2017年08月20日

京都子どもの水辺交流会に参加しました

 19日。京都府八幡市にある『さくらであい館』で、京都子どもの水辺交流会がおこなわれました。さくらであい館は、木津川・宇治川・桂川の三川合流地点(ここから下流が淀川になります)に、川との触れ合いや地域の魅力発信の場として建設された建物です。
IMG_3640.JPG
 京都府内を中心に約50人の子ども達が集まり、自分たちのクラブの紹介や活動発表などをおこないました。中学生の木津川から淀川までの流域を調べた研究発表も聞かせてもらいました。
IMG_3645.JPG
 これまでの近畿子どもの水辺交流会で運営に参加した大学生たちが今回も運営の中心でした。兵庫県からの実行委員だった学生さんも、京都や滋賀の学生さん達と一緒に司会などの運営スタッフを務めていました。
IMG_3643.JPG
 先日の雨による増水で川での魚捕りやカヌー体験は中止になりましたが、子ども達は野鳥観察やバッタ捕り体験を楽しみました。午後からは、「これからの水辺を考える」というテーマで話し合いがおこなわれ、子ども達の活発な意見交換・交流がおこなわれました。
IMG_3661.JPG
※兵庫県での『兵庫子どもの水辺交流会』は、2月頃に実施できるよう検討・準備を進めています。
posted by もりぞー at 10:00| Comment(0) | 猪名川キッズクラブ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: