2019年09月17日

猪名の里の生き物たち92.マユタテアカネ〜顔に眉のような黒い紋〜

 トンボ目トンボ科の昆虫です。体長は31〜43mmで、北海道・本州・四国・九州に6〜11月に見られます。スマートで可憐なアカトンボです。遠目に見ると、胸部が少し黒っぽい感じのアカトンボ。近くで見ると、鼻先の黒紋が目立ちます。顔に、眉のように鼻の穴をでかくしたような黒い紋が2つあるのでこの名がつきました。雄は腹部が真っ赤になります。雌は腹部が真っ赤になるものと、橙色をしたものとに、そして羽の先に褐色斑があるものと、ないものとのにわかれます。写真は、雄のマユタテアカネです。
マユタテアカネ:♂.JPG  IMG_8422.JPG
 平地や丘陵地の、木陰があるような池、湿地で発生します。薄くらい水辺に生息していて、林の周辺などでよく見られます。よく似た種類に、顔が青白い「マイコアカネ」や、湿地に多い「ヒメアカネ」がいます。[2019年8月25日 農業公園で撮影]
posted by もりぞー at 09:33| Comment(0) | 猪名の里の生き物たち