2019年09月28日

猪名川自然林サポータークラブ募集(10/6)ご案内

 猪名川自然林は、川の氾濫により形成される河畔林の姿を残したエノキ・ムクノキを中心とする関西でも貴重な林で、兵庫県のレッドデータブックにも記載されています。1973(昭和48)年、猪名川自然林として保存が決定されました。しかしその後の植樹や年月の経過によりクスノキ、タブノキ、ヤブニッケイなどの照葉樹が生い茂り、暗く鬱蒼とした林になってきました。
10.6サポートクラブ[1].jpg  10.6サポートクラブ[2].jpg
 このたび尼崎市と協働で、2008(平成20)年に策定した保全管理方針「エノキ・ムクノキを中心とした明るい林にする」にそって―タマムシのとぶ森― をめざし猪名川自然林の再生実験作業を始めます。長期にわたる活動になりますが、たくさんの生物の共生の場となるエノキ・ムクノキを中心とした猪名川自然林の再生に、みなさんも是非ご参加ください。楽しく自然の中で体を動かし、夢を実現できるようがんばりましょう。
IMG_8516.JPG  IMG_8515.JPG
posted by もりぞー at 09:08| Comment(0) | 緑分野

2019年09月12日

猪名川自然林サポータークラブ募集(10/6)ご案内

 猪名川自然林は、川の氾濫により形成される河畔林の姿を残したエノキ・ムクノキを中心とする関西でも貴重な林で、兵庫県のレッドデータブックにも記載されています。1973(昭和48)年、猪名川自然林として保存が決定されました。しかしその後の植樹や年月の経過によりクスノキ、タブノキ、ヤブニッケイなどの照葉樹が生い茂り、暗く鬱蒼とした林になってきました。
10.6サポートクラブ[1].jpg  10.6サポートクラブ[2].jpg
 このたび尼崎市と協働で、2008(平成20)年に策定した保全管理方針「エノキ・ムクノキを中心とした明るい林にする」にそって―タマムシのとぶ森― をめざし猪名川自然林の再生実験作業を始めます。長期にわたる活動になりますが、たくさんの生物の共生の場となるエノキ・ムクノキを中心とした猪名川自然林の再生に、みなさんも是非ご参加ください。楽しく自然の中で体を動かし、夢を実現できるようがんばりましょう。
 IMG_8516.JPG IMG_8515.JPG
posted by もりぞー at 13:17| Comment(0) | 緑分野

2019年08月21日

2019.8月自然と文化の森プラットフォーム:ヒメボタルの保護を考えるBを開催しました

 20日。尼崎市園田地域振興センターが主催する「自然と文化の森プラットフォーム」が、コミュニティルーム園田でおこなわれました。実施に当たっては自然と文化の森協会が協力しており、田能のヒメボタル保護について考える3回目です。体験事業部会が前回までのまとめを報告後、尼崎市環境創造課の山本さんから「尼崎市にとってのヒメのボタル」というテーマでヒメボタル保護に向けての基本的な考え方を話していただきました。
IMG_8393.JPG  IMG_8394.JPG
 尼崎市環境創造課、ヒメボタル保護団体(川西市)、自然と文化の森協会、猪名川キッズクラブなどから参加があり、ヒメボタルの現状を知り今後の保護に向けての意見交換をしました。行政として動くには誰もが納得する理由が必要で、そのための活動や理論的な裏付けなども必要になるようです。市民の立場・行政の立場・ヒメボタル保護の立場からの意見を交換することが出来ました。しかし、農業公園のヒメボタルは、ここ数年目に見えて減少しています。今後、尼崎の宝である田能のヒメボタルの保護活動・生息環境の保全を進めていくため、12月の幼虫調査から市民参加の取り組みが出来るよう行政(環境創造課)と市民(自然と文化の森協会)とで取り組み案を早急にまとめることを確認しました。
ヒメボタルバッチ.jpg  IMG_8392.JPG
posted by もりぞー at 08:39| Comment(0) | 緑分野

2019年08月17日

2019.8月自然と文化の森プラットフォーム:田能のヒメボタル保護を考えるB(8/20)ご案内

 自然と文化の森プラットフォームは、尼崎市園田地域振興センターが主催し、自然と文化の森協会が協力して毎月第3火曜日に開催されています。偶数月のプラットフォームは園田の自然環境を中心にしたミニ講座を実施し、参加者の意見交換・情報交換をおこなっています。
  8.20プラット:ヒメぼ.jpg  8.20プラットひめぼ.jpg
 8月のプラットフォームは、“田能のヒメボタル保護”をテーマにした第3回目です。尼崎市環境創造課さんから、尼崎市にとってのヒメボタルの持つ意味や保護の意義などについてお話をお聞きし、田能のヒメボタルの保護に向けて意見交換をおこないます。どなたでも参加いただけます。当日参加OKです。みなさまの参加をお待ちしています。
posted by もりぞー at 09:08| Comment(0) | 緑分野

2019年08月04日

2019.8月自然と文化の森プラットフォーム:田能のヒメボタル保護を考えるB(8/20)ご案内

 自然と文化の森プラットフォームは、尼崎市園田地域振興センターが主催し、自然と文化の森協会が協力して毎月第3火曜日に開催されています。偶数月のプラットフォームは園田の自然環境を中心にしたミニ講座を実施し、参加者の意見交換・情報交換をおこなっています。
 8.20プラット:ヒメぼ.jpg  田能ヒメホタル.jpg
 8月のプラットフォームは、“田能のヒメボタル保護”をテーマにした第3回目です。尼崎市環境創造課さんから、尼崎市にとってのヒメボタルの持つ意味や保護の意義などについてお話をお聞きし、田能のヒメボタルの保護に向けて意見交換をおこないます。どなたでも参加いただけます。当日参加OKです。みなさまの参加をお待ちしています。※使用している写真は、尼崎市役所本庁写真部の提供です。

posted by もりぞー at 08:00| Comment(0) | 緑分野

2019年07月25日

自然林でたのしむ会A:竹のクラフト作り(7/28)ご案内

 猪名川自然林の保全再生活動を進める猪名川自然林サポータークラブの活動として、自然と文化の森協会緑部会が主催するイベントです。竹を使って、竹の変身メガネ・竹筒水ようかんを作ります。どなたでも参加いただけますが、事前の申し込みが必要です。
7.28竹のクラフト.jpg  7.28oshirase[1].jpg
※ 猪名川公園南入口 9:30集合。  参加費:1人200円。
※ 問い合わせ&申込先:中家 06-7506-4694  福本 hukumo08@bca.bai.ne.jp
posted by もりぞー at 09:13| Comment(0) | 緑分野

2019年07月07日

自然林でたのしむ会A:竹のクラフト作り(7/28)ご案内

 猪名川自然林を守る活動を進める猪名川自然林サポータークラブの活動として、自然と文化の森協会緑部会が主催するイベントです。竹を使った変身メガネ、竹筒ようかんを作ります。どなたでも参加いただけますが、事前の申し込みが必要です。
7.28竹のクラフト.jpg  IMG_8086.JPG
※ 猪名川公園南入口 9:30集合。 小雨決行。 参加費:1人200円。
※ 問い合わせ&申込先:中家 06-7506-4694  福本 hukumo08@bca.bai. ne.jp
posted by もりぞー at 14:34| Comment(0) | 緑分野