2019年09月13日

環境体験学習2019:尼崎市立上坂部小学校が藻川で生き物さがし

 12日。JR塚口駅のそばにある尼崎市立上坂部小学校3年生91人が、塚口駅から猪名寺駅までJRに乗り、藻川の堤防を歩いて藻川中園橋までやって来ました。自然と文化の森協会から8人がスタッフとして参加し、環境体験学習のコーディネートをおこないました。
IMG_8525.JPG  IMG_8527.JPG
 「藻川の河川敷で、先週に高校生がマムシに噛まれた」ということがあったため、草むらで活動するバッタ捕りは中止しました。魚捕りのみを実施したため、川に入る時間が長くなりました。昨日夕方の雨による増水もなく、川の中でカニやエビを捕まえて楽しそうでした。最後は、たくさんの子ども達が「水が冷たくて気持ちいい!!」と川の中で転げまわっていました。
IMG_8529.JPG  IMG_8534.JPG
 スタッフによる投網(とあみ)の実演では、オイカワ・ボラ・カマツカなどがアミに入りました。子ども達は、ウキゴリ・ヌマチチブ・マハゼ・ヨシノボリ・ギギなどの魚を捕まえました。コヤマトンボ・サナエトンボ・コオニヤンマなど、トンボのヤゴもたくさん見つかりました(写真の上はヤマサナエのヤゴ。下はコヤマトンボのヤゴ)。藻川のたくさんの生き物達に触れ合ってもらうことが出来ました。
IMG_8538.JPG  IMG_8546.JPG
posted by もりぞー at 09:17| Comment(0) | 体験学習