2016年08月31日

宝塚保養キャンプから、お礼状が届く

 宝塚保養キャンプ実行委員会から、キャンプ成功のお礼状が届きました。毎回のキャンプでは、自然観察や自然体験活動・クラフト作りなどで猪名川キッズクラブからスタッフが協力してきました。今回は日程が合わずご一緒することが出来ませんでしたが、次回はぜひ一緒に活動できればと思います。
IMG_1451[1].jpg
 8月18〜24日に行われました夏休み宝塚保養キャンプが終了いたしましたことを、ご報告いたします。参加者は、福島市・郡山市・栃木県・千葉県・埼玉県などからの子ども12名、保護者2名でした。6泊7日のキャンプ中は大きな怪我も病気もなく、参加者は元気に過ごすことができました。皆様方のご協力に心から感謝いたします。本当に、ありがとうございました。
 キャンプ中は中学校1年生のリピーターの子どもが、何かと引っ張ってくれました。最後の終わりの会では、その子が涙する場面もありました。また、ボランティアの人達も皆で協力して子ども達を安心・安全に生活できるように頑張っていただきました。また、参加されたお母さんと避難者の方との交流会では、周りに放射能のことを話すことが出来ない苦しい胸の内をお聞きしました。
 私たちは、これからも保養キャンプを続けていきます。そして、国や行政が責任を持って保養の取り組みをおこなうように働きかける運動にも力を入れていきたいと考えています。
  2016年8月29日 宝塚保養キャンプ実行委員会
160829kyannpu2[1].jpg
第6回 さようなら原発1,000人集会
 〜福島事故は終わらない。帰還政策は、なんのため?〜
◎10月8日(土)13:30〜
◎いたみホール・大ホール(伊丹市宮ノ前1丁目)
◎当日券:1,000円(前売り券:800円)
  [主催]さようなら原発1,000人集会実行委員会
2016.10.8さようなら原発集会ちらし.jpg

posted by もりぞー at 09:06| Comment(0) | 猪名川キッズクラブ

2016年08月30日

ブチヒゲカメムシ〜白黒のぶち模様(ブチ)のヒゲをもつカメムシ〜

 カメムシ目カメムシ科の昆虫です。体調は10〜15mmくらいで、ヨーロッパから日本までの北半球に分布し、北海道・本州・四国・九州に生息しています。マメ科やキク科の植物に付き、いろいろな野菜の茎や葉などから吸汁します。ダイズ、トマト、ニンジン、ネギ、ゴボウ、ワタ、ゴマなどの害虫です。イネの穂も食害します。未熟な米、豆、野菜の種から吸汁すると、変色した成長不良な実が生じてしまいます。
ブチヒゲカメムシ.JPG
 黄褐色〜赤褐色で、背面中央部に白紋を持ちます。体側には縞模様があり、触覚(ヒゲ)が白と黒の斑(ぶち)になっているカメムシということからこの名が付いています。年2回発生し、日当りのよい枯れた草むらや落葉の間で成虫で越冬します。藻川堤防の草むらでよく見られます。幼虫は、下の写真のように成虫とは違った模様をしています。
ブチヒゲカメムシ幼虫.jpg

posted by もりぞー at 00:03| Comment(0) | 猪名の里の生き物たち

2016年08月29日

猪名川自然林保全管理作業:8月〜虫の住処つくり〜

 28日。自然と文化の森協会緑部会は、尼崎市の猪名川自然林保全管理方針にしたがって猪名川自然林の保全管理作業をおこなっています。8月の定例作業は、これまでと少し違って虫の住処つくりです。
 猪名川公園で伐採されて放置されていたエノキやアキ二レなどの太い木(幹など)を数十本いただき、猪名川自然林の林縁に運びました。
IMG_1478.JPG
 木が新しいうちは、タマムシ・クワガタ・カミキリムシなどが卵を産み幼虫が育つベッドになります。キクラゲもはえてきます。そのあと少し木の腐食が始まると、ゴミムシダマシなどの仲間の住みかや幼虫のベッドになります。最後まで木の腐食が進んでいくと、カブトムシの幼虫が育つベッドになります。
 枯れた木や伐採された木も、虫たちにとっては大切な住かでありベッドです。タマムシが飛び、以前のようにクワガタやカブトムシがすむ猪名川自然林の再生も目指しながら、保全管理作業をおこなっています。
IMG_1480.JPG

posted by もりぞー at 09:27| Comment(0) | 緑分野

2016年08月28日

9月:自然と文化の森協会&猪名川キッズクラブ:イベント&活動予定。 皆様の参加を、お待ちしています♪♪

太文字の活動は、どなたでも参加いただけます。
☆日程などが変更になる場合もあります。
☆問い合わせ・申込先:福本 メールする hukumo08@bca.bai.ne.jp
ヒガンバナ5.JPG
 3日(土)自然と文化の森協会幹事会
 4日(日)農作業体験講座:里芋・野菜
 4日(日)水辺で楽しもう:藻川で魚捕り&川流れ
    9:40 藻川:中園橋河川敷  [参加費:1人200円]
 5日(月)園田北小学校:環境体験学習[藻川に親しもう]
 7日(水)武庫小学校:環境体験学習[武庫川に親しもう]
 8日(木)園田小学校:環境体験学習[藻川に親しもう]
 9日(金)小園小学校:環境体験学習[藻川に親しもう]
11日(日)樹木図鑑作成講座H:図鑑作りのまとめ
    9:30 園田地区会館    [参加費:1人200円]
11日(日)自然林で楽しもう:猪名川自然林の不思議発見・観察ウォーク
    9:40 猪名川公園入口   [参加費:1人200円]
11日(日)キッズクラブ:葦(あし)のクラフトを作ろう(予定)
   ※ 猪名川キッズクラブ登録者が対象の活動です。
15日(木)園田東小学校:環境体験学習[藻川に親しもう]
16日(金)難波の梅小学校:環境体験学習[藻川に親しもう]
17日(土)農作業体験講座:里芋
18日(日)わがまち再発見歴史ウォッチング:田能のまちを歩く
    13:30阪急園田駅1階 13:45田能口バス停 [参加費:1人200円]
18日(日)あまがさき環境オープンカレッジ[いきもの楽]講座A
   「藻川河川敷の生き物と生物多様性を考える」
     9:30 藻川:中園橋河川敷   [参加費:1人100円]
     [主催]あまがさき環境オープンカレッジ・尼崎市
    ※ 主催者への事前申し込みが必要です。電話1(プッシュホン) 06-6421-0544
20日(火)自然と文化の森プラットフォーム:園田の歴史と文化
    19:00 園田地区会館     [参加無料]
    [主催]尼崎市園田地域振興センター
21日(水)藻川クリーン活動&草花観察会
    13:00 藻川:中園橋東詰   [参加無料]
    [主催]園田地域福祉作業所交流
24日(土)水辺まつり準備
     9:00 藻川:中園橋河川敷
25日(日)第13回 猪名川・藻川水辺まつり 
     9:00 藻川:中園橋河川敷  [参加無料] 
    [主催]猪名川・藻川水辺まつり実行委員会
第13回A4水辺ポスター試作5.jpg
posted by もりぞー at 14:01| Comment(0) | イベント案内

