2019年09月06日

環境体験学習2019:尼崎市立大島小学校が藻川で生き物さがし

 5日。武庫川のそばにある尼崎市立大島小学校3年生73人が、立花駅から猪名寺駅までJRに乗って藻川中園橋までやって来ました。自然と文化の森協会から8人がスタッフとして参加して、藻川での環境体験学習をコーディネートし子ども達の活動を支援しました。
063000_10_crsSect_stagefcst_fldFore_S1_D48[1].png  IMG_8468.JPG
 河川敷での生き物さがし。草むらに行くと、跳びはねるバッタ達に大興奮でした。大きなトノサマバッタも捕まえました。堤防ののり面では、頑張ってキリギリスを2匹も捕まえました。ウスバ木トンボやムギワラトンボも見つけました。
IMG_8471.JPG  IMG_8472.JPG
 一昨日夕方に降った雨が猪名川上流の猪名川町や川西市で降雨量が多かったようで、藻川の水位が一気に上昇し通常よりも50cm以上水位が高くなりました。朝になっても通常よりも20cmほど水位が高い状態が続いています。水も濁って流速もかなり速くなっており、子ども達が自由に水に入れる場所がほとんどありません。岸辺に近いところだけで、魚捕りの雰囲気を味わってもらいました。それでも、モクズガニやウキゴリなどがアミに入っていました。川の水は冷たくて、気持ちよかったようです。
IMG_8474.JPG  IMG_8477.JPG
posted by もりぞー at 07:32| Comment(0) | 体験学習