2018年05月31日

キッズクラブ2018:BYQわくわく水質調査〜藻川や猪名川の水質を調べよう〜(6/16)のお知らせ

 猪名川キッズクラブは、琵琶湖淀川水質保全機構(BYQ)の“わくわく水質調査隊”に2011年から参加しています。毎年、藻川と猪名川の4か所を回って水質調査をおこなっています。
6.16BYQわくわく水質調査.jpg
 普段の活動で接している藻川や猪名川の水質を子ども達が調べることで、河川環境にもより関心を持つようになりました。今年も、藻川・猪名川の堤防を自転車で移動しながら、パックテストという方法で水質を測定します。
posted by もりぞー at 12:14| Comment(0) | 猪名川キッズクラブ

ムラサキカタバミ〜体にシュウ酸を含む植物〜

 カタバミ科の多年草です。南アメリカが原産で、江戸末期に観賞用に渡来したといわれています。野生化し、庭・畑・空き地など関東以西に広がり、環境から要注意外来生物に指定されています。
 鱗茎から、倒心臓形の3小葉よりなる葉を数枚だし、葉の下面には毛があります。葉より高い花茎をだし、直径2cmほどの淡紅色の5弁花を数個つけます。花の中心部が淡黄緑色、葯は白色で花粉はできず、株基部に形成される鱗茎で増殖すします。同じ仲間のイモカタバミは、葯の色が黄色です。
IMG_5210.JPG  IMG_5283.JPG
 体内にシュウ酸を含んでいます。そのため、ムラサキカタバミの葉で10円玉をこすると、10円玉の汚れがとれて10円玉がピカピカに光ります。子ども達のすてきな遊び道具になります。[2018年5月18日。猪名川自然林で撮影]
posted by もりぞー at 08:31| Comment(0) | 猪名の里の花々

2018年05月30日

水辺で楽しもう2018:藻川で魚捕り&アレチウリ駆除活動 (6/3)ご案内

 6月の水辺で楽しもうは、藻川に入って魚やエビ、カニなどの水生生物を捕まえます。藻川・中園橋付近の水質は、清流といわれるほどのきれいな水質になっています。海から戻って来たアユの稚魚や、きれいな水にしかすまないトビケラの仲間も見られるかもしれません。藻川で初夏の一日をのんびり楽しみながら、藻川の素晴らしさを感じてください。
6.3藻川魚捕り.jpg  6.3水辺:魚捕り案内.jpg
 また、藻川の河川敷に芽生えた特定外来植物:アレチウリの抜き取り(駆除)活動もおこないます。藻川の豊かな自然を守るために、特定外来植物:アレチウリの抜き取り(駆除)のボランティア活動にも参加して下さい。当日参加もOKですが、できるだけ事前の申し込みをお願いします。

posted by もりぞー at 11:49| Comment(0) | 水辺分野

本日(5/30)の環境体験学習2018:園田小学校は雨天のため中止

 今日(5/30)は、尼崎市立園田小学校3年生の環境体験学習・自然観察オリエンテーリングを猪名川公園で実施予定でした。しかし、あいにくの雨のため、本日の実施は中止し、6月6日に延期して実施することになりました。
202010-0000-pf2800-20180530073000[1].gif  weathermap00[2].jpg
posted by もりぞー at 08:06| Comment(0) | 体験学習

2018年05月29日

藻川や猪名川河川敷の仮設トイレに生物多様性を考える啓発ポスター掲示

 藻川や猪名川の河川敷は多くの人達の憩いの場として利用されています。利用される方に藻川や猪名川の自然や生き物について知ってもらおうと、尼崎市公園維持課さんが仮設トイレに生物多様性の啓発ポスターを掲示されています。
IMG_5076.JPG  DSC (4).jpg
 藻川の宮園橋上流右岸側に設置された仮設トイレには、「藻川の生きもの」と題して水の中に生息するいきものだけでなく、河川敷に生息するバッタや鳥・カヤネズミなどの生き物についても紹介し、藻川の生物多様性について考えていただく内容になっています。
Microsoft Word - 藻川の自然.jpg  Microsoft Word - 自然と文化の森協会の紹介.jpg
 啓発ポスターは、尼崎市公園維持課の依頼で自然と文化の森協会が作成し提供しています。自然と文化の森協会の水辺での活動の様子を紹介したポスターも、同時に掲示して頂いています。猪名川では、猪名川橋下流右岸側に設置された仮設トイレに「猪名川橋周辺の生きもの」と題した啓発ポスターが掲示されています。
posted by もりぞー at 12:55| Comment(0) | 水辺分野