2017年09月09日

今日(9月9日)は重陽(ちょうよう)の節句

 9月9日は重陽の節句です。「九」という陽の数字が重なることから重陽といいます。江戸時代に定められた五節句の一つです。中国では奇数を陽の数とし、二つ重なることからとてもめでたい日とされています。1月7日の人日の節句、3月3日の上巳の節句(雛祭り)、5月5日の端午の節句、7月7日の七夕の節句、9月9日の重陽の節句をさします。節句は、行事と関係する植物の名前を冠して呼ばれることも多く、1月7日は七草の節句、3月3日は桃の節句、5月5日は菖蒲の節句、7月7日は笹の節供、そして9月9日は菊の節句と呼ばれています。
IMG_1411.JPG
 庶民の間では「お九日(くんち)」と呼ばれて親しまれ、秋の収穫祭と合わせて祝うようにもなりました。有名な「長崎くんち」「唐津くんち」はその名残で、新暦の10月に開催されています。「おくんちに茄子を食べると中風にならない」と言われています。焼き茄子や茄子の煮びたしが人気だったようです。江戸時代から重陽の節句に栗ごはんを食べる習わしがあり、「栗の節句」とも呼ばれています。
posted by もりぞー at 09:23| Comment(0) | 歴史文化分野