた「自然遊びハンドブック」を発刊しました。身近な自然と触れ合う中で楽しめる48種類の草花遊び・自然遊びが掲載されています。
自然遊びハンドブック表紙.jpg
 2016年2月にトム・ソーヤー企画コンテスト推奨モデル特別賞(安藤スポーツ・食文化振興財団)でいただいた受賞賞金をもとに制作・発刊しました。1冊300円で販売し、売上金はキッズクラブの活動費になります。「自然遊びハンドブック」の販売は、猪名川自然林や藻川でのイベント時などにおこなっています。 ぜひ ご購入ください ♪♪ 
IMG_20170426_0001.jpg

IMG_20170426_0002.jpg


posted by もりぞー at 00:10| Comment(0) | 猪名川キッズクラブ

2017年05月15日

キッズクラブが桑の実を食べて苺大福作りを楽しみました

 14日は、猪名川キッズクラブ会員だけの活動でした。キッズクラブの17家族49人とスタッフ4人の53人の参加がありました。最初は猪名川河川敷まで歩いて桑の実採りです。今年は熟すのが遅くて、おいしそうな実は少なかったのですが、みんなで味わうことができました。オオカマキリやチョウセンカマキリの卵(卵のう)も見つけ、カマキリの種類によって卵(卵のう)の形が違うことも学びました。
IMG_2892.JPG
 自然林に戻ると、クサイチゴの赤い実を収穫します。トゲにさされないように気をつけながら採りました。採りながら子ども達の口の中に入る実も多かったようです。少し酸っぱさがありますが、好評でした。
IMG_2873.JPG
 大きな子ども達が、最初に大きなボールで団子粉を練ってまとめます。そのあと、小さな子ども達が一口大に丸めていきます。
IMG_2895.JPG
 ゆがいて、あんこを乗せてもらったら、子ども達が赤いいちごの実を乗せて、苺大福の完成です♪♪ おいしい苺大福がたくさん出来ました。
IMG_2897.JPG
 持ち帰った桑の実で、桑の実ジャムも作りました。パンにつけて食べることができました。また、自然林にはえているキクラゲを採って湯がいてポン酢や酢味噌で食べました。自然林の斜面でのソリ遊びに夢中の子ども達もいました。
 お母さん達は、ヤマブキを採って佃煮にしたり、蕗味噌にしたりしました。子ども達だけでなく、大人もいっぱい楽しみました。自然の味覚を満喫したキッズクラブの一日でした。
IMG_2898.JPG
posted by もりぞー at 14:50| Comment(0) | 猪名川キッズクラブ