2017年05月15日

キッズクラブが桑の実を食べて苺大福作りを楽しみました

 14日は、猪名川キッズクラブ会員だけの活動でした。キッズクラブの17家族49人とスタッフ4人の53人の参加がありました。最初は猪名川河川敷まで歩いて桑の実採りです。今年は熟すのが遅くて、おいしそうな実は少なかったのですが、みんなで味わうことができました。オオカマキリやチョウセンカマキリの卵(卵のう)も見つけ、カマキリの種類によって卵(卵のう)の形が違うことも学びました。
IMG_2892.JPG
 自然林に戻ると、クサイチゴの赤い実を収穫します。トゲにさされないように気をつけながら採りました。採りながら子ども達の口の中に入る実も多かったようです。少し酸っぱさがありますが、好評でした。
IMG_2873.JPG
 大きな子ども達が、最初に大きなボールで団子粉を練ってまとめます。そのあと、小さな子ども達が一口大に丸めていきます。
IMG_2895.JPG
 ゆがいて、あんこを乗せてもらったら、子ども達が赤いいちごの実を乗せて、苺大福の完成です♪♪ おいしい苺大福がたくさん出来ました。
IMG_2897.JPG
 持ち帰った桑の実で、桑の実ジャムも作りました。パンにつけて食べることができました。また、自然林にはえているキクラゲを採って湯がいてポン酢や酢味噌で食べました。自然林の斜面でのソリ遊びに夢中の子ども達もいました。
 お母さん達は、ヤマブキを採って佃煮にしたり、蕗味噌にしたりしました。子ども達だけでなく、大人もいっぱい楽しみました。自然の味覚を満喫したキッズクラブの一日でした。
IMG_2898.JPG
posted by もりぞー at 14:50| Comment(0) | 猪名川キッズクラブ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: