2016年07月31日

クマゼミ 〜日本最大のセミ〜

 黒っぽい体に透明の翅を持つ日本最大のセミで、シャンシャンシャンと大きな声で鳴きます。セミの仲間は、カメムシ目セミ科に分類されます。クマゼミは西南日本に多く、都心部の公園や街路樹ではクマゼミが一番普通に見られます。羽化してから数日までの個体は、背中側が金色の微毛で覆われています。しかし、日数を経た個体では美しい毛は脱落していきます。
IMG_0624.JPG
 最近は関東地方などにも分布を広げています。また、植木についた幼虫が運ばれた先で発生することもよくあります。クマゼミの生息分布を調査すると、気候の温暖化による生息域の拡大というだけでは、説明しきれないこともあるようです。
posted by もりぞー at 13:27| Comment(0) | 猪名の里の生き物たち

2016年07月30日

近畿「子どもの水辺」交流会:第2回実行委員会開催

 29日。大阪府公館で、第10回近畿「子どもの水辺」交流会の第2回実行委員会が開催されました。交流会は、近畿各府県(滋賀県・京都府・奈良県・大阪府・兵庫県・和歌山県・三重県・福井県)、国土交通省近畿地方整備局、河川財団、近畿建設協会、近畿の水辺で活動しているNPOや市民団体が実行委員会を結成して運営をおこなっています。
 第10回交流会は兵庫県が開催県で、自然と文化の森協会・猪名川キッズクラブの福本が交流会の会長を、兵庫県総合治水課が事務局を務めています。現在、大学生の若手スタッフと共に企画会議をおこない、第10回交流会の企画を進めています。近畿「子どもの水辺」交流会は、身近な水辺活動を広く発信するもので、水辺での関心、上下流・府県間など水辺に関わる子ども達の交流を深め、地域ぐるみの水辺活動の継続・広がりを共につくり、守り、育てることを目指しています。
 水辺で活動している団体・個人の参加(小中学生)を募集しています。詳しくは下記の兵庫県HPをご覧ください(これまでの様子や発表団体なども確認いただけます)。
 https://web.pref.hyogo.lg.jp/wd15/wd15_000000070.html
2_H28参加者募集チラシ(更新用)-001.jpg
posted by もりぞー at 00:19| Comment(0) | 猪名川キッズクラブ

2016年07月29日

宝塚保養キャンプ 〜第10回 遊ぼう!夏休み!〜

 8月18日(木)〜24日(水)まで、宝塚保養キャンプが多くの人のカンパとボランティア参加に支えられておこなわれます。福島原発事故から5年。今もなお放射線量の高線量下で暮らす子ども達(それほど高線量地域でなくとも、ピンポイントホットスポットがはいたるところにある)が、たとえ1週間でも低線量地域で生活することによって、体内から放射物質を排泄することが大切といわれています。チェルノブイリでは27年たった今でも、行政が地域・学校ごと保養施設で年に数週間、保養したり学んだりしています。
 福島では、甲状腺がんの子どもがすでに163人となっています。国や福島県は原発事故が原因であることを絶対に認めないだけでなく、サテライト保養(学校ごとの保養)など子ども達の命と健康を守るための対策を一切行わず、高線量地に放置し、帰還政策をごり押ししています。政府・行政による犯罪行為といわねばなりません。といって、批判しているだけでは子どもたちの命や健康は守れません。全国各地の市民の力で、保養キャンプを充実・拡大・維持していくことがますます重要になると思います。[呼び掛け文より抜粋]
2016夏:宝塚キャンプちらし.jpg
 自然と文化の森協会・猪名川キッズクラブは、保養キャンプに参加した子ども達への自然体験活動の支援を中心に毎回の受け入れに協力しています。
posted by もりぞー at 10:16| Comment(0) | 猪名川キッズクラブ

2016年07月27日

水辺で楽しもう:藻川で魚捕り&川遊び(8/7)ご案内

 暑い夏です。藻川に入って、タモ網で魚や生き物探しを楽しみましょう。ウキゴリやヨシノボリなどの魚、カニやエビの仲間、トビケラやヤゴなどの水生昆虫、シジミやイシマキガイなどの貝の仲間、いろいろな生き物達が見つかります。
IMG_0506.JPG
 藻川・中園橋付近の水質は、水泳をしても良いくらいきれいになっています(国土交通省近畿地方整備局猪名川河川事務所の水質調査結果より)。希望者は、ライフジャケットを着けての川流れも楽しみたいと思っています。
IMG_0509.JPG
水辺で楽しもう:藻川で魚捕り&川遊びをしよう
◎ 日時  8月7日(日) 9時40分〜11時40分
◎ 場所  藻川中園橋河川敷 集合  (雨天中止)
◎ 内容  @藻川に膝まで入って魚捕り&生き物さがし
      A捕れた生き物の観察
      Bライフジャケットを着けて川流れ(希望者)
◎ 参加費 1人200円
◎ 持ち物 水筒。帽子。タオル。水に入れる靴。入れ物。
      (濡れてもよい服装・着替え。ライフジャケット)
◎ 問合せ・申込先  福本 hukumo08@bca.bai.ne.jp 
              090-4030-3833
posted by もりぞー at 18:48| Comment(0) | イベント案内

