2017年07月22日

パークマネジメント尼崎:公園ぷらす〜イベント案内〜

 猪名川自然林や猪名川公園でのイベントでお世話になっているパークマネジメント尼崎さんから、7・8・9月の公園イベント案内が届きました。猪名川公園では、マイ箸づくり(8/20)・藍染教室(8/27)などの催しも計画されています(参加申し込みが必要です。参加希望の方は直接お申し込みください)。

IMG_20170722_0001.jpg

IMG_20170722_0002.jpg
posted by もりぞー at 13:07| Comment(0) | イベント案内

こども北摂里山探検隊:ふれあいの径の森を探検だ!(8/6)ご案内

 兵庫県阪神北県民局・北摂里山博物館運営協議会から、「第3回こども北摂里山探検隊〜カブトやクワガタ、美麗チョウに出会いたい!ふれあいの径の森を探検だ!〜」の参加者募集案内が届きました。
 参加を希望される方は、直接 主催者にお申し込みください。

8.6こども北摂里山・表.jpg

8.6こども北摂里山・裏.jpg
posted by もりぞー at 09:08| Comment(0) | イベント案内

水辺で楽しもう2017:藻川で魚捕り&川流れ(8/6)ご案内

 8月の水辺で楽しもうは、藻川に入って魚や水生生物を捕まえます。藻川・中園橋付近の水質は、清流といわれるほどのきれいな水質になっています。海から戻って来たアユや、きれいな水にしかすまないトビケラの仲間も見られます。
 水泳をしても良いほどにきれいになった藻川の流れで、ライフジャケットを着けて川流れも楽しみます。藻川で夏の一日を楽しみながら、藻川の素晴らしさを感じてください。当日参加もOKですが、できるだけ事前の申し込みをお願いします。
※ 水辺で楽しもうは、(公財)琵琶湖・淀川水質保全機構「琵琶湖・淀川こども水質保全活動助成」を受けて実施します。また、BYスタンプラリーの対象イベントです。

8.6水辺:川流れ.jpg
posted by もりぞー at 00:03| Comment(0) | イベント案内

2017年07月20日

みんなの尼崎大学:サマーセミナー(8/5)ご案内

 尼崎市・尼崎市教育委員会の主催で、8月5日・6日に「みんなの尼崎大学:サマーセミナー」が尼崎双星高等学校を会場におこなわれます。
自然と文化の森協会も、「食べて遊んで尼崎が誇る自然と文化を学ぼう」と題して一日目に講義をおこないます。園田地域に残る尼崎が誇るべき川や林の自然、農地を紹介する講義と、それらを直に感じてもらえる体験コーナー「藻川の魚を食べてみる・猪名川自然林の草木で笛を鳴らす・田能の里芋の露で墨絵や書を書く・顕微鏡で生き物の不思議を発見など(予定)」をおこないます。
8.5サマセミ:プログラム表.jpg

【自然と文化の森協会の発表】
◎8月5日(土)1時間目(9:30〜10:20)。3階325教室。
☆自然と文化の森・猪名の里の紹介[尼崎でここにしかない物]。アユなどの藻川の魚試食。田能のさといも展示・田能の里芋の露で墨絵や書を書く。顕微鏡で生き物の不思議を発見。猪名川自然林の草木で笛を鳴らす。などを予定
☆参加いただいた方には、小冊子『ようこそ自然と文化の森:猪名の里へ』をプレゼント。
☆園田のまちの自然や農業、歴史文化に興味のある方のおいでをお待ちしています。


posted by もりぞー at 00:06| Comment(0) | イベント案内

2017年07月19日

水辺で楽しもう2017:藻川の水生生物調査(7/23)にご参加ください

 7月3回目の水辺で楽しもうは、国土交通省近畿地方整備局猪名川河川事務所の「猪名川の愛護セミナー」への協賛イベントとして実施します。
aigo_01[1].jpg
 藻川に入って魚や水生生物を捕まえます。魚やエビ・カニなどだけでなく、トビケラやカワゲラなどの水生昆虫の幼虫も捕まえて、水生生物から藻川の水質を考えます。また、河川敷に生えるアレチウリやオオブタクサなどの特定外来植物の抜き取り(駆除活動)もおこないます。藻川河川敷の生態系を守るボランティア活動です。みんなで藻川のすばらしい生態系を守りましょう。
 ※水辺で楽しもうは、(公財)琵琶湖・淀川水質保全機構「琵琶湖・淀川こども水質保全活動助成」を受けて実施します。当日参加もOKですが、できるだけ事前の申し込みをお願いします。

7.23水辺.jpg
posted by もりぞー at 12:52| Comment(0) | イベント案内

2017年07月18日

黄色いドジョウを発見♪♪

 先日の水辺で楽しもうでたくさんのドジョウを捕まえましたが、その中に体が黄色いドジョウが1匹混じっていました。突然変異で黒色の色素がないアルビノと呼ばれる個体です。
 人間をはじめ、多くの動物はメラニン色素(黒色色素)が体色の元になっており、そのメラニン色素(黒色色素)がない(アルビノ)個体は毛髪なども含めて体全体が白くなります。目の瞳孔にもメラニン色素が無いので血管がそのまま見えてしまい、目が赤く見えます。
 ドジョウはメラニン色素(黒色色素)だけでなく黄色い色素も持っているため、黒色は抜けても黄色い色素が残っているのでドジョウの体の色は黄色く見えます。目は赤色です。
IMG_3390.JPG

posted by もりぞー at 13:15| Comment(0) | 猪名の里の生き物たち