2017年07月12日

水辺で楽しもう2017:農業用水路でドジョウやザリガニをさがそう(7/16)にご参加ください

 7月2回目の水辺で楽しもうは、田能を流れる農業用水路でドジョウやザリガニをさがします。田能の大倉池から流れ出る農業用水路は、田能や東園田の田畑の水として使われています。まだ多くの田畑が残るこの地域では、農業用水路は大切な水の通り道です。
 農業用水路は田畑を潤すだけでなく、多くの生き物たちの生息場所でもあります。アメリカザリガニは外来種の生き物ですが、絶滅危惧種に指定されているドジョウも多数生息しています。コンクリート3面張りの水路で、小さな子ども達にも安全です。水路の生き物探しを楽しみましょう。
 この活動は、(公財)琵琶湖・淀川水質保全機構「琵琶湖・淀川こども水質保全活動助成」を受けて実施します。当日参加もOKですが、できるだけ事前の申し込みをお願いします。参加される方は、園和北小学校の南門側からおいでください。ケーブルテレビのベイコムさんが取材に来られる予定です。

7.16水路でドジョウ.jpg
posted by もりぞー at 16:52| Comment(0) | イベント案内

環境体験学習2017:尼崎市立園田東小学校が藻川で生き物観察

 11日。藻川の下流、猪名川と合流するところにある尼崎市立園田東小学校3年生26人が、学校の前から田能口まで路線バスに乗って藻川:中園橋にやって来ました。自然と文化の森協会から6人がスタッフとして参加し、子ども達の活動を支援しました。
IMG_3333.JPG
 藻川に入っての魚捕りや生き物観察などをおこないます。「水に入ったら気持ちがいい!」と嬉しそうです。ウキゴリやチチブがたくさん捕まりました。ウナギ、テナガエビ、ヌマエビ、モクズガニ、ヤゴ(ハグロトンボ、コオニヤンマ、イトトンボ)、アメンボ、オタマジャクシも見つけました。
IMG_3338.JPG
 投網の実演では、アユ、オイカワ、ニゴイ、マハゼ、ブラックバスがアミに入りました。ブラックバスやウシガエルのオタマジャクシから、外来生物についても解説することができました。
IMG_3337.JPG
 先日の雨で藻川はまだ増水していましたが、子ども達の人数が少なかったので、岸辺でも魚を捕まえて十分楽しんでもらうことが出来ました。増水時の川の流れの速さも体感してもらえました。捕まえた生き物の一部は持ち帰って、学校の池で飼育するということでした。
IMG_3332.JPG

posted by もりぞー at 09:12| Comment(0) | 体験学習