2016年07月26日

8月:自然と文化の森協会&猪名川キッズクラブ:イベント&活動予定。 皆様の参加を、お待ちしています♪♪

太文字の活動は、どなたでも参加いただけます。
☆日程などが変更になる場合もあります。
☆問い合わせ・申込は、福本(メールする hukumo08@bca.bai.ne.jp)へ。
ヒルガオ.JPG
 6日(土)自然と文化の森協会幹事会
 7日(日)農作業体験講座:里芋・野菜
 7日(日)水辺で楽しもう:藻川で魚捕り&川遊び
   9:40 藻川:中園橋河川敷  [参加費:1人200円]
 7日(日)大人も川ガキになろう@藻川
   ※水辺まつり実行委員会関係者が対象です。
14日(日)自然林で楽しもう:セミやキリギリスをさがそう
    9:40 猪名川公園入口   [参加費:1人200円]
14日(日)キッズクラブ:ヒロシマでの被爆体験を聞こう。
   ※ 猪名川キッズクラブ登録者が対象の活動です。
16日(火)自然と文化の森プラットフォーム:園田の自然と文化
   10:00 コミュニティルーム園田  [参加無料]
   [主催]尼崎市園田地域振興センター
17日(水)藻川クリーン活動&草花観察会
   13:00 藻川:中園橋東詰   [参加無料]
   [主催]園田地域福祉作業所交流
20日(土)農作業体験講座:里芋
21日(日)田能の田んぼと水の恵みに触れ、木陰でお弁当を食べよう
    9:40 農業公園入口     [参加費:1人200円]
21日(日)自然と文化の森協会拡大幹事会&会員懇談会
28日(日)猪名川自然林保全管理作業
posted by もりぞー at 12:30| Comment(0) | イベント案内

2016年07月25日

アブラゼミ 〜日本を代表するセミ〜

 セミの仲間は、カメムシ目セミ科に分類されます。アブラゼミは、北海道から九州まで広く分布する日本の代表的なセミです。世界のセミの仲間の多くは透明の羽を持ち、アブラゼミのように羽が褐色で全体が不透明な羽を持つセミは世界でも珍しいセミです。
アブラゼミ2.JPG
 アブラゼミという名前の由来は、羽が油紙を連想させるため名付けられたという説や、鳴き声が油を熱した時に撥ねる音に似ているために名付けられたという説とがあります。
 かつては全国でアブラゼミは代表的なセミでしたが、都市化による空気の乾燥は、アブラゼミにとって不利な条件になるようで、都市部では生息場所に偏りが出てきているようです。猪名川自然林には、周辺部よりは多く生息しているようです。
posted by もりぞー at 19:48| Comment(0) | 猪名の里の生き物たち

2016年07月24日

あまがさき環境オープンカレッジ[いきもの楽]講座@〜生物多様性と藻川の水生生物〜

 24日。あまがさき環境オープンカレッジと尼崎市が主催の[いきもの楽]講座@を、自然と文化の森協会がコーディネートして実施しました。尼崎にも豊かな自然が残っていることや、生物多様性についてみんなで考えることを目的に開催される講座の1回目です。
 最初に、尼崎市の生物多様性ガイドラインにもとづき、生物多様性に意味や尼崎の自然について尼崎市環境創造課の山本さんから資料をもとにお話いただきました。
IMG_1364.JPG
 パックテストの試薬を使って、水質調査体験です。藻川の水量が少なかったためか、通常よりもCODの値が悪くなっていました。通常は、COD値が1程度の「きれいな水」になっています。
IMG_1365.JPG
 藻川に入ってタモ網を使っての魚や水生生物さがしです。ウキゴリ・チチブ・ウナギ・ヨシノボリなどがアミに入り、投網の実演では、アユ・オイカワ・カマツカ・ボラなどが捕まりました。コオニヤンマのヤゴやヒゲナガトビケラの幼虫など、きれいな水に棲む水生昆虫も見つかりました。
IMG_1369.JPG
 最後に、捕れた生き物の観察をおこない、魚だけでも10種類も観察することができました。藻川の生体系についての解説を自然と文化の森協会の佐藤副会長からおこないました。第2回の講座は、9月18日(日)に藻川河川敷の生き物について考えます。
IMG_1372.JPG
posted by もりぞー at 15:59| Comment(0) | 体験学習