2017年09月09日

今日(9月9日)は重陽(ちょうよう)の節句

 9月9日は重陽の節句です。「九」という陽の数字が重なることから重陽といいます。江戸時代に定められた五節句の一つです。中国では奇数を陽の数とし、二つ重なることからとてもめでたい日とされています。1月7日の人日の節句、3月3日の上巳の節句(雛祭り)、5月5日の端午の節句、7月7日の七夕の節句、9月9日の重陽の節句をさします。節句は、行事と関係する植物の名前を冠して呼ばれることも多く、1月7日は七草の節句、3月3日は桃の節句、5月5日は菖蒲の節句、7月7日は笹の節供、そして9月9日は菊の節句と呼ばれています。
IMG_1411.JPG
 庶民の間では「お九日(くんち)」と呼ばれて親しまれ、秋の収穫祭と合わせて祝うようにもなりました。有名な「長崎くんち」「唐津くんち」はその名残で、新暦の10月に開催されています。「おくんちに茄子を食べると中風にならない」と言われています。焼き茄子や茄子の煮びたしが人気だったようです。江戸時代から重陽の節句に栗ごはんを食べる習わしがあり、「栗の節句」とも呼ばれています。
posted by もりぞー at 09:23| Comment(0) | 歴史文化分野

2017年09月06日

明日(9月7日)は二十四節気の白露(はくろ)

 明日(9月7日)、および、秋分までの期間をいいます。太陽黄径165度。処暑から数えて15日目頃です。この日から仲秋になります。
 夜間の気温が低下して、大気中の水蒸気が朝露となって草花につくようになります。白露とは、草の葉に白い露が結ぶという意味で名づけられたようです。日本人からすると「白」は雪=冬をイメージするのが一般的のように思いますが、中国の陰陽五行では「白」は秋の色とされています。
IMG_3627.JPG
posted by もりぞー at 19:40| Comment(0) | 歴史文化分野

2017年08月31日

明日(9月1日)は二百十日(にひゃくとおか)

 二百十日は、雑節の一つで、立春から数えて210日目の日をいいます。この頃は稲が開花する重要な時期ですが、農作物に大きな影響を与える台風に見舞われることも多い時期です。そこで、過去の経験から農家にとって油断のならないこの日を「厄日」とされるようになりました。旧暦8月1日の「八朔(はっさく)」、「二百十日」、「二百二十日」を農家の三大厄日としています。
 現在のように台風の予測ができなかった時代、人々はこの日を恐れて警戒し、風を鎮める祭りを行って収穫の無事を祈るようになりました。先人たちの経験に基づいた生活の知恵が暦となっているのです。また、農作物を風雨の被害から守るため、各地で風鎮めの儀式や祭が行われていて、風祭りもその一つです。
weathermap00[3].jpg

posted by もりぞー at 16:23| Comment(0) | 歴史文化分野

2017年08月24日

地蔵盆:下食満地区でのお地蔵様へのお供え

 町内のお地蔵様をおまつりし、子どもたちの健やかな成長を願う催しで、8月23、24日の地蔵菩薩の縁日を中心に行われます。主に、京都を中心とした近畿地方や北陸、信州で行われているようで、関東・東海地方ではほとんどないようです。
IMG_3671.JPG
 各町内ごとに地蔵尊の前に屋台を組んで花や餅などのお供物をし、子どもたちはゲームをしたりお菓子をいただいたりして過ごす風習が伝えられています。写真は、下食満地区でお地蔵様の前にお供え物を供えた地蔵盆の様子です。
IMG_3670.JPG
♪♪ ボクたち大阪の子どもやでェ ♪♪
 https://www.youtube.com/watch?v=MIfnyslGFmo

posted by もりぞー at 13:14| Comment(0) | 歴史文化分野

2017年08月23日

今日(8月23日)は二十四節気の処暑(しょしょ)

 今日(8月23日)、および、白露までの期間をいいます。太陽黄径150度、立秋から数えて15日目ころを処暑といいます。暑さが和らぐという意味で、萩の花が咲き、穀物が実り始めるころです。
 厳しい暑さも峠を越し、朝夕は涼しい風が吹き始め、山間部では早朝に白い露が降り始め、秋の気配を感じます。このころは台風のシーズンでもあり、二百十日、二百二十日とともに台風襲来の特異日です。
IMG_3627.JPG

posted by もりぞー at 09:20| Comment(0) | 歴史文化分野