2017年06月26日

ホオズキカメムシ 〜ホオズキに付くカメムシ?〜

 カメムシ目ヘリカメムシ科の昆虫です。体長は10〜14mmくらいで、4〜11月に発生し平地・低山・人里などで普通に見かけられます。本州・四国・九州・沖縄に広く分布し、中国・台湾・朝鮮半島にも生息しています。
 体色は光沢のない灰黒褐色です。体表に灰色の密毛と黒色の剛毛が生えており、腹部側面に縞模様があります。後脚の腿節が太く目立ちます。ホオズキやヒルガオ科の植物上で見られ、ナス科の植物の汁を好んで吸い、サツマイモ、トマト、ナス、ピーマンなども食害します。
ホオズキカメムシ.JPG
 和名は、その名の通り「ホオズキに付くカメムシ」という意味です。ところが、このホオズキの語源が本種である可能性が示唆されています。というのは、ホウがカメムシを意味する古い呼称であり、それが付くのがホオズキだ、というものです。つまり、ホオズキカメムシの名は、『このカメムシが好んで付く植物に付くカメムシ』という循環したものになっています。
IMG_3121.JPG
posted by もりぞー at 09:20| Comment(0) | 猪名の里の生き物たち
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: