キッズクラブ2019:オギの穂でフクロウ人形作り&猪名川・藻川水質調査(10/27)ご案内

 猪名川キッズクラブ登録者の独自活動です。藻川には日本古来の植物であるオギが生えており、秋になるとすすきのような穂を出して風に揺れるとすてきな風景が見られます。オギの穂を集めて、フクロウ人形を作ります。作って翌日になると穂がふくらみ、ふんわりとした素敵なフクロウ人形が完成します。
10.27キッズ.jpg  IMG_6562.JPG
 中園橋(藻川)と猪名川橋(猪名川)で水質調査(猪名川流域一斉水質調査:国土交通省猪名川河川事務所)をします。パックテストという方法で、水の汚れを調べます。猪名川橋での水質調査に参加する人は自転車で参加下さい。当日参加もOKですが、できるだけメールで事前の申し込みをお願いします。猪名川キッズクラブ登録者だけの活動ですが、体験参加を希望される方はお知らせ下さい。

posted by もりぞー at 15:27| Comment(0) | 猪名川キッズクラブ

藻川クリーン活動&草花観察会(10/16)ご案内

 毎月第3水曜日におこなわれている藻川のクリーン活動。今回は145回目になります。園田地域の福祉作業所の皆さんと一緒に藻川河川敷のゴミを拾い、藻川の環境美化に取り組みませんか?
 終了後に行われる新籾さんの植物観察(河川敷の草花解説)も、楽しみの一つです。どなたでも参加いただけます。お気軽にご参加ください。

10.16藻川クリーン.jpg
posted by もりぞー at 08:03| Comment(0) | 水辺分野

2019年10月13日

2019.10月自然と文化の森プラットフォーム:豆島プロジェクトの取り組み(10/15)ご案内

 自然と文化の森プラットフォームは、尼崎市園田地域振興センターが主催し、自然と文化の森協会が協力して毎月第3火曜日に開催されています。偶数月のプラットフォームは園田の自然環境を中心にしたミニ講座を実施し、参加者の意見交換・情報交換をおこなっています。
10.15プラット案内1.jpg  10.15プラット案内2.jpg
 猪名川と藻川が合流している流れの中に、「出会いの島・豆島」と名付けられた緑の木々が繁る小さな島があります。戸の内連協や東園田8丁目などの地域のみなさんが中心になり、大学の先生などの専門家も参加して、この小さな島を守ろうと生えている植物の調査やイベントなどがおこなわれています。今回は、これまでの取り組みや現在の島の様子を報告していただきます。豆島プロジェクトの取り組みをお聞きし、参加者で意見交換をおこないます。どなたでも参加いただけます。当日参加OKです。みなさまの参加をお待ちしています。
posted by もりぞー at 09:11| Comment(0) | 水辺分野

2019年10月12日

環境体験学習2019:尼崎市立園田小学校が藻川で生き物さがし

 11日。藻川の西側にある尼崎市立園田小学校3年生139人が、学校から歩いて藻川中園橋までやって来ました。5月に実施予定でしたが雨が降って実施できず、延期になり先週実施予定でしたが藻川が増水していて実施できませんでした。3回目でやっと実施することが出来ました。自然と文化の森協会から8人がスタッフとして参加し、子ども達の活動をコーディネートしました。
IMG_8714.JPG  IMG_8728.JPG
 最初は河川敷でバッタ捕りです。オンブバッタがたくさん見つかりました。ショウリョウバッタの大きなメス・口が赤いクビキリギス・大きなエンマコオロギなども捕まえました。トノサマバッタが飛び立つと、みんなで追いかけます。色々なバッタやキリギリスの仲間、テントウムシなどを捕まえることが出来ました。
IMG_8715.JPG  IMG_8716.JPG
 川に入っての生き物さがし。少し水は冷たかったのですが、それがかえって気持ちよかったようです。すぐにモクズガニがアミに入りました。チチブやウキゴリ、テナガエビもアミに入り、子ども達は大喜びです。投網の実演では、オイカワ・ボラ・カマツカ・ゴクラクハゼなどが捕まりました。海に戻る途中の大きなモクズガニが何匹も見つかりました。大きなカニを見つけると、大騒ぎでした。
IMG_8723.JPG  IMG_8720.JPG
 トンボのヤゴ・カゲロウやトビケラの幼虫などの水生昆虫も見つけました(写真左:モクズガニの仔ガニ&テナガエビの仔エビ。右:コオニヤンマのヤゴ&チラカゲロウの幼虫)。藻川は、兵庫県のレッドデータブックに「生き物が豊かな場所であり、守っていく必要がある所」として記載されています。生き物豊かな藻川の様子を知ってもらうことが出来ました。
IMG_8722.JPG  IMG_8727.JPG
posted by もりぞー at 12:27| Comment(0) | 体験学習

2019年10月11日

明日(12日)のキッズクラブ:芋掘りは中止します。

 明日は、台風19号の接近により警報の発令など大荒れの天気になると予想されています。そのため、明日予定していました猪名川キッズクラブの農作業体験:サツマイモ掘りは、中止することしました。1週間延期して、19日(土)11時から実施することにします。猪名川キッズクラブのみなさん。よろしくお願いします。
WM_TY-T1919-V2_20191011-150000[1].jpg  pic_typhoon_kkikan[1].png
posted by もりぞー at 18:14| Comment(0) | イベント案内

環境体験学習2019:尼崎市立武庫庄小学校が猪名川公園で自然観察オリエンテーリング

 10日。武庫地区にある尼崎市立武庫庄小学校3年生129人が、武庫之荘から園田まで阪急電車に乗り、園田駅から歩いて猪名川公園までやって来ました。自然と文化の森協会からのべ13人がスタッフとして参加し、子ども達の活動をコーディネートしました。
IMG_8703.JPG  IMG_8692.JPG
 午前中は、猪名川公園での自然観察オリエンテーリングです。ポイントが書かれた地図を見ながらグループで協力してポイントを探します。[1]のポイントは、「この池は利椎冨いけといいます。この池はどうしてできたのでしょう?」という問題で、「@60年前まで川だった。Aとしとみという偉いお坊さんが造った。B地震で地面が沈んでできた」という3択です。正解は@です。「猪名川公園は猪名川が流れていた跡」ということが基本に置いて他の問題を考えると、答えが納得できる仕組みになっています。
IMG_8702.JPG  IMG_8698.JPG
 午後は、猪名川河川敷でのバッタ捕りです。河川敷の高水敷に広がってバッタやキリギリスの仲間を見つけます。大きなトノサマバッタを見つけると、大騒ぎです。アミを手に一生懸命追いかけました。コオロギもたくさん捕まえました。キリギリスやカマキリも見つけました。園田に残る自然の中で一日しっかり楽しんでもらいました。身近に自然があることのすばらしさ、自然を守ることの大切さに少しでも気づいてもらえたら嬉しいです。
IMG_8705.JPG  IMG_8711.JPG
posted by もりぞー at 14:30| Comment(0) | 体験学習

藻川を食べつくせ!(10/14)ご案内

 あまがさき環境オープンカレッジの活動の一つとして、武庫川・庄下川・昆陽川・藻川・猪名川などの水辺で活動している団体が集まって「尼崎の川で川あそびをしよう!」と合同で取り組みをおこなっています。
 今回は、藻川に集まって、藻川の恵みを味わいます。藻川の魚は尼崎市保健所の検査で「食べても安全」という結果が出ています。藻川の魚を捕まえて空揚げなどにして味わいます。河川敷にはえる外来種のキクイモ・草原にすむバッタは、健康・美容食として注目されている食材です。田能の農業用水路で捕まえたアメリカザリガニも泥抜きをして田能のロブスターとして準備しています。

10.14藻川を.jpg  IMG_6305.JPG
 秋の一日、藻川の恵みを食べつくしましょう。そして、尼崎に残る自然のすばらしさも体感してください。当日参加もOKですが、できるだけメールで事前の申し込みをお願いします。みなさまのおいでをお待ちしています。
◎ 問い合わせ&申し込み先:自然と文化の森協会・福本 hukumo08@bca.bai.ne.jp

posted by もりぞー at 06:57| Comment(0) | イベント案内

2019年10月10日

環境体験学習2019:尼崎市立潮小学校が猪名川公園で自然観察オリエンテーリング

 9日。JR尼崎駅のそばにある尼崎市立潮小学校3年生82人が、JR尼崎駅から阪急園田駅まで阪神バスに乗って猪名川自然林・猪名川公園までやって来ました。自然と文化の森協会から9人がスタッフとして参加し、子ども達の活動をコーディネートしました。
 午前中は、猪名川公園での自然観察オリエンテーリングです。ポイントが書かれた地図を見ながら回るコースを相談します。グループで協力して回ります。

IMG_8682.JPG  IMG_8688.JPG
 ポイントでは問題を考えます。今までの知識だけでは答えが見つけにくい問題が多いのですが、最後に正解を聞くと、「あぁ!そうか!」と思えます。分かった時の納得感を大切にしています。松林の中では、松の葉での遊びコーナーもあります。松葉相撲を楽しみます。
IMG_8684.JPG  IMG_8687.JPG
 猪名川自然林に多くあるヤブツバキの葉を使っての木の葉笛のコーナーです。ヤブツバキの葉をクルクルと丸めて笛を作ります。なかなか音が出ませんが、少し頑張ると、大きな音が鳴ります。音が出ると、どの子の顔もニコニコ顔です。
IMG_8686.JPG  IMG_8689.JPG
 午後は猪名川風致公園で活動です。猪名川の旧堤防が残り、兵庫県のレッドデータブックにも貴重な林(エノキ・ムクノキ林)として記載されている猪名川自然林のミニウォークです。木の葉の匂いを嗅いだり、手ざわりを確かめたりします。キツツキ(コゲラ)の巣穴も見ました。尼崎に残る貴重な自然に触れ合ってもらいました。
IMG_8603.JPG  IMG_8691.JPG
posted by もりぞー at 15:43| Comment(0) | 体験学習

2019年10月09日

サツマイモ収穫(芋掘り)体験募集(10/11締切)ご案内

10.19サツマイモ収穫体験1.jpg  10.19サツマイモ収穫体験2.jpg
 田能の農地で、サツマイモ:鳴門金時が育っています。有機肥料を使用し、無農薬栽培です。尼崎に残る農地での芋掘り体験(サツマイモの収穫)を募集します。3株分のサツマイモを掘っていただき、持ち帰っていただきます。芋のツルも、佃煮などにして美味しく食べることが出来ます(レシピをお渡しします)ので、ご希望の方には持ち帰っていただきます。田能の農地で収穫体験(芋掘り)をし、稲刈り後の田んぼで生き物さがしを楽しみませんか?
 事前の申し込みが必要で、10月11日締切です。希望される方は下記までメールでお知らせ下さい。
◎ 問い合わせ&申し込み先:自然と文化の森協会・福本 hukumo08@bca.bai.ne.jp

posted by もりぞー at 07:23| Comment(0) | 農業分野

猪名川キッズクラブ2019:サツマイモの収穫&レンゲの種まき(10/12)のお知らせ

 猪名川キッズクラブの独自活動です。5月にキッズクラブの子ども達が農園にサツマイモの苗を植え付けました。自然と文化の森協会農業部会の皆さんにお世話いただいて、サツマイモの苗は夏の暑さや大雨による水没などを乗り越えて大きく育っています。みんなで芋ほりをして収穫です。土の中からは大きな芋だけでなくかわいい生き物達も顔を出します。どんな生き物に会えるでしょうか。
10.12キッズ:薩摩芋.jpg  IMG_6373.JPG
 芋ほりの後は、農園の向かいにある辰巳さんの田んぼにレンゲの種をまきます。みんなで、1反の広さの田んぼに3kgの種をまきます。春にピンクの花で埋まったレンゲ畑になるのが楽しみです。猪名川キッズクラブのみなさんの参加を待っています。
posted by もりぞー at 12:35| Comment(0) | 猪名川キッズクラブ

本日の環境体験学習2019は中止に。

 今日(8日)は、尼崎市立園田東小学校3年生の環境体験学習:猪名川自然林に親しもうを実施予定でしたが、今日のお天気を心配して、学校から昨日のうちに中止の依頼がありました。後日に延期して実施することになりました。
WM_ChartA_20191007-210000[1].jpg  WM_H-JPN-IR_20191007-234000[1].jpg
posted by もりぞー at 00:06| Comment(0) | 体験学習

2019年10月07日

水辺で楽しもう2019:バッタを捕って、空揚げにしました

 6日。10月の水辺で楽しもうです。恒例のバッタイベントです。何と、23家族70人もの参加がありました。あまりの参加者の多さにスタッフがびっくりです。最初は猪名川の河川敷でバッタ捕りです。草むらに入ると、小さなササキリやツユムシが羽を広げてひらひらと飛びます。大きなトノサマバッタは、バタバタと飛び去っていきます。みんな楽しそうにバッタを追いかけています。
IMG_8667.JPG  IMG_8660.JPG
 捕まえたバッタは、ケースに入れて種類ごとに展示します。自然と文化の森協会作成の“バッタ図鑑”を見ながら自分の捕まえたバッタを調べます。大きなエンマコオロギもたくさん見つかりました。口が赤い色をしたクビキリギスもたくさん見つけました。オオカマキリやコカマキリ、イトトンボや赤トンボ(ウスバキトンボ)も捕まえました。
IMG_8662.JPG  IMG_8670.JPG
 自然林に戻ってバッタを空揚げにします。「希望者だけ」ということにしていましたが、全員がバッタの試食に参加されました。天ぷら鍋の熱い油に入れると、バッタが赤くなります。エビを湯がいた時のようです。でも、油から取り出すと元のバッタの色に戻っていました。「怖い!」「残酷!」と言いながらも、次々と口の中に入っていきます。「美味しい!」と、好評でした。サツマイモの茎で作った「ワサビしょうゆ漬け」も試食してもらいましたが、好評でした。秋の少し違った味覚を味わった一日でした。
IMG_8675.JPG  IMG_8679.JPG
 10月14日に、藻川のいろいろな味覚を味わうイベントをおこないます。藻川のアユなどの魚・カニ・エビ、河川敷のバッタなどを空揚げなどにします。田能の農業用水路で捕まえたアメリカザリガニも泥抜きをして田能のロブスターとして準備しています。秋の一日、藻川の恵みを食べつくしましょう。そして、尼崎に残る自然のすばらしさも体感してください。事前の申し込みが必要です。みなさまのおいでをお待ちしています。
◎ 問い合わせ&申し込み先:自然と文化の森協会・福本 hukumo08@bca.bai.ne.jp

10.14藻川を.jpg  サツマイモ収穫体験.jpg
posted by もりぞー at 13:53| Comment(0) | 水辺分野