2018年05月28日

田能のヒメボタル鑑賞会2018:C竹林で田能のかぐや姫に会えました

 26日。農業公園に集合してヒメボタルの観察会です。80名を超える皆さんが参加いただきました。最初にヒメボタルについて説明をしましたが、「水にすまないホタルがいるなんて知らなかった」「飼育したホタルを放して、それを観ると思って来ました。尼崎に自然のホタルがいると聞いてびっくりしました」という声が出ていました。そんなにたくさんの光ではなかったのですが、竹林の中に光るヒメボタルの黄金色の光を観ていただくことができました。
IMG_5350.JPG  IMG_5280.JPG
 今回で、今シーズンのヒメボタル観察会は終了しました。今後は、11月末に国土交通省猪名川河川事務所や尼崎市環境創造課と協働して猪名川河川敷や農業公園でヒメボタルの幼虫調査を実施する予定です。自然と文化の森協会と猪名川キッズクラブが中心になり、田能のヒメボタルを守る活動を尼崎市・あまがさき環境オープンカレッジ・国土交通省猪名川河川事務所・猪名川ヒメボタルの会などと協働で継続的に取り組んでいきたいと思います。
posted by もりぞー at 09:32| Comment(0) | 緑分野

2018年05月26日

田能のヒメボタル鑑賞会2018:B猪名川河川敷で田能のお姫様に会えました

 25日。猪名川公園北側堤防に集合してヒメボタルの観察会です。少し不便な場所ですが、70名を超える皆さんが参加いただきました。5年ほど前の河川改修工事で1匹もいなくなっていたのですが、草や葦・樹木が生えて元の状態が戻って来るにつれて、昨年からヒメボタルが数多く見られるようになりました。
IMG_5318.JPG  IMG_5321.JPG
 この場所では、人の目の高さで飛びながら光るヒメボタルが多く見られます。1本の木に数匹がとまって光を放つと、クリスマスツリーのようになります。たくさんのヒメボタルの光に、参加者からは驚きの声も上がっていました。子ども達は飛んできたヒメボタル(オス)を捕まえて手に乗せて大喜びです。きっと素敵な思い出・記憶として残ることだと思います。
IMG_5324.JPG  IMG_5322.JPG
 今日(26日)は、農業公園入口に19時30分集合で、今シーズン最終のヒメボタル観察会をおこないます。竹林に光る田能のかぐや姫に出会いませんか? 農業公園の駐車場(20台・有料)は、19時までに入庫されると観察会終了まで利用できます。参加をお待ちしています。
posted by もりぞー at 00:13| Comment(0) | 緑分野

2018年05月23日

ベイコム地元ニュースで、田能のヒメボタル鑑賞会2018:田能のお姫様に会えるかな(5/18)の様子を放送

 18日に実施された「田能のヒメボタル鑑賞会2018:田能のお姫様に会えるかな」の様子が、ケーブルテレビのベイコム・地元ニュースで放送されています。インターネットのベイコム・地元ニュースでも放送されていますので、下記のアドレスからいつでもご覧いただくことが出来ます。
ベイコム地元ニュース.jpg
 https://jimotv.jp/series/movie_list.php?series_id=2727
 【ベイコム・地元ニュース(兵庫版)】
2018年5月22日号「田能のヒメボタル観察会(5/18)」

※4月24日号では、「レンゲ畑でお弁当を食べよう(4/22)」
 4月10日号では、「猪名川自然林観察ウォーク&バウムクーヘン作り(4/8)」
 3月27日号では、「ヒメボタルプロジェクト(3/24)」の様子がご覧いただけます。
posted by もりぞー at 09:57| Comment(0) | 緑分野

2018年05月20日

田能のヒメボタル鑑賞会2018:A竹林で田能のかぐや姫に会えました

 19日。田能の農業公園に集合してヒメボタルの観察会です。尼崎市&あまがさき環境オープンカレッジ実行委員会主催で自然と文化の森協会が運営協力をして開催し、80名を超える皆さんが参加いただきました。
IMG_7517.JPG  IMG_7518.JPG
 気温が15度を下回るという寒さ?の影響もあってか、ヒメボタルの数は少な目です。それでも竹林の中でフラッシュのような光を見せてくれます。一面の光というようにはなりませんでしたが、「尼崎でホタルを見られるなんて、すごい!!」。「感動しました」。「これからもホタルを守り続けて欲しい」という声を聞かせていただきました。
IMG_7519.JPG  IMG_5279.JPG
 伊丹市内の猪名川流域を中心に活動されている猪名川ヒメボタルの会のみなさんも、同じ場所での観察会でした。70名ほどの方が参加されており、昨日だけで200人ほどの方が田能のヒメボタルを鑑賞されました。多くの方に、身近に自然があることの素晴らしさを感じてもらえたと思います。田能のヒメボタルを守る活動を今後も、尼崎市・あまがさき環境オープンカレッジ・国土交通省猪名川河川事務所・猪名川ヒメボタルの会などと協働で取り組んでいきたいと思います(11月にヒメボタルの幼虫調査を実施する予定です)。
2018-001.jpg  2018-002.jpg
 25日に猪名川公園北側堤防集合、26日に農業公園集合で、このシーズン最終のヒメボタル観察会をおこないます。25日は、他の場所とはまた少し違った雰囲気でヒメボタルを観ることが出来ます。参加をお待ちしています。
posted by もりぞー at 00:06| Comment(0) | 緑分野

2018年05月19日

田能のヒメボタル鑑賞会2018:@藻川で田能のお姫様に会えました

 18日。いつ雨が降りだすかというような空模様でしたが、40名を超える皆さんが参加いただきました。開始時刻になって藻川の河川敷に降りても、周囲のマンションの灯りや道路の街灯などで懐中電灯もいらないくらいの明るさです。「こんなに明るくて大丈夫ですか?」という声が出ます。風も強く、観察会には不向きな天候でしたが、ヒメボタルの解説をした後、低水敷きの草の中を見つめているとヒメボタルが少しずつ光を放ち始めました。子ども達は捕まえたヒメボタルを手に乗せてもらって大喜びです。ヒメボタルの大きさや光る様子を観察した後は、河川敷に返します。ヒメボタルの数は少なかったのですが、満足して頂くことができたようです。
IMG_5273.JPG  IMG_5295.JPG
 今日(5/19)は、農業公園集合で観察会です。農業公園の駐車場(20台・有料)は、午後7時までに入庫されると鑑賞会の終了まで利用できます(午後7時以降は入庫できません)。尼崎市&あまがさき環境オープンカレッジ実行委員会の主催で開催されますが、運営は自然と文化の森協会がおこないます。当日参加もOKです。

posted by もりぞー at 09:32| Comment(0) | 緑分野