2019年07月21日

水辺で楽しもう2019:藻川で魚捕り&川遊び(8/4)ご案内

 8月の水辺で楽しもうは、藻川に入って魚やエビ、カニなどの水生生物を捕まえます。また、ライフジャケットを着けての川遊びも実施する予定です。藻川・中園橋付近の水質は、清流といわれるほどのきれいな水質になっています。海から戻って来たアユや、きれいな水にしかすまないトビケラの仲間も見られるかもしれません。水辺で夏の一日をのんびり楽しみながら、藻川の素晴らしさを感じてください。参加者には、自然と文化の森協会制作の「藻川の生き物図鑑:水生生物編」をプレゼントします。
8.4水辺:魚捕り&川流れ.jpg  IMG_9504.JPG
 雨天の時は中止です。雨が降っていなくても水位が上昇しているときは、実施内容を変更する場合があります。当日参加もOKですが、できるだけメールで事前の申し込みをお願いします。この活動は、(公財)琵琶湖・淀川水質保全機構「琵琶湖・淀川こども水質保全活動助成」を受けて実施します。
※ 問い合わせ&申込先:福本 hukumo08@bca.bai.ne.jp

posted by もりぞー at 14:14| Comment(0) | 水辺分野

水辺で楽しもう2019:藻川愛護セミナー・藻川で生き物さがし

 20日。当初予定していた「水辺で楽しもう2019:藻川愛護セミナー」は、降り続いた雨の影響で藻川の水位が高いため昨日のうちに中止を決定していました。事前申し込みがあった方には中止の連絡をしていたのですが、中止の連絡が伝わらず来られる方もあるかもしれないとスタッフ5人が集合場所(藻川中園橋)に行っていました。
IMG_8186.JPG  IMG_8179.JPG
 4家族12人の方が、「中止かな?とは思ったのですが・・・」と言いながら来られました。せっかく来られたので、スタッフが準備したアミと虫かごを使って河川敷の生き物さがしを楽しんでもらいました。ショウリョウバッタの小さな子どもがたくさん見つかりました。河川敷を赤トンボ(ウスバキトンボ)がたくさん飛んでいましたが、たも網だったので捕まえることは出来ませんでした。オンブバッタ・マダラバッタ・エンマコオロギ・クマゼミなどを捕まえ、河川敷での生き物さがしを楽しんでもらいました。
IMG_8178.JPG  IMG_8184.JPG
posted by もりぞー at 08:04| Comment(0) | 水辺分野

2019年07月20日

明日の上坂部西公園のイベントが一部変更になります

 明日(21日)。上坂部西公園のイベントで、自然と文化の森協会が協力して昆陽川の生き物探しを実施予定でした。しかし、毎日降り続いた雨のために昆陽川の水位が上昇しており、実施できないことになりました。
 他のイベントは予定通り実施されますので、上坂部西公園の芝生や樹木などにいるバッタや虫たちをさがす「昆虫さがし大作戦」を実施することになりました。参加者には自然と文化の森協会が作成したバッタやキリギリスの仲間の見分け方が分かる生き物図鑑をプレゼントします。
観察資料カード2018:河川敷の昆虫(改定3)-01.jpg  観察資料カード2018:河川敷の昆虫(改定3)-02.jpg
posted by もりぞー at 12:00| Comment(0) | イベント案内

2019年07月19日

本日のセミの羽化観察会は中止します

 本日(19日)実施予定のセミの羽化観察会は、雨が降りやまないため中止にさせていただきます。毎年人気のイベントで、今回もたくさんの方から事前申し込みを頂いていたのですが。。。 時期が後ろにずれ込んだ梅雨の雨には勝てずに残念な結果になりました。
WM_H-JPN-IR_20190719-183000[1].jpg  202020-0000-pf2800-20190719190000[1].gif
 お宅の近くで、セミの抜け殻が多くついている場所を見つけてもらい、20時頃にその付近をさがしてもらうと、動いていたり、羽化している幼虫が見られると思います。羽化には30分くらいかかり、最初は羽が白色です。7月末までが良く見つかります。チャレンジしてみて下さい。 
posted by もりぞー at 18:46| Comment(0) | イベント案内

明日の藻川で魚捕り&水生生物調査は、増水のため中止します

 明日(20日)、藻川愛護セミナー:藻川で魚捕り&水生生物調査を実施予定でしたが、降り続く雨のために藻川の水位が大幅に上昇しています。そのため、明日の実施を取りやめることにいたしました。また、国土交通省猪名川河川事務所主催の川西・池田・伊丹でおこなわれる猪名川愛護セミナーも中止が決定しています。
 8月4日にほぼ同内容のイベントを藻川でおこないます。よろしければご参加下さい。
103000_10_crsSect_stagefcst_fldFore_S1_D48[1].png  8.4水辺:魚捕り&川流れ.jpg
posted by もりぞー at 10:47| Comment(0) | イベント案内

本日のセミの羽化観察会について

 本日(19日)のセミの羽化観察会は、19時までに雨がやんでいれば実施します。ただ、雨が降り続いたあとなので、セミの幼虫が地面に出てきて羽化の様子がどれだけ観察できるかは不明です。また、雨の後なので蚊(か)が多いと思います。虫刺されの予防(長袖服や長ズボン、防虫剤など)をお願いします。
7.19自然林:セミの羽化観察.jpg  7.19セミの羽化.jpg
posted by もりぞー at 10:33| Comment(0) | イベント案内

本日の自然体験活動2019は、雨天のため中止に

 本日(19日)は、社会福祉法人あい・園和北保育園の自然体験活動・藻川に親しもうを実施予定でした。しかし、夕方まで雨が降り続くという予報が出ていたため、保育園からの依頼により昨日のうちに中止を決定していました。本日の実施は取り止め、後日に延期して実施することになりました。
WM_ChartA_20190719-060000[1].jpg  WM_H-JPN-IR_20190719-090000[1].jpg
posted by もりぞー at 09:24| Comment(0) | 体験学習

2019年07月18日

農園の野菜が実っています

 夏野菜1株オーナーのみなさんのキュウリ・ナス・トマトがたくさん実っています。日照不足が言われていますが、農業部会のみなさんに世話をしていただいて雨の恵みを受けて立派に成長しているようです。たくさん収穫出来て、1株オーナーのみなさんもニコニコ顔です。
IMG_8174.JPG  IMG_8176.JPG
 たくさんの実と同時に、まだまだたくさんの花もつけています。これからもうしばらくの間美味しい野菜がたくさん食べられそうです。
IMG_8171.JPG  IMG_8172.JPG
posted by もりぞー at 09:06| Comment(0) | 農業分野

2019年07月17日

環境体験学習2019:尼崎市立難波小学校が藻川で生き物さがし

 16日。阪神尼崎駅の少し北にある尼崎市立難波小学校3年生78人が、産業道路を阪急バスで稲野まで乗って、上園橋から藻川の堤防を歩いて中園橋までやって来ました。
IMG_8157.JPG  IMG_8156.JPG
 堤防ののり面の草の中などを歩くとバッタが飛び跳ねます。ショウリョウバッタやオンブバッタがたくさん見つかりました(オンブバッタは、国内外来種のアカハネオンブバッタばかりでした)。羽を広げて飛ぶトノサマバッタをみんなで追いかけます。モンシロチョウやトンボ(シオカラトンボ・ウスバキトンボ)も捕まえました。小さくてかわいいウズラカメムシも見つけました。
IMG_8162.JPG  IMG_8163.JPG
 藻川に入っての魚捕りでは、モクズガニがたくさん捕まりました。ウキゴリ・チチブ・ゴクラクハゼ・テナガエビも捕まえました。投網の実演では、色のきれいなオイカワの雄・ボラがアミに入りました。先日までの雨で川の水は少し濁っていましたが、たくさんの生き物を見つけることが出来ました。尼崎にも素敵な川があることを知ってもらうことが出来ました。
IMG_8168.JPG  IMG_8169.JPG
posted by もりぞー at 12:27| Comment(0) | 体験学習

ネムノキ〜眠りの木〜

 マメ科の落葉高木で、東北地方以南に生育しています。梅雨の終わりから盛夏にかけて咲く花は繊細で美しいが、長く伸びた糸状のものは花弁ではなくおしべです。花弁が発達せず、おしべが花を構成している点は、フサアカシアやオジギソウなどと似ています。陽樹であり荒れ地に最初に侵入する先駆種で、他のマメ科植物と同様に根粒菌と共生関係にあります。
IMG_7875.JPG  IMG_7877.JPG
 ネムノキの果実はマメの鞘にはいっており、マメ科の植物であることが分かります。中には小さな種子が入っており、種子を包むには必要以上の大きさの鞘は冬になっても開かず、果実全体が風に吹き飛ばされる仕組みになっているのではないかと思われています。ネムノキの名前の由来は夕方になると葉が合わさって閉じてしまう様を眠ることに例えたものです。葉は2回羽状の複葉で、たくさんの小葉が付いています。これが毎日夕方になると合わさって閉じてしまいます。[2019年6月10日。猪名川自然林で撮影]
posted by もりぞー at 09:06| Comment(0) | 猪名の里の花々

2019年07月16日

今週末は、3日連続でイベントがあります!!

 夏ならではイベントが続きます。内容も多彩で、子ども達の夏休みの自由研究にもピッタリです!! 当日参加もOKですが、できるだけメールで事前の申し込みをお願いします。@Aは自然と文化の森協会&猪名川キッズクラブが主催し、Bは自然と文化の森協会&猪名川キッズクラブが協力して実施します。
 ※ 問い合わせ&申込先:福本 hukumo08@bca.bai.ne.jp
@7月19日(金) 自然林で楽しもう2019:神秘的なセミの羽化に立ち会おう
7.19自然林:セミの羽化観察.jpg  IMG_0488.JPG
A7月20日(土) 猪名川の愛護セミナー2019協賛:藻川に入って生き物さがし&生き物観察
7.20愛護セミナーちらし.jpg  7.20水辺:愛護セミナー協賛.jpg
B7月21日(日) 植物園・上坂部西公園で遊ぼう:昆陽川の生き物さがし
7.21上坂部西公園.jpg  7.21上坂部西公園2.jpg
Yahoo!ニュース。尼崎・上坂部西公園で植物と生き物に触れる1日 夏休み自由研究にも[みんなの経済新聞ネットワーク]。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190708-00000012-minkei-l28

posted by もりぞー at 07:35| Comment(0) | イベント案内

2019年07月15日

水辺で楽しもう2019:田能の農業用水路でドジョウを見つけた

 14日。前日からの雨が朝にはやんでいました。しかし、スタッフが現場で準備を始めた9時過ぎから小雨が降りはじめました。こんな天候の下でも、次々と参加者が来られ53人で田能の農業用水路での生き物探しをおこないました。コンクリート3面張りで、水深が10cmもない浅い流れです。田んぼの時期しか水が流れないこの農業用水路にもたくさんの生き物達がすんでいます。
IMG_8145.JPG  IMG_8147.JPG
 子ども達は、アメリカザリガニやドジョウを捕まえて大喜びです。希少種に指定されているドジョウも、たくさん見つかりました。かわいいヒゲがはえています。小さなカエルもたくさんいます。タモロコ・カダヤシ、ミナミヌマエビ・ヤゴ(ギンヤンマ・シオカラトンボ・イトトンボ)、ミズムシ・ヒル、シジミ・カワニナ・ヒメタニシ、大きなミシシッピアカミミガメも見つかりました。
IMG_8146.JPG  IMG_8150.JPG
 自然と文化の森協会作成の「藻川の生き物図鑑」を見ながら、みんなで捕まえた生き物の観察です(藻川の生き物図鑑には、水路の生き物も掲載しています)。観察中に、展示水槽の中で、ギンヤンマの大きなヤゴがイトトンボの小さなヤゴを食べてしまいました。弱肉強食の世界です。希少種に指定されているメダカは、去年に続いて見つかりませんでした。園田地域には田んぼがまだ残っています。田んぼを潤す農業用水路も活きています。農業用水路のすばらしさを感じることができました。
IMG_8152.JPG  IMG_8153.JPG
posted by もりぞー at 12:39| Comment(0) | 水辺分野