2017年07月10日

キッズクラブが、自然林で松葉サイダー作りにチャレンジ

 9日は、猪名川キッズクラブだけでの活動でした。開始前には小雨が降ったりしており、4家族だけの参加でした。スタッフを含めて15人で自然を楽しみました。
最初に、猪名川公園の松の葉をいただきます。子ども達も高枝切りハサミで頑張って松葉を取ります。
IMG_3297.JPG
 自然林に戻って松葉をはずし、根元を切り取ってきれいに洗って、ペットボトルにぎっしり詰めていきます。手に松のヤニがついてべたべたしたり、松葉の先で指を突いたりと苦労しました。
IMG_3299.JPG
 砂糖水を入れて今日の作業終了です。3日ほど日光に当てると松葉の酵母菌が発酵して炭酸ガスを出して、サイダーに変身です!? どんなサイダーが出来るのでしょうか? 楽しみです♪♪
IMG_3304.JPG
 団子粉と豆腐を使っての団子作りは何度もしているので慣れたものです。年長の子が最初にしっかりとこねてまとめてくれます。小さな子たちはそれを一口大に丸めていきます。今日はみたらしのたれも作ってみたらし団子にして食べました。
IMG_3306.JPG
 みたらし団子を食べた後は自然林を自由に探検して、ヨコヅナサシガメ、ゴミムシダマシ、シャクトリムシ、ダンゴムシ、ハチの巣、キノコ(サルノコシカケ、カワラタケ)など、たくさんの生き物達を見つけることができました。
IMG_3298.JPG
posted by もりぞー at 14:08| Comment(0) | 猪名川キッズクラブ

猪名川自然林の緩衝帯で草刈り作業

 9日。自然と文化の森協会体験事業部会のスタッフが、子ども達の環境体験学習などで活動の場所として使用する猪名川自然林の緩衝帯で草刈りをおこないました。一雨降るごとに草が生え、草丈も伸びていきます。草刈り作業によって、猪名川キッズクラブの子ども達にも活動しやすくなりました。
 同じ緩衝帯でも、活動に使わない部分(活動に使う部分は全体のほんの少しです)は、猪名川自然林の林縁としての形を残すために、草刈り等は最小限にとどめています。
IMG_3291.JPG
posted by もりぞー at 08:09| Comment(0) | 緑分野