2016年09月30日

第6回さようなら原発1,000人集会(10/8)ご案内

 宝塚保養キャンプ実行委員会から、第6回さようなら原発1,000人集会の案内が届きました。
 「2011年3月11日に始まる福島原発事故から5年半。命を、くらしを、絆を、故郷を、奪われた人は数え切れません。事故の後始末もいつ目途が立つのか・・・。1986年4月26日の事故から30年経つチェルノブイリ。今も放射能との終わりのない闘いが続いています。
 なのに、この国の政府は、福島への帰還政策を強引に推し進めています。汚染廃棄物を全国に拡散しようとしています。さらに、各地の原発を再稼働させ、耐用年数を超えた老朽原発すら酷使しようともしています。
 原発事故をなかったことにする政策に私たちは、抗い続けます。NO!!の声を今年もあげます」(呼び掛け文より)。
 震災復興支援ソングとしてテレビで流されてきた「花は咲く」の対極の歌に、「花は咲けども」という歌があります。原発事故での避難生活で、故郷に咲く花を見られない悔しさを歌いあげています。下記のHPなどからぜひお聞きください。
 http://shuzaikoara.blog39.fc2.com/blog-entry-456.html?sp

2016.10.8さようなら原発集会ちらし.jpg
第6回 さようなら原発1,000人集会
 〜福島事故は終わらない。帰還政策は、なんのため?〜

◎10月8日(土)13:30〜
◎いたみホール・大ホール(伊丹市宮ノ前1丁目)
◎当日券:1,000円(前売り券:800円)
※ 前売り券は福本hukumo08@bca.bai.ne.jpまでご連絡下さい。
[主催]さようなら原発1,000人集会実行委員会
posted by もりぞー at 09:19| Comment(0) | イベント案内

2016年09月29日

キッズクラブ通信No.120(10月号)を発行

 自然と文化の森協会・猪名川キッズクラブのニュース「キッズクラブ通信No.120」(10月号)を発行しました。猪名川キッズクラブは、2006年に猪名川自然林キッズサポータークラブとして発足しました。その後、自然と文化の森協会・猪名川キッズクラブと名称を変更し、藻川や猪名川、猪名川自然林での自然体験、田能の畑での農業体験、自然や季節の味覚を味わう活動などをおこなっています。環境省の「こどもエコクラブ」、琵琶湖淀川水質保全機構(BYQ)の「わくわく調査隊」の登録団体にもなっており、国土交通省猪名川河川事務所などの水質調査にも参加しています。
 「自然の中で楽しみたい! 自然を知りたい!」という子ども達が、2016年度は9月現在で39家族58人が入会(登録)し活動に参加しています(幼児や小学1・2年生の参加は、原則として保護者の参加もお願いしています)。また、家族の触れ合いの場や親御さんの交流の場としても楽しんでもらっています。猪名川キッズクラブへの入会(登録)は、随時受け付けています。
※ お問い合わせ先:福本 メールする hukumo08@bca.bai.ne.jp
キッズクラブ通信No.120食べ物のおいしい秋を楽しもう2016.10-001.jpg
キッズクラブ通信No.120食べ物のおいしい秋を楽しもう2016.10-002.jpg
キッズクラブ通信No.120食べ物のおいしい秋を楽しもう2016.10-003.jpg



posted by もりぞー at 09:34| Comment(0) | 猪名川キッズクラブ通信

2016年09月28日

10月:自然と文化の森協会&猪名川キッズクラブ:イベント&活動予定。 皆様の参加を、お待ちしています♪♪

太文字の活動は、どなたでも参加いただけます。
☆日程などが変更になる場合もあります。
☆問い合わせ・申込先:福本 hukumo08@bca.bai.ne.jp
IMG_1595.JPG
 1日(土)自然と文化の森協会幹事会
 1日(土)あまがさき環境オープンカレッジ:尼崎の公害を学ぶ講座A
    「尼崎市の公害の歴史を学ぶ」 講師:辻川 敦 氏
   13:30 塚口南地域学習館(南塚口町2)   [参加無料]
   [主催]あまがさき環境オープンカレッジ・尼崎市
    ※ 主催者への事前申し込みが必要です。電話1(プッシュホン) 06-6421-0544
 2日(日)農作業体験講座:里芋・野菜
 2日(日)水辺で楽しもう:バッタと遊ぼう&天ぷらで食べよう
   9:40 猪名川公園入口  [参加費:1人200円]
 2日(日)万葉の里・石見神楽祭
   13:00 園田北小学校体育館  [参加無料]
   [主催]万葉の里・石見神楽祭実行委員会
 9日(日)自然林で楽しもう:木の実をさがして味わおう
   9:40 猪名川公園入口   [参加費:1人200円]
 9日(日)キッズクラブ:月見団子を作って食べよう(予定)
   ※ 猪名川キッズクラブ登録者が対象の活動です。
11日(火)潮小学校:環境体験学習(藻川に親しもう)
12日(水)大島小学校:環境体験学習(藻川に親しもう)
13日(木)武庫南小学校:環境体験学習(武庫川に親しもう)
15日(土)農作業体験講座:里芋
15日(土)レンゲ畑をつくろう:レンゲの種まき
   ※ 森協会会員と猪名川キッズクラブ登録者が対象の活動です。
15日(土)キッズクラブ:サツマイモの収穫
   ※ 猪名川キッズクラブ登録者が対象の活動です。
16日(日)出会いの島(豆島)フェスタ〜秋を楽しむ〜
   10:00〜14:00 おおぞら広場
   [主催]出会いの島(豆島)プロジェクト実行委員会
17日(月)園田東小学校:環境体験学習(猪名川自然林に親しもう)
18日(火)園田小学校:環境体験学習(藻川に親しもう)
18日(火)自然と文化の森プラットフォーム:園田の自然と文化
   10:00 コミュニティルーム園田(園田支所東隣)  [参加無料]
   [主催]尼崎市園田地域振興センター
19日(水)藻川クリーン活動&草花観察会
   13:00 藻川:中園橋東詰   [参加無料]
   [主催]園田地域福祉作業所交流
20日(木)浜田小学校:環境体験学習(猪名川自然林に親しもう)
21日(金)園和北小学校:環境体験学習(猪名川自然林に親しもう)
22日(土)昆陽川を愛する会:生き物観察会(昆陽川の生き物をさがそう)
23日(日)第15回もぐもぐまつり 〜食の安全安心を考える〜
   10:00〜15:00 猪名川公園芝生広場
   ※自然と文化の森協会&キッズクラブがバウムクーヘン作りなどを出店します。
   [主催]もぐもぐまつり実行委員会
23日(日)あまがさき環境オープンカレッジ[いきもの楽]講座B
    「猪名川自然林の成り立ちと生物多様性を考える」
   9:30 猪名川公園入口   [参加費:1人100円]
   [主催]あまがさき環境オープンカレッジ・尼崎市
    ※ 主催者への事前申し込みが必要です。電話1(プッシュホン) 06-6421-0544
25日(火)園田小学校:環境体験学習(出前学習)
27日(木)潮小学校:環境体験学習(猪名川自然林に親しもう)
30日(日)猪名川自然林保全管理作業
2016.10.23もぐもぐちらし.jpg
posted by もりぞー at 09:24| Comment(0) | イベント案内

2016年09月27日

藻川の増水で、今日の環境体験学習:潮小学校は延期に。

 27日。藻川での魚捕り&生き物観察を潮小学校の子ども達と実施する予定でした。先週の台風の影響による増水が続いていた上に、日曜日の夜に降った雨のため藻川は一段と水位が増えています。
 そのため、本日の実施は出来なくなりました。6月に続いて2度目の延期になりました。
【上園橋から見た昨日の実施場所の様子】
IMG_1665.JPG
posted by もりぞー at 09:11| Comment(0) | 体験学習

水辺で楽しもう:バッタと遊ぼう(10/2)ご案内

 10月の水辺で楽しもうは、猪名川河川敷でのバッタ捕りや生き物観察です。草の短いところからは、トノサマバッタやクルマバッタモドキなどが飛びます。草の丈の長いところには、ショウリョウバッタやイナゴ、ササキリ、クビキリギスなどがいます。ヒゲが太くて短いのはバッタの仲間、ヒゲが細くて長いのはキリギリスの仲間です。10種類を超えるバッタやキリギリスの仲間が見つかります。テントウムシやカマキリも見つかるかもしれません。
 終了後、希望者は捕まえたバッタを天ぷら(から揚げ)にして試食します。ショウリョウバッタの大きなメスやトノサマバッタはとっても美味しいですよ。イナゴがたくさん捕れたら、イナゴの佃煮も作れるかもしれません。お楽しみに♪♪
2016.10.2水辺:バッタ.jpg
水辺で楽しもう:バッタと遊ぼう&天ぷらで食べよう
◎ 日時  10月2日(日) 9時40分〜12時頃
◎ 場所  猪名川公園入口 集合  (雨天中止)
◎ 内容  @ 猪名川河川敷でバッタ捕り
        A 河川敷の植物や生き物観察
        B バッタを天ぷらにして食べよう(希望者)
◎ 参加費 1人200円
◎ 持ち物 水筒。帽子。タオル。(虫かご、虫捕りアミ、軍手)
◎ 問合せ・申込先  福本 メールするhukumo08@bca.bai.ne.jp 
           佐藤 電話1(プッシュホン)070-5651-1123
posted by もりぞー at 00:04| Comment(0) | イベント案内

2016年09月26日

第13回猪名川・藻川水辺まつり:大盛況D〜藻川に浮かぶ葦船〜♪♪

 水辺まつりの様子が、毎日新聞(9月26日)の朝刊に掲載されました。藻川に浮かぶ葦船と楽しそうに葦船に乗る子ども達。子ども達を見守る葦船職人の船頭さん(NPOアカルプロジェクトの池内さん)の顔も素敵です。
2016.9.26毎日新聞:水辺まつり.jpg
posted by もりぞー at 13:31| Comment(0) | 水辺分野

第13回猪名川・藻川水辺まつり:大盛況C〜参加者は4,000人〜♪♪

 グランドには、多くの模擬店・屋台が並んでいます。焼きそば・綿菓子などには長い列ができています。美味しそうな食べ物のお店がいっぱいです。子ども達が楽しめる体験コーナーやゲームなどのお店もあります。子どもフリマも大盛況です。
IMG_1637.JPG
 中央の広場にはいつのまにか、シートやテントを広げたお客さんがいっぱいです。家族みんなで一日を楽しんでもらっていました。「まつりの参加者数は4,000人」と、主催者発表がありました。自転車の駐輪台数も、ピーク時には1,300台を超えたそうです。
IMG_1638.JPG
 そんな会場を、車いす列車が走り回ります。社会福祉法人:みんなの労働文化センターのみなさんです。電動車いすに乗っておられる方がひく車いすに子ども達が乗って、ニコニコ顔です。運行の安全管理には園田学園女子大学の学生さんがついてくださいました。
IMG_1625.JPG
 最後に、なまちゃんが藻川にもどり、佐藤実行委員長(自然と文化の森協会:副会長)からの「水辺まつりに参加いただいたみなさんありがとうございました。運営にご協力・ご支援いただきましたスタッフのみなさんありがとうございました。来年の水辺まつりでも、またお会いしましょう。そのためにも、藻川の清流復元・外来植物駆除活動などに、みんなで取り組んでいきましょう」という閉会あいさつで終了しました。来年は、カヌー・Eボート・魚捕り・手作り舟浮かべも出来ることを願っています。会場片付けが終わり、堤防の進入止の鍵をかけた時には、陽も沈んだ6時30分になっていました。
IMG_1611.JPG
posted by もりぞー at 09:26| Comment(0) | 水辺分野