2017年07月30日

自然体験活動2017:上坂部西公園の昆陽川で生き物観察

 29日。尼崎公園緑化協会が主催する「何がいるかな? 園内の川の生き物を調べよう」がおこなわれました。自然と文化の森協会から6人が講師&スタッフとして参加し、上坂部西公園の中を流れる昆陽川の生き物さがしを家族連れ約30人の参加者とおこないました。
IMG_3460.JPG
 川底には少し泥があり、子ども達は最初はなかなか水の中に入れずに上からアミですくっていましたが、足首くらいの深さしかないので、慣れると中に入って頑張ります。
IMG_3463.JPG
 小さな魚が泳いでいるのを追いかけると、次々と子ども達のアミに入ります。特定外来種のカダヤシもいましたが、尼崎ではほとんど見られなくなったメダカも見つけました。
IMG_3471.JPG
 フナの仔魚やタモロコも混じっています。ウシガエルの大きなオタマジャクシにびっくりです。
IMG_3468.JPG
 最後にみんなで捕まえた生き物の観察会です。フナ・タモロコ・メダカ・ドジョウ・ドンコ・カダヤシ・アメリカザリガニ・ヌマエビ・オタマジャクシ(ウシガエル)・ヤゴ(シオカラトンボ、イトトンボ)・シジミ・ヒメタニシ・モノアラガイ・アメンボ・ミズスマシなど、たくさんの生き物が生息していることが分かりました。公園を散歩していて通りがかられた方も一緒にご覧になって、尼崎ではほとんど見られなくなったメダカをはじめたくさんの生き物がいることに驚かれていました。
 今回の体験が身近な自然を見直してもらうきっかけになればうれしいです。
IMG_3474.JPG

posted by もりぞー at 16:02| Comment(0) | 体験学習
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: