2017年11月23日

猪名川水環境パネル展2017で藻川の生き物を展示

 22日。イオンモール伊丹で、神崎川水質汚濁対策協議会猪名川分科会(国土交通省猪名川河川事務所)主催の水環境パネル展が開催されました。
IMG_4401.JPG
 自然と文化の森協会もパネル展に協力し、毎年 藻川の生き物展示をおこなっています。今回も藻川の生き物10種類以上を水槽に入れて展示しました。藻川の生き物を通して、水質がきれいなことや生き物豊かな藻川のすばらしさを実感してもらいました。
IMG_4407.JPG
 今回はウナギとタウナギを並べて展示することが出来、多くの皆さんがその違いを見つめておられました。また、アメリカザリガニが脱皮したあとの抜け殻も好評でした(アメリカザリガニは外来種なので、藻川にはいない方が良いのですが・・・)。
IMG_4405.JPG
 猪名川河川事務所による水質調査体験コーナーでは、試薬を使っての調査で猪名川・藻川の水質の良さを実感されていました。
IMG_4400.JPG
 猪名川公園や猪名川河川敷の野鳥の写真、猪名川キッズクラブの活動報告パネルなども展示され、多くのみなさんが見入られていました。
IMG_4402.JPG
posted by もりぞー at 18:13| Comment(0) | 水辺分野

2017年11月18日

猪名川(藻川)のアユの産卵場作りの結果[報告]〜台風21・22号の影響でどうなったか〜

 国土交通省猪名川河川事務所から、10月15日に実施したアユの産卵場作りから1ヵ月が経過した現地の様子の報告書が届きました。この間、台風21・22号が襲来して藻川の水位も大きく上昇し川の流れも大きく変化していました。
 しかし、11月8日に実施された猪名川河川事務所による調査では川底の石に産み付けられたアユの卵が確認され、産卵がおこなわれていることが確認されたそうです。
猪名川(藻川)のアユの産卵場づくり(結果).jpg
posted by もりぞー at 00:28| Comment(0) | 水辺分野

2017年11月06日

水辺で楽しもう2017:藻川で魚釣りを楽しみました

 5日。風もなく、ポカポカと暖かな藻川で、28家族:約80人もの参加者で、魚釣りをおこないました。ミミズが触れないでスタッフがつけることや、釣れた魚が針から外せないでスタッフのところまで持ってこられる方も多くありました。今日の経験が次につながると嬉しいなぁと思いました。
IMG_4267.JPG
 ミミズをエサにして釣り糸を垂れると、子ども達の出した竿にヌマチチブやマハゼが次々にかかります。何匹も釣れて、ニコニコ顔です。
IMG_4268.JPG
 藻川の魚は保健所の検査で食べても安全という結果が出ているため、最後は天ぷらにしてみんなで食べます。念のために内蔵だけは出しておきます。キッズクラブのお母さんが河原で内臓を出してくださいましたが、キッズクラブの子ども達も手伝いました。
IMG_4275.JPG
 河原で、スタッフが天ぷら鍋でから揚げにします。
IMG_4271.JPG
 みんなで釣り上げたヌマチチブ・マハゼ・ウキゴリなど、約200匹もが次々に天ぷらになっていきます。
IMG_4276.JPG
 子ども達だけでなく、大人も食べることが出来ました。子ども達には、1人に2〜3匹も当たりました。終了後も、家から持参された釣り竿で釣りを続けられたご家族もありました。
IMG_4280.JPG
※この活動は、(公財)琵琶湖・淀川水質保全機構「琵琶湖・淀川こども水質保全活動助成」を受けて実施しました。
posted by もりぞー at 15:54| Comment(0) | 水辺分野

2017年10月16日

猪名川(藻川)のアユの産卵場作り:報告

 国土交通省猪名川河川事務所から、15日に行われたアユの産卵場作りの実施報告が届きました。
Microsoft PowerPoint - 猪名川(藻川)のアユの産卵場づくり[読み取り専用].jpg
posted by もりぞー at 21:07| Comment(0) | 水辺分野

猪名川・藻川のアユを増やそう2017〜藻川を耕してアユの産卵場作り〜

 15日。猪名川・藻川のアユが中園橋上流付近で産卵していることが分かり、川底を耕してアユが産卵しやすい状態にしようと、国土交通省猪名川河川事務所や藻川漁協・猪名川漁協が中心になり、NPOまいどいんあまがさき、自然と文化の森協会、猪名川キッズクラブが協力して実施されました。
IMG_4106.JPG
 昨夜から雨が降ったり止んだりという天候が続いていましたが、50人ほどが参加して藻川に入ってツルハシやシャベルで川底を耕しました。自然と文化の森協会と猪名川キッズクラブからは、16人が参加して一緒に活動しました。今後、耕した場所の継続観察をして、アユの産卵を調査することになっています。
IMG_4109.JPG
 途中で雨が降り出し、中園橋の下で雨宿りをしながら藻川の生き物やアユの生態についてお話を聞きました。アユが藻川で増えるためには、藻川だけでなくアユの稚魚が育つ海(大阪湾)に砂浜があることが必要であることを学びました。
IMG_4116.JPG
 猪名川漁業協同組合さんが、猪名川の一庫ダムの上流で捕まえたアユを持ってきてくださり、炭火で塩焼きにしてくださっています。
IMG_4111.JPG
 最後に、みんなで焼き立てのアユの塩焼きを戴きました。「藻川のアユと違っておいしい♪♪」という声であふれていました。キッズクラブの子ども達もニコニコ顔で、塩焼きのアユにかじりつき、頭も骨も内臓も全部きれいに食べていました。
IMG_4119.JPG

posted by もりぞー at 12:58| Comment(0) | 水辺分野