2017年06月17日

キイロホソガガンボ〜樹液や花の蜜を吸う大蚊(ががんぼ)〜

 ハエ目ガガンボ科の昆虫です。体長は、12〜14mmくらいで、5〜10月に発生します。日本全土に分布しています。黄色いガガンボで、胸には光沢があり、黒い3本の縞模様があるのが特徴です。オスの羽には、黒い模様があります。
キイロホソガガンボ1.JPG
 ガガンボは漢字で書くと「大蚊」と書きます。しかし、蚊のように血を吸うことはなく、成虫は樹木の樹液や花の蜜を吸います。幼虫は土中に生息し、植物の根を食べます。そのため、麦の害虫とされることもあります。
キイロホソガガンボ2.JPG
posted by もりぞー at 22:03| Comment(0) | 猪名の里の生き物たち
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: