2017年08月14日

イヌビワの実でジャム作り♪♪

 自然林の林縁のイヌビワの実が熟していました。イヌビワはイチジクの仲間で小さなイチジクといった感じです。上の方の熟した実は小鳥に半分食べられていました。次のイベントまでは日があるので、イヌビワの実を収穫し、スタッフがジャム作りにチャレンジしました。
IMG_3581.JPG
@ イヌビワの実を水洗いし、柄の部分を取り去ります。
IMG_3580.JPG
A 鍋にイヌビワの実と砂糖(イヌビワの重さの半分の量)を入れて少し置くと、イヌビワの実から汁が出てきて砂糖がしっとりしてきます。
P1010852.JPG
B こげつかないようにしゃもじなどで混ぜながら、弱火で煮ます。アクが出てきたらすくって捨てます。イヌビワの実を混ぜながらしゃもじで押しつぶすと、ジャムらしくなります。
P1010853.JPG
C 少しトロっとしてきたら、レモン汁(大さじ1くらい)を加えて出来上がりです。水を入れたボールなどに浮かべて冷やすと、トロみが強くなります。煮詰めすぎると固くなりますので気を付けてください。
P1010854.JPG
※ 砂糖やレモン汁の量はお好みで調節して下さい。
※ 今が旬のイチジクで、同じようにしてイチジクジャムを作ってみてください。
IMG_3590.JPG


posted by もりぞー at 18:22| Comment(0) | 猪名川キッズクラブ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: