2017年05月11日

キュウリグサ〜キュウリのにおいがするので、胡瓜草〜

 ムラサキ科キュウリグサ属の雑草で、葉をもむと胡瓜(キュウリ)のようなにおいがすることからこの名がつきました。日本全土・アジアに広く分布し、道ばたや庭などに多くはえます。
IMG_2842.JPG
 秋に芽を出して、ロゼット状の葉の状態で冬越しをします。高さ15〜30cmになり、下部の葉は長い柄があり長さ1〜3cmの卵円形ですが、上部の葉には柄がありません。3〜5月に、茎の先に花序を出して直径約2mmの淡く青い可憐な5弁の花を次々に開きます。キュウリグサの花言葉は、『愛しい人へ真実の愛』だそうです。小さな花ですが、そっと覗いて見て下さい。
IMG_2841.JPG
posted by もりぞー at 00:13| Comment(0) | 猪名の里の花々
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: