2019年01月21日

水辺で楽しもう2018:冬の野鳥や生き物観察(2/3)ご案内

 2月の水辺で楽しもうは、猪名川公園・猪名川自然林や猪名川河川敷での自然観察です。昨年は、シジュウカラ、ヒヨドリなどのおなじみの鳥から、利椎冨池では宝石のように輝くカワセミの姿も見られました。サクラの木のすき間には集団で冬越しをしているサシガメ(カメムシの仲間)も見つかりました。今年はどんな生き物達が見られるでしょうか?
2.3野鳥観察案内.jpg  2.3水辺:野鳥.jpg
 どなたでも参加いただけます。当日参加もOKですが、できるだけメールで事前の申し込みをお願いします。この活動は、(公財)琵琶湖・淀川水質保全機構「琵琶湖・淀川こども水質保全活動助成」を受けて実施します。また、BYスタンプラリーの対象イベントです。BYスタンプ台紙をお持ちの方は当日押印します。お持ちでない方は当日の受付でお申し出ください。
◎ 問い合わせ&申し込み先:自然と文化の森協会・福本 hukumo08@bca.bai.ne.jp

posted by もりぞー at 09:27| Comment(0) | 水辺分野

2019年01月19日

環境体験学習2018:尼崎市立竹谷小学校が猪名川公園で自然観察オリエンテーリング

 18日。尼崎市立竹谷小学校3年生42人が、阪神尼崎から椎堂まで路線バスに乗って猪名川公園にやってきました。自然と文化の森協会から9人と猪名川キッズクラブの1人がスタッフとして参加し、子ども達の自然体験活動を支援しました。藻川での魚捕り・猪名川自然林での自然観察ウォーク・学校での出前学習に続いて、4回目の出会いになります。
IMG_7186.JPG  IMG_7187.JPG
 午前中は、猪名川公園全体を使っての自然観察オリエンテーリングです。まわる前にグループでコースを相談してからスタートします。8番のポイントは「この倉庫の壁板はどんな板を使っているのでしょうか」という問題です。「@古い家の板。A火事で燃え残った板。B船に使われていた板」からの三択です。少し難しい問題ですが、答えを聞くと納得です。猪名川自然林のヤブツバキの葉を使って木の葉笛を鳴らすコーナーもあります。
IMG_7192.JPG  IMG_7189.JPG
 午後は、猪名川の河川敷で冬の自然とゆっくり触れ合います。草の中を歩くと、アメリカセンダングサのひっつき虫がいっぱいつきました。ネコジャラシ(エノコログサ)で長さ比べもしました。草笛もたくさんの子ども達が鳴らせるようになりました。川の流れのそばまで行って石投げを楽しみました。ニコニコしながら石投げや水切りを楽しんでいました。
IMG_7194.JPG  IMG_7196.JPG
 最後に、この場所で5月にたくさんのヒメボタルが光ることを話しました。お家の人と一緒に『田能のヒメボタル鑑賞会(5月11&18日に予定)』に来てもらえると嬉しいです。
posted by もりぞー at 11:52| Comment(0) | 体験学習

2019年01月17日

猪名の里・自然観察ウォーク2018:冬の自然観察(1/20)ご案内

 これまでは大人向けの猪名の里・自然観察ウォークでしたが、今回はお子さん連れのみなさんにも楽しんでいただける内容を企画しています。猪名川公園や周辺の樹木の冬芽の観察を中心に、木の葉の下にいる生き物観察をします。
1.20自然観察ウォーク.jpg  RIMG0027.JPG
 冬芽の観察では、虫眼鏡で見るとサルの顔やヒツジの顔に見えたりして、子ども達にも楽しんでもらうことが出来ます。ご家族連れでの参加、お待ちしています。どなたでも参加いただけます。当日参加もOKですが、できるだけメールで事前の申し込みをお願いします。
◎ 問い合わせ&申し込み先:自然と文化の森協会・福本 hukumo08@bca.bai.ne.jp
posted by もりぞー at 15:17| Comment(0) | 緑分野

阪神淡路大震災から24年

0117毎日新聞号外1面.jpg    0117毎日新聞号外2面.jpg
 震災直後に神戸の小学校の先生が作られた歌です。阪神淡路大震災を忘れず、震災の教訓を語り継ぐために、現在もいろいろな場面で歌い続けられています。下記のHPからお聞きください。
  http://www.shiawasehakoberuyouni.jp/

しあわせ運べるように(神戸オリジナルバージョン) 作詞・作曲  臼井 真
地震にも 負けない 強い心をもって
亡くなった方々のぶんも 毎日を 大切に 生きてゆこう
傷ついた神戸を もとの姿にもどそう
支えあう心と 明日への 希望を胸に
響きわたれ ぼくたちの歌
生まれ変わる 神戸のまちに
届けたい わたしたちの歌 しあわせ 運べるように

