2018年11月30日

猪名川のい〜な!写真・絵画応募作品展:尼崎市立園田公民館(12/5〜12)ご案内

 猪名川の素敵なところを表現した写真や絵画の展示会です。国土交通省猪名川河川事務所・猪名川河川レンジャー主催の「猪名川のい〜な!写真・絵画」応募作品が展示されており、猪名川キッズクラブからの応募作品が猪名川河川事務所所長賞や河川レンジャー賞に選ばれています。
猪名川のい〜な写真絵画展@.jpg  猪名川のい〜な写真絵画展A.jpg
 12月12日(水)12〜15時の間、作品展と同時に園田公民館1階ホールで自然と文化の森協会が藻川の魚やカニ・エビなどの生き物を実物で展示します。猪名川河川レンジャーによる猪名川の生き物の塗り絵コーナーもおこなわれます。藻川の生き物に親しみ、子ども達に楽しんでもらえると思います。どなたでも自由にご覧いただけます。
RIMG0001.JPG  IMG_6018.JPG
posted by もりぞー at 13:41| Comment(0) | 水辺分野

環境体験学習2018:尼崎市立潮小学校で出前学習

 29日。自然と文化の森協会からスタッフが学校に行って、尼崎市立潮小学校の3年生90人に出前学習をおこないました。JR尼崎駅近くにある学校ですが、自然と文化の森協会が2回の環境体験学習をコーディネートしています。6月に藻川、11月に猪名川自然林に来てくれました。
潮小:出前.jpg  IMG_4121.JPG
 出前学習では、これまで2回の体験学習を振り返りながら、猪名川・藻川や猪名川自然林の大切さや素晴らしさを知ってもらいました。自然を楽しむことと同時に、どうすればこの貴重な自然を守り伝えていくことが出来るかを子ども達にも考えて欲しいと思っています。
posted by もりぞー at 08:05| Comment(0) | 体験学習

2018年11月29日

水辺で楽しもう2018:クズのつるで遊ぼう&リース作り(12/2)ご案内

 12月の水辺で楽しもうは、自然観察をしながら藻川の河川敷を歩きます。クズが生えている所で、太いツルを探して、綱引きや大縄跳びをして遊んで楽しみます。また、クズのツルを使ってクリスマス飾り用のリースを作ります。大人の方は、クズのツルのかご作りも出来るかもしれません。
12.2水辺:クズで遊ぼう.jpg  12.2水辺あまがすき通信-02.jpg
 どなたでも参加いただけます。当日参加もOKですが、できるだけメールで事前の申し込みをお願いします。この活動は、(公財)琵琶湖・淀川水質保全機構「琵琶湖・淀川こども水質保全活動助成」を受けて実施します。また、BYスタンプラリーの対象イベントです。BYスタンプ台紙をお持ちの方は当日押印します。お持ちでない方は当日の受付でお申し出ください。
◎ 問い合わせ&申し込み先:自然と文化の森協会・福本 hukumo08@bca.bai.ne.jp
posted by もりぞー at 12:38| Comment(0) | 水辺分野

2018年11月28日

農業公園&猪名川河川敷ヒメボタル幼虫調査のご案内

 ヒメボタルは、森林や竹林、草原などにすむホタルで、「森のホタル」とも呼ばれています。かつては尼崎市内でも猪名川沿いの河畔林(自然林)や竹林、社寺林などで数多く見られていたそうですが、都市開発で河畔林や竹林、社寺林がなくなり、本来の生息場所を追われ、現在は田能の猪名川・藻川の河川敷などにしか生息していません。メスは飛べないため移動性は小さく、絶滅の危機と隣り合わせの状態です。兵庫県のレッドデータブックでは“最近 減少が著しい種”として「要注目」に指定されています。
猪名川(藻川)ヒメボタルチラシ2018表裏-01.jpg    猪名川(藻川)ヒメボタルチラシ2018表裏-02.jpg
 尼崎市内に生息する貴重なヒメボタルを守るため今、行動することが求められています。田能のヒメボタルの今後の保全を考えるために、今年も田能の農業公園(11/24&12/1。主催:尼崎市)と猪名川公園北側の猪名川河川敷(11/30&12/8。主催:国土交通省猪名川河川事務所)の2ヵ所で幼虫の生息状況の調査をおこないます。いずれも、自然と文化の森協会と猪名川キッズクラブが実施に協力します。皆さまの参加をお待ちしています。当日参加もOKですが、できるだけメールで事前の申し込みをお願いします。
※ 問い合わせ&申し込み先:自然と文化の森協会・福本 hukumo08@bca.bai.ne.jp
11.24&12ヒメボタル幼虫調査:上.jpg  12.1ヒメボタル幼虫調査:下.jpg
posted by もりぞー at 15:44| Comment(0) | 緑分野