2017年07月07日

今日(7月7日)は、二十四節気の小暑(しょうしょ)

 夏至から数えて15日目頃で、七夕のころになります。暑さがどんどん強くなっていくという意味があり、この頃から暑さが本格的になってきますが、梅雨の終わる頃で、集中豪雨が多く発生する時季でもあります。梅雨が明け、強い日差しと共に気温が一気に上がる時季のため、体調を崩しやすくなる頃でもあります。天気予報やニュースで「小暑」という言葉を耳にしたら、本格的な夏を迎える合図だと思って下さい。
IMG_3182.JPG
 暮らしのすべてが夏仕様に変わる頃です。小暑は、衣食住のいろいろなものを夏向きのものに変えるめやすになります。蓮の花が咲き始める頃でもあります。
posted by もりぞー at 09:27| Comment(0) | 歴史文化分野

2017年07月02日

今日(7月2日)は、雑節の半夏生(はんげしょう)

 夏至から数えて11日目頃。梅雨の末期で、半夏(烏柄杓<カラスビシャク>ドクダミ科の多年草)という毒草が生える多湿で不順な頃とされています。農家の人達はこの日までに田植えを済ませ、どんなに気候不順な年でもこの後は田植えをしないという習慣がありました。地方によっては、ハンゲという妖怪が徘徊するという言い伝えがあり、この時期に農作業をしないようにという戒めになっているようです。半夏生までに田植えを済ませた農家では、この日の天候で稲作のできを占います。
yjimage[7].jpg
 この時季には、天から毒気が降るとか、地面が陰毒を含んで毒草が生えるなどという言い伝えがあり、筍・わらびなどを食べることや種を撒くことを忌む風習があったそうです。井戸にも蓋をしたそうです。
地域によっては、この日にタコを食べる習慣があります。田に植えた苗が、タコの足のようにしっかりと根付くようにとの願いを込めたもののようです。
posted by もりぞー at 14:41| Comment(0) | 歴史文化分野

2017年06月27日

カラムシで畳店のみなさんが畳糸作り(「毎日新聞」2017.6.26)

 猪名川自然林の林縁にも生えているカラムシという植物を使っての畳糸作りが、25日に猪名寺さぼくが丘の森で畳屋さんによっておこなわれれました。毎日新聞に掲載された記事をご覧ください。

2017.6.26毎日新聞:猪名寺さぼくがおかカラムシ.jpg
posted by もりぞー at 16:55| Comment(0) | 歴史文化分野

2017年06月21日

今日(6月21日)は、二十四節季の夏至(げし)

 夏至は、芒種から数えて15日目頃です。現在では、太陽黄径90度の日とされており毎年6月21日頃です。一年で、昼間が最も長く、夜が最も短い日です。冬至と比較すると、昼間の時間差は4時間以上もあります。暦の上では夏季の真ん中にあたりますが、実際には梅雨の真っ盛りで、農家では田植えに繁忙を極める頃で、暑さのピークは1カ月ほど先になります。
IMG_3182.JPG
 冬至にはかぼちゃを食べる風習がありますが、夏至は地方によって様々で、関西ではこの日にタコを食べる習慣があり、関東地方では焼き餅を供えたりします。沖縄ではこの頃に吹く季節風を「夏至南風」といい、この風が吹くと、梅雨が明けて本格的な夏が訪れるとされています。
posted by もりぞー at 00:04| Comment(0) | 歴史文化分野

2017年06月19日

家族で一緒にまち探検:穴太・法界寺のまちで不思議発見!!

 18日。今年度最初のわがまち再発見歴史ウォッチングでした。子ども達7人を含めて20人が参加して、阪急園田駅北側の穴太・法界寺のまち歩きをおこないました。「左:白井神社・はがみさま(歯神様)」と書かれた道標を見て、穴太の白井神社を訪れます。大きなナマズの絵が描かれた絵馬を見ました。
IMG_3156.JPG
 穴太の旧家の篠部さんのお宅では、お嫁さんの乗ったかご、足踏み水車、ランプ、かまどなどを見せていただきました。白壁の蔵にも入らせていただきました。子ども達も大喜びでした。
IMG_3162.JPG
 農業用水路の九の橋を見て、園和住宅についてのお話も聞きました。農業用水路からの水は、田植えが終わった穴太地域の田んぼに引かれています。田んぼには、カエルやカブトエビが泳いでいました。
IMG_3178.JPG
 福田寺ではきれいに咲いたハスの花も見ました。法界寺の白井神社では九尾の狐(きゅうびのきつね)が描かれた大きな絵馬をみました。最後に、安養寺の本堂で休憩させていただき、みんなで記念写真を撮って終了しました。
IMG_3193.JPG
[今後の予定] 9月17日(日) 冨田・椎堂のまち歩き
         11月26日(日) 田能のまち歩き

posted by もりぞー at 18:34| Comment(0) | 歴史文化分野