2018年06月11日

キッズクラブ2018:猪名川の葦の葉でちまきを作りました

 10日。猪名川キッズクラブの独自活動でした。28人が参加して、葦の葉を使ってちまき作りを楽しみました。葦の葉は、猪名川河川敷で採取します。河川敷で葦の葉を集めている間、子ども達はバッタの赤ちゃんさがしをしました。ショウリョウバッタの赤ちゃんがたくさん見つかりました。キリギリスの赤ちゃんやツユムシも見つかりました。小さいので「かわいい!」という声が上がっていました。
IMG_5471.JPG  IMG_5479.JPG
 自然林に戻って、みんなでちまき作りをがんばります。上新粉に砂糖を少し入れ、熱湯を注いでこねていきます。最初は熱いので、大人の人にしてもらいました。大きな塊の団子ができると、子ども達が小さく分けてちまき作りのスタートです。細長くした団子を葦の葉で包み、イグサを巻いてとめていきます。
 大きな鍋にお湯をわかして湯がいていきます。しばらくすると、きれいな緑色の葦の葉に包まれたちまきの出来上がりです。がんばって作ったちまきは、とっても美味しかったです。
IMG_5474.JPG  IMG_5480.JPG
 猪名川自然林のビワの実やキクラゲも収穫しました。キクラゲは、湯がいてから細かく切って酢みそやポン酢でいただきました。「美味しい♪♪」と、子ども達にも大好評でした。自然の恵みをいっぱい味わうことが出来ました。
IMG_5483.JPG  IMG_5469.JPG
posted by もりぞー at 13:05| Comment(0) | 猪名川キッズクラブ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: