2017年05月04日

アシダカグモ〜ゴキブリを食べる大型のクモ〜

 クモ目アシダカグモ科に属するクモで、人家に生息する大型のクモとしてよく知られているクモです。体長は雌が2〜3cm、雄が1〜3cmです。全長(足まで入れた長さ)は10〜13cmもあり、足を広げた大きさはCD1枚分くらいになります。
アシダカグモ.JPG
 徘徊性で、網を張らず、歩き回って獲物を捕らえます。ゴキブリなど家の中の衛生害虫を食べる天敵としては益虫です。原産地はインドと考えられますが、全世界の熱帯・亜熱帯・温帯に広く分布しています。外来種で、日本には生息していませんでしたが、1878年に長崎県で初めて報告されています。「江戸時代にゴキブリ駆除の為に人為的に輸入した」、「輸入果物などに紛れ込んできた」という説があります。
posted by もりぞー at 00:04| Comment(0) | 猪名の里の生き物たち