2017年07月18日

黄色いドジョウを発見♪♪

 先日の水辺で楽しもうでたくさんのドジョウを捕まえましたが、その中に体が黄色いドジョウが1匹混じっていました。突然変異で黒色の色素がないアルビノと呼ばれる個体です。
 人間をはじめ、多くの動物はメラニン色素(黒色色素)が体色の元になっており、そのメラニン色素(黒色色素)がない(アルビノ)個体は毛髪なども含めて体全体が白くなります。目の瞳孔にもメラニン色素が無いので血管がそのまま見えてしまい、目が赤く見えます。
 ドジョウはメラニン色素(黒色色素)だけでなく黄色い色素も持っているため、黒色は抜けても黄色い色素が残っているのでドジョウの体の色は黄色く見えます。目は赤色です。
IMG_3390.JPG

posted by もりぞー at 13:15| Comment(0) | 猪名の里の生き物たち

自然林で楽しもう2017:神秘的なセミの羽化に立ち会おう(7/21)にご参加ください

 7月の自然林で楽しもうは、日本自然保護協会の「全国一斉わぉ!わぉ!自然かんさつ会〜セミのくらし〜」として、猪名川公園・猪名川自然林で7/21と7/30の2回実施します。
一斉観察会ちらし-002.jpg
 1回目の7/21は、セミの羽化の観察会です。クマゼミやアブラゼミは、夏に木の枝に産み付けられた卵が次の年の初夏に幼虫になり、幼虫は地面にもぐって木の根から栄養を吸いながら6年くらいかけて育ちます。長い間土の中で過ごした幼虫は、陽が沈み始めると土の中からはい出し木に登り始めます。じっと動かなくなると、背中が割れ白い体が逆さまになって顔を出します。セミの羽化のスタートです。神秘的なセミの羽化を、ぜひ ご覧ください。
 また、パークマネジメント尼崎・猪名川公園管理事務所のご協力で、ブラックライトで虫を集める「ライトトラップ」もおこないます。街の中にある猪名川自然林(猪名川公園)で、どんな虫たちが夜の光に集まってくるのでしょうか? みんなで虫たちを確認し合いたいと思います。夏休みの自由研究にもピッタリです!!
※パークマネジメント尼崎・猪名川公園管理事務所のご協力で、参加者は猪名川公園駐車場が使用(19:10〜21:00)できます。

7.21セミの羽化案内.jpg
posted by もりぞー at 09:15| Comment(0) | イベント案内