2017年08月31日

明日(9月1日)は二百十日(にひゃくとおか)

 二百十日は、雑節の一つで、立春から数えて210日目の日をいいます。この頃は稲が開花する重要な時期ですが、農作物に大きな影響を与える台風に見舞われることも多い時期です。そこで、過去の経験から農家にとって油断のならないこの日を「厄日」とされるようになりました。旧暦8月1日の「八朔(はっさく)」、「二百十日」、「二百二十日」を農家の三大厄日としています。
 現在のように台風の予測ができなかった時代、人々はこの日を恐れて警戒し、風を鎮める祭りを行って収穫の無事を祈るようになりました。先人たちの経験に基づいた生活の知恵が暦となっているのです。また、農作物を風雨の被害から守るため、各地で風鎮めの儀式や祭が行われていて、風祭りもその一つです。
weathermap00[3].jpg

posted by もりぞー at 16:23| Comment(0) | 歴史文化分野

ひょうごの生物多様性保全プロジェクトに認定されました

 29日。兵庫県主催の「ひょうごの生物多様性保全プロジェクト団体活動発表会」が神戸市で開催されました。その中で、自然と文化の森協会が取り組んでいる「猪名川自然林や藻川、農地などでの取り組み」が、地域の生物多様性・生態系を保全する取り組みであるとして兵庫県が推進する「ひょうごの生物多様性保全プロジェクト」として認定され、兵庫県知事からの認定証を交付していただきました。
生物多様性プロジェクト認定証.jpg
 自然と文化の森協会:佐藤会長が活動報告をおこない、多くの参加者に取り組みを伝えました。報告後の質疑では、一般募集イベントに多くの参加者があることや小学校3年生の環境体験学習で多くの学校を受け入れていることに賞賛の声をいただきました。
IMG_3743.JPG
 展示したパネルにも多くの方が見入られ、都市部における「猪名川自然林や藻川、農地などでの取り組み。子ども達が参加する猪名川キッズクラブの活動」に大きな関心を持っていただきました。
IMG_3738.JPG
posted by もりぞー at 09:02| Comment(0) | イベント案内

クロウリハムシ〜ウリの葉を食べる黒い虫〜

 甲虫目ハムシ科の昆虫です。体長は6〜7mmくらいの大きさで、上翅と脚は黒色で、頭部と胸部は赤みがかった黄色をしています。4〜10月に発生し、本州・四国・九州・沖縄に広く分布しています。
 ハムシは、名前の通り「葉を食べる虫」という意味です。クロウリハムシは、「翅が黒色で、ウリの葉を好んで食べる虫」という意味で、生態そのままの名前がついています。
クロウリハムシ.JPG
 林縁、草原、畑と、あらゆる環境に生息し、人家周辺でも見られる普通種です。カラスウリ類の葉を好んで食べ、他にダイズ、エノキ、シソなども食べます。幼虫は地中にいてウリ類の根を食べて育ち、成虫で越冬します。春から夏にかけて主にキュウリ等のウリ科植物に出現し、幼虫は根を食い荒らし、成虫は葉を食い荒らすので害虫となっています。
 摂食の際、まず、葉を円形に傷つけ、円形の中の葉を食べます。これを「トレンチ行動」といいます。植物が出す防御物質(苦味や粘性がある)の流入を遮断する効果があると考えられていますが詳細は不明です。
posted by もりぞー at 09:38| Comment(0) | 猪名の里の生き物たち

猪名川水環境交流会2017に参加しました

 28日。国土交通省猪名川河川事務所主催の猪名川水環境交流会が、川西市のアステ川西・アステホールでおこなわれました。
IMG_3704.JPG
 体験方式のフェスタということで自然と文化の森協会にも参加要請があり、猪名川が造った猪名川自然林の素材を使った自然遊びのブース(木の葉笛を鳴らそう・松ぼっくりのけん玉を作ろう・木の枝ブローチを作ろう)でスタッフ4人が参加しました。たくさんの方に参加いただいて、用意した材料がお昼過ぎにはなくなるほどの盛況でした。
IMG_3716.JPG
 自然と文化の森協会の会員さんが撮影された猪名川の野鳥写真もパネル展示されていました。参加された多くの皆さんに猪名川・藻川の素晴らしさを伝えることが出来ました。
IMG_3719.JPG
 猪名川キッズクラブの4人の子ども達が、たくさんのお客さんの前で、藻川や猪名川自然林での活動の様子を発表しました。司会者のインタビューにも、しっかり答えていました。
IMG_3727.JPG

posted by もりぞー at 19:04| Comment(0) | 水辺分野

水辺で楽しもう2017:藻川でオオブタクサの駆除&魚捕り&川流れ(9/3)ご案内

 9月の水辺で楽しもうは、河川敷の特定外来植物の駆除と藻川での魚捕りや川遊びです。外来植物駆除ボランティアとして藻川の河川敷に生えるオオブタクサの抜き取りをして、藻川河川敷の生態系の保全にかかわります。水泳をしても良いほどにきれいになった藻川の流れで、ライフジャケットを着けて川流れも楽しみます。藻川で夏の終わりを楽しみながら、藻川の素晴らしさを感じてください。
 藻川での水に入ってのイベントは、今回が今年の最後になります。当日参加もOKですが、できるだけ事前の申し込みをお願いします。
9.3水辺2.jpg
※ 水辺で楽しもうは、(公財)琵琶湖・淀川水質保全機構「琵琶湖・淀川こども水質保全活動助成」を受けて実施します。また、BYスタンプラリーの対象イベントです。
posted by もりぞー at 08:36| Comment(0) | イベント案内