2017年05月16日

虫こぶ:エドヒガンハベリフクロフシ〜サクラハベリフシアブラムシの虫こぶ〜

 サクラハベリフシアブラムシの幼虫がエドヒガンザクラに造った虫こぶで、エドヒガンハベリフクロフシと呼ばれる虫こぶです。「エドヒガンザクラのハ(葉)のヘリ(ふち)に、葉の裏側に向けてフクロ(袋)状に巻いてついたフシ(むしこぶ)」という意味です。
IMG_2879.JPG
 5〜6月に虫こぶから成虫は出ていき、ヨモギに移動します。ヨモギの地下茎の先端でヨモギから汁を吸い、アリと共生します。秋に再びサクラに戻ってきます。
IMG_2877.JPG
posted by もりぞー at 13:30| Comment(0) | 猪名の里の生き物たち

猪名川自然林緩衝帯の草刈り

 自然と文化の森協会は、小学校の環境体験学習や猪名川キッズクラブを始めとする各種自然体験活動の実施場所として、尼崎市教育委員会から猪名川風致公園東側の市尼グランド緩衝帯を使用させていただいています。
 5月になり、先日の雨ではえている草が一気に増え、草丈も伸びていました。先日は市尼グランドでも草刈りをおこなわれていましたが、昨日は体験事業部会のスタッフで緩衝帯の草刈りをおこないました。草刈りをおこなうと、タンポポ・カタバミ・オオバコなどの背の低い植物が育ちます。小学校の環境体験学習の受け入れも間もなくスタートします。自然を学んでもらうために、少しだけ自然に手を入れました。
IMG_2913.JPG
posted by もりぞー at 00:04| Comment(0) | 体験学習