2016年08月27日

体験学習のスタッフが研修会に参加しました

 26日。自然と文化の森協会で小学校の環境体験学習や親子体験活動に参加しているスタッフのうち3名が、あまがさき環境オープンカレッジでおこなわれた尼崎市環境創造課主催の「課題のとらえ方をまなぶ、小学生向け講座のコツを知る」というテーマでの講座に参加し、体験学習スタッフの研修をおこないました。
IMG_1471.JPG
 第1部では「社会的課題のとらえ方」と題して、イベントや事業におけるターゲットの絞り方やニーズを考える時に必要な要素を学びました。第2部では「子ども達への伝え方と小学校での環境活動について」と題して、小学生を対象としたイベントや講座における伝え方のコツ(全員と目が合うまで話さない。前置きも時には必要。ながら説明は×。聞きたくなる仕掛けを入れる。あくまでも指導者として)。現在、市内の小学校で行われている環境教育や小学校と連携する際の留意点などをお聞きしました。今後の活動に活かしていきたいと思います。
IMG_1473.JPG
あまがさき環境オープンカレッジの講座:ご案内
第1回 「公害の原点を学ぶ」
◎ 日時  9月 3日(土) 13時30分〜15時30分
◎ 内容  足尾鉱毒事件について学び、公害問題発生の仕組みや構造を考えます。
◎ 場所  塚口南地域学習館 (尼崎市南塚口町2-31-26)
◎ 参加費 無料
◎ 問合せ・申込先 あまがさき環境オープンカレッジ 06-6421-0544
posted by もりぞー at 00:03| Comment(0) | 体験学習

2016年08月26日

ナガメ 〜菜の花につくカメムシ〜

 カメムシ目カメムシ科の昆虫です。体長は6〜10mmくらいで、中国、日本(北海道から九州)に分布し、平地から山地にかけての草地に生息し、都市郊外にも普通に分布しています。幼虫・成虫ともにアブラナ科の植物を食草にしています。和名は「菜の花につく亀虫」の意味で、アブラナ科の植物に集まることから名づけられました。
ナガメ1 (2).JPG
 成虫は、カップルでいるのをよく見かけます。 人の気配を感じると葉の裏に隠れますが、捕まえるのは意外に簡単です。危険が迫ると大量の臭気を出します。猪名川や藻川の河川敷でセイヨウカラシナが咲くころには、花やつぼみに多く見られます。成虫で越冬します。幼虫は、下の写真のように成虫とは違った模様をしています。
ナガメ幼虫IMG_1054.JPG

posted by もりぞー at 00:02| Comment(0) | 猪名の里の生き物たち

2016年08月25日

あまがさきに住もうネット」で「尼崎に残る自然の魅力!」として自然と文化の森(猪名の里)を紹介♪♪

 尼崎市 住宅・住まいづくり支援課のホームページ「あまがさきに住もうネット」に「尼崎に残る自然の魅力!」として自然と文化の森(猪名の里)の楽しみ方が掲載されました。自然と文化の森協会や猪名川キッズクラブの活動をもとに、「尼崎に残る自然の魅力!」として春夏秋冬の季節ごとの楽しみ方を「藻川エリア」「猪名川エリア」に分けて写真で様子を紹介し、地図でおおよその場所も表示されています。
尼崎に残る自然の魅力(案)第3稿.jpg
 下記のアドレスから「尼崎に残る自然の魅力!」を見ていただき、自然と文化の森(猪名の里)の自然のすばらしさ・楽しさをご覧ください。そして、ぜひ 親子で足を運んでください。自然と文化の森協会や猪名川キッズクラブでは、親子で自然に親しみ・楽しんでいただくイベントを毎月企画し、ブログでも案内しています。
 遠くまで行かなくても、尼崎の中にも身近に親子で自然と触れ合える場所があります。尼崎も捨てたものではありません。尼崎に残る自然の魅力を一緒に味わいましょう。みなさまの参加をお待ちしています。
尼崎に残る自然の魅力(案2.jpg

※尼崎市あまがさきに住もうネット http://www.amagasaki-ni-sumou.net/ 
※尼崎に残る自然の魅力!
     http://www.amagasaki-ni-sumou.net/sumoubu/club/6.html
◎自然と文化の森協会・猪名川キッズクラブ
     イベント等問い合わせ先  福本 メールする hukumo08@bca.bai.ne.jp

posted by もりぞー at 09:46| Comment(0) | 猪名川キッズクラブ