地震にも 負けない 強い絆(きずな)をつくり
亡くなった方々のぶんも 毎日を 大切に 生きてゆこう
傷ついた神戸を もとの姿にもどそう
やさしい春の光のような 未来を夢み
響きわたれ ぼくたちの歌
生まれ変わる 神戸のまちに
届けたい わたしたちの歌 しあわせ 運べるように
届けたい わたしたちの歌 しあわせ 運べるように
posted by もりぞー at 09:26| Comment(0) | 交流分野

2019年01月16日

第16回ヒメボタルサミットin豊中〜ヒメボタルの光を守るために私たちにできること〜(2/15)ご案内

 豊中では、市民と豊中市が力を合わせてヒメボタルの保全に取り組まれています。行政と市民との協働の活動についての報告や、兵庫県立人と自然の博物館の八木先生から「ヒメボタルと都市部での自然環境の保全」というテーマでの基調提案もあります。
2.15第16回ヒメボタルサミットin豊中チラシ.jpg    豊中市のヒメボタル-001.jpg
 尼崎でも、田能のヒメボタルを守ろうと尼崎市と市民 (自然と文化の森協会など)が協力して、ヒメボタル鑑賞会や幼虫調査を実施ししています。市民と行政との協働の取り組みをさらに推進していくためにも、参考になる催しだと思います。当日自由に参加いただけます。
posted by もりぞー at 16:33| Comment(0) | 緑分野

ベイコム地元ニュースでキッズクラブの活動を放送

 猪名川キッズクラブの子ども達が1/13に猪名川河川敷や猪名川自然林で活動している様子が、インターネットのベイコム・地元ニュースで放送されています。
3dF7Ilrv_1pfk972rjoklmkw[1].jpg
インターネットの下記のアドレスから、いつでもご覧いただくことが出来ます。
https://jimotv.jp/series/movie_list.php?series_id=10115
【ベイコム・地元ニュース(兵庫版)】
・2019年1月15日号「河川敷で遊ぼう&冬の生き物さがし」
posted by もりぞー at 10:16| Comment(0) | 猪名川キッズクラブ

環境体験学習2018:尼崎市立立花北小学校から感想文が届きました

 尼崎市立立花北小学校から、「藻川、猪名川自然林と2回も貴重な体験をさせていただき、ありがとうございました。素人で詳しくない教員には企画することも出来ない、実施も出来ない、場所すらわからないことで、それを皆様方に愛情いっぱいに教えていただきました。教員にとっても初めてでわくわくする体験でした。本当に濃密な体験で、子ども達は一生忘れないと思います」という先生からのお手紙と共に、子ども達の素敵な感想文が届きました。※1月22日に、スタッフが学校に行っての出前学習を行う予定になっています。
◎10月に実施した「藻川に親しもう」に参加しての感想。
立花北小感想-01.jpg    立花北小感想-02.jpg
◎11月に実施した「猪名川自然林に親しもう」に参加しての感想。
立花北小感想-03.jpg    立花北小感想-04.jpg
posted by もりぞー at 09:50| Comment(0) | 体験学習

2019年01月14日

猪名川キッズクラブ2018:春の七草で野草のおかゆ

 13日。猪名川キッズクラブの独自活動でした。体験参加の2家族を含めて、12家族45人の参加がありました。猪名川河川敷で佐藤さんから春の七草の説明を聞き、七草や食べられる野草をさがします。堤防や河川敷をさがすと、春の七草のセリ・ナズナ・ハコベが見つかりました。
IMG_7159.JPG  IMG_7164.JPG
 自然林に戻って、春の七草以外にもノビルやセイヨウカラシナ・カラスノエンドウ、自然と文化の森協会の農園で頂いたスズシロ(大根)などを包丁で細かく刻みます。子ども達も頑張って調理に参加します。お餅も入ったおかゆに刻んだ野草を入れると、野草のおかゆの完成です。
IMG_7177.JPG  IMG_7182.JPG
 出来立ての熱々のおかゆをみんなでいただきました。大きなお鍋にいっぱいあったおかゆが、あっという間に空になってしまいました。
IMG_7183.JPG  IMG_7185.JPG
 猪名川自然林の緩衝帯では、子ども達でコマ回しを楽しんだり、ソリ遊び、ドングリ(マテバシイ)の試食もしました。また、参加されたキッズクラブのママさん達の交流の場にもなっています。
IMG_7180.JPG  IMG_7172.JPG
posted by もりぞー at 10:39| Comment(0) | 猪名川キッズクラブ

藻川クリーン活動&草花観察会(1/16)ご案内

 毎月第3水曜日におこなわれている藻川のクリーン活動。今回は136回目になります。園田地域の福祉作業所の皆さんと一緒に藻川河川敷のゴミを拾い、藻川の環境美化に取り組みませんか?
1.16藻川クリーン活動.jpg  藻川クリーン.jpg
 終了後に行われる新籾さんの植物観察(河川敷の草花解説)も、楽しみの一つです。どなたでも参加いただけます。お気軽にご参加ください。
posted by もりぞー at 17:39| Comment(0) | 水辺分野