2020年10月18日

藻川クリーン活動&草花観察会(10/21) ご案内

 毎月第3水曜日におこなわれている藻川のクリーン活動。今回は157回目になります。園田地域の福祉作業所の皆さんと一緒に藻川河川敷のゴミを拾い、藻川の環境美化に取り組みませんか? 終了後に行われる新籾さんの植物観察(河川敷の草花解説) も、楽しみの一つです。よろしければ、散歩がてらにご参加下さい。雨天の場合は中止します。
10.21藻川クリーン.jpg  10.21あまっこ.jpg
posted by もりぞー at 13:51| Comment(0) | 水辺分野

2020年10月12日

水辺で楽しもう2020:藻川で魚釣り&釣った魚を食べよう(11/1)ご案内

 11月の水辺で楽しもうは、藻川で魚釣りを楽しみます。ミミズをエサに釣り糸を垂れると、マハゼやチチブが釣れます。テナガエビが釣れることもあります。魚釣りを楽しんだ後は、釣った魚を河川敷で素揚げにしてみんなで食べます(尼崎市保健所の検査で、藻川の魚は食べても安全なことが確認されています)。
11.1魚釣り.jpg  11.1IMG_8874.JPG
 どなたでも参加いただけますが、メールで事前の申し込みをお願いします。この活動は、(公財)兵庫県青少年本部の「ひょうご子ども・若者応援団」からの助成を頂いて実施します。また、(公財)琵琶湖・淀川水質保全機構のBYスタンプラリーの対象イベントです。BYスタンプ台紙をお持ちの方は当日押印します。お持ちでない方は当日の受付でお申し出ください。
◎ 問い合わせ&申し込み先:自然と文化の森協会・福本 hukumo08@bca.bai.ne.jp
BYスタンプ表示.jpg  11.1釣り.jpg
posted by もりぞー at 10:04| Comment(0) | 水辺分野

2020年10月08日

ケーブルテレビ:ベイコムで藻川の様子が紹介(10/9〜15)されます

 ケーブルテレビ:ベイコムで、水質が改善された藻川の現状を紹介するレポートが放送されます。自然と文化の森協会や猪名川キッズクラブの藻川・猪名川での活動の様子も織り交ぜながら、自然と文化の森協会の会長:佐藤亮が藻川・猪名川のすばらしさを伝えます。10/4の水辺で楽しもう:バッタ捕り&試食会の様子も紹介されています。放送エリアが、尼崎市・伊丹市・西宮市・大阪市西部地区に限られていますが、ご覧いただければ幸いです。
  ベイコム放送10.9〜15.jpg  DSCN1226.JPG
posted by もりぞー at 11:16| Comment(0) | 水辺分野

2020年10月06日

水辺で楽しもう2020:バッタを捕まえて、素揚げで食べました

 4日。家族連れを中心に127人が、集合場所の猪名川公園に集まりました。猪名川河川敷でのバッタ捕りに出発です。猪名川の堤防には、一面にヒガンバナが咲いていました。堤防を真っ赤に染めるヒガンバナの列に、思わず見入ってしまいました。
DSCN1200.JPG  DSCN1205.JPG
 アミを手に、「美味しそうな大きなバッタを捕まえよう!」と、猪名川河川敷の草原でバッタを追いかけます。トノサマバッタ、ツチイナゴの成虫、ショウリョウバッタのメスは、大きくて食べ応えがありそうです。小さなバッタもたくさん捕まえました。大きなカマキリも見つけました。テントウムシやイトトンボ、モンシロチョウも捕まえました。
 この場所は、ヒメボタルの生息地でもあります。ヒメボタルの里サポータークラブを結成し、「ヒメボタルの生息地を守る活動」に取り組んでいます。ヒメボタルの生息地を守ることは、たくさんの生き物達の生息地を守ることにもなります。
DSCN1203.JPG  DSCN1208.JPG
 猪名川自然林の木陰に移動して、バッタを素揚げにします。バッタが跳びはねないように大きな後ろ足をはずす人と、猪名川自然林の自然観察する人に分かれて行動です。素揚げになったバッタをみんなで試食します。バッタそのままの姿です。でも、「おいしい♪♪」と、好評でした。
DSCN1217.JPG  DSCN1220.JPG
 今回のイベントでは、ケーブルテレビ:ベイコム(10/9〜15放送)や神戸新聞社の取材を受けました。また、猪名川キッズクラブのイベントとして、(公財)兵庫県青少年本部「ひょうご子ども・若者応援団」の助成を頂いて実施しました。
DSCN1221.JPG  DSCN1199.JPG
「神戸新聞」 2020年10月5日
 10.5神戸新聞:バッタ試食2.jpg10.5神戸新聞:バッタ試食1.jpg
posted by もりぞー at 12:19| Comment(0) | 水辺分野

2020年10月04日

藻川を食べつくせ!(10/25)ご案内

 尼崎環境オープンカレッジの活動の一つとして、武庫川・庄下川・昆陽川・藻川・猪名川などの水辺で活動している団体が集まって「尼崎の川で川あそびをしよう!」と合同で取り組みをおこなっています。
 今回は、藻川に集まって、藻川の恵みを味わいます。藻川の魚は尼崎市保健所の検査で「食べても安全」という結果が出ています。藻川の魚を捕まえて空揚げなどにして味わいます。河川敷にはえる外来種のキクイモ・草原にすむバッタは、健康・美容食として注目されている食材です。
10.25あまっこ.jpg  10.25IMG_8735.JPG
 藻川で魚釣りやたも網での魚捕り、河川敷でのバッタ捕りや野草摘みで食材を集めます。秋の一日、藻川の恵みを食べつくしましょう。そして、尼崎に残る自然のすばらしさも体感してください。事前の申し込みが必要です。みなさまのおいでをお待ちしています。この活動は、(公財)琵琶湖・淀川水質保全機構の実施するBYスタンプラリーの対象イベントです。BYスタンプ台紙をお持ちの方は当日押印します。お持ちでない方は当日の受付でお申し出ください。
※ 問い合わせ&申し込み先:自然と文化の森協会・福本 hukumo08@bca.bai.ne.jp
posted by もりぞー at 15:35| Comment(0) | 水辺分野

2020年10月03日