2017年11月23日

自然と文化の森ミニ収穫祭【11月19日】

半年におよぶ里芋栽培のたたかいの跡です。001a.jpg
田能の里芋の収穫を終え天地の恵みに感謝、
関係者、近隣の皆様への御礼を込めて
第16回自然と文化の森ミニ収穫祭を開催しました。001.jpg
自然と文化の森協会佐藤会長の開会挨拶です。002.jpg
尼崎市稲村市長にもお越しいただき、
ご祝辞と今後の活動への励ましの言葉を頂戴しました。003b.jpg
市長の挨拶を拝聴の皆様です。003a.jpg
朝市開始の準備も整いました。004a.jpg
田能ブランドの里芋も出番待ちです。004.jpg
朝市開始と同時にたくさんの人々が殺到しました。007.jpg
田能の里芋の入った「のっぺい汁」【先着100名無料】も大評判でした。009a.jpg
田能の里芋を使った「おでん」も温かいよ。011.jpg
のっぺい汁、おでんを担当した農部会女性スタッフの皆様です。011a.jpg
緑部会、体験部会のご協力で田能の畑で収穫した
「さつまいも」も焼芋として提供しました。012.jpg
これにはキッズもご満悦でした。014.jpg
阪急OBの方にもご協力いただき、
飲物【ビール、酒、ジュース等】の提供もしました。015.jpg
広場に食事処を設け、たくさんの人々に寛いでいただきました。016.jpg
最後に抽選会を催し、景品、農作物を持ち帰りいただきました。
約200名の参加者で盛大に終えることができました。


posted by もりぞー at 20:20| Comment(0) | 農業分野

2017年11月17日

尼崎市の小学校給食(11/27)に田能のさといも♪♪

 尼崎市の小学校の学校給食に、初めて田能のさといもが登場します。尼崎の伝統野菜として使用されることになりました。数年前から尼崎市教育委員会や学校の栄養教諭の皆さんたちが、「尼崎の伝統野菜を献立に組み入れたい。田能のさといもを使用できないか?」というご相談を受けていました。今年、自然と文化の森協会栽培の田能のさといも100kgを納入し、学校給食での使用が実現しました。
IMG_2005.JPG
 収穫量の関係で全校一斉にということはかなわず、今年は第4ブロックの9小学校(小園小、園田北小、園田南小、浜小、立花小、立花南小、難波の梅小、水堂小、浜田小)の給食で、11月27日にかす汁の具の一つとして使用されます。
11.27給食献立:田能のさといも(縮小).jpg
 19日の自然と文化の森収穫祭では、田能のさといもがたっぷり入ったのっぺい汁やおでんを販売し、みなさまに味わっていただきます。また、自然と文化の森協会の農園で収穫した田能のさといもを販売します。ほとんど市販はされていませんので、この機会にぜひお買い求め下さい。
11.19収穫祭.jpg
posted by もりぞー at 14:44| Comment(0) | 農業分野

2017年11月06日

第7回農作業体験学習講座【第12回里芋栽培:鍬入れ式】11月4日

秋晴れの朝、里芋の鍬入れをする日を迎えることができました。
東に向かい全員で二礼二拍手で天地の恵みに感謝しました。002.jpg
さらに代表者による鍬入れ神事をおこないました。003.jpg
本日集いました20名の会員の皆様です。001.jpg
その後、会員それぞれ自身の畝の収穫を楽しみました。005.jpg
収穫の里芋の一例です。007.jpg

11.19ミニ収穫祭チラシ.jpg
posted by もりぞー at 09:02| Comment(0) | 農業分野

2017年11月04日

田能の農地にレンゲの種まき〜田能の田園風景を守り、活かそう〜

 3日。週末ごとにやって台風のためにのびのびになっていましたが、田能の2ヵ所目の田んぼにレンゲの種まきをしました。自然と文化の森協会の農業部会・体験事業部会の会員、猪名川キッズクラブの会員が10人参加しました。
IMG_4218.JPG
 田んぼには、バッタや小さなカエルがいます。子ども達はバッタやテントウムシ、カエルを捕まえて大喜びです。田んぼの中の水たまりには、カブトエビもいました。生き物豊かな田能の田んぼです。
IMG_4216.JPG
 農業公園横の田園風景を守り、春に一面のレンゲ畑を楽しもうと、農家さんのご協力を得てレンゲの種まきをしました。尼崎に残る素敵な田園風景・生き物豊かな農地が残るよう、みんなで考えていきたいと思います。
IMG_4215.JPG

11.19ミニ収穫祭チラシ.jpg
posted by もりぞー at 09:10| Comment(0) | 農業分野

2017年10月21日

第17回農作業体験学習講座【第11回里芋栽培】10月21日

秋雨前線停滞、台風21号接近で雨続きの天候です。
里芋の畝間にも、たっぷり水が溜まっています。003.jpg
17名の里芋会員が集い、枯葉、枝葉の刈込を実施しました。
次は11月4日の鍬入れ式を待つのみとなりました。002.jpg
今夏の太陽で繁茂した里芋の葉っぱも
これからは地下の芋形成に注力し枯れていくでしょう。005.jpg
成長しつくした里芋群の全容です。004.jpg
夏野菜オーナーの茄子も収穫期が過ぎ、伐採を待つのみです。006.jpg
ブロッコリーオーナーのブロッコリーは順調に成育中です。
11月4日までに名札を付け各オーナーへ連絡します。007.jpg
稲刈りを終えた近隣の稲田では白鷲が寂しく餌をあさっていました。001.jpg
posted by もりぞー at 13:36| Comment(0) | 農業分野