2017年11月23日

自然と文化の森ミニ収穫祭【11月19日】

半年におよぶ里芋栽培のたたかいの跡です。001a.jpg
田能の里芋の収穫を終え天地の恵みに感謝、
関係者、近隣の皆様への御礼を込めて
第16回自然と文化の森ミニ収穫祭を開催しました。001.jpg
自然と文化の森協会佐藤会長の開会挨拶です。002.jpg
尼崎市稲村市長にもお越しいただき、
ご祝辞と今後の活動への励ましの言葉を頂戴しました。003b.jpg
市長の挨拶を拝聴の皆様です。003a.jpg
朝市開始の準備も整いました。004a.jpg
田能ブランドの里芋も出番待ちです。004.jpg
朝市開始と同時にたくさんの人々が殺到しました。007.jpg
田能の里芋の入った「のっぺい汁」【先着100名無料】も大評判でした。009a.jpg
田能の里芋を使った「おでん」も温かいよ。011.jpg
のっぺい汁、おでんを担当した農部会女性スタッフの皆様です。011a.jpg
緑部会、体験部会のご協力で田能の畑で収穫した
「さつまいも」も焼芋として提供しました。012.jpg
これにはキッズもご満悦でした。014.jpg
阪急OBの方にもご協力いただき、
飲物【ビール、酒、ジュース等】の提供もしました。015.jpg
広場に食事処を設け、たくさんの人々に寛いでいただきました。016.jpg
最後に抽選会を催し、景品、農作物を持ち帰りいただきました。
約200名の参加者で盛大に終えることができました。


posted by もりぞー at 20:20| Comment(0) | 農業分野

猪名川水環境パネル展2017で藻川の生き物を展示

 22日。イオンモール伊丹で、神崎川水質汚濁対策協議会猪名川分科会(国土交通省猪名川河川事務所)主催の水環境パネル展が開催されました。
IMG_4401.JPG
 自然と文化の森協会もパネル展に協力し、毎年 藻川の生き物展示をおこなっています。今回も藻川の生き物10種類以上を水槽に入れて展示しました。藻川の生き物を通して、水質がきれいなことや生き物豊かな藻川のすばらしさを実感してもらいました。
IMG_4407.JPG
 今回はウナギとタウナギを並べて展示することが出来、多くの皆さんがその違いを見つめておられました。また、アメリカザリガニが脱皮したあとの抜け殻も好評でした(アメリカザリガニは外来種なので、藻川にはいない方が良いのですが・・・)。
IMG_4405.JPG
 猪名川河川事務所による水質調査体験コーナーでは、試薬を使っての調査で猪名川・藻川の水質の良さを実感されていました。
IMG_4400.JPG
 猪名川公園や猪名川河川敷の野鳥の写真、猪名川キッズクラブの活動報告パネルなども展示され、多くのみなさんが見入られていました。
IMG_4402.JPG
posted by もりぞー at 18:13| Comment(0) | 水辺分野

環境体験学習2017:尼崎市立園和北小学校が自然観察オリエンテーリング

 22日。猪名川自然林が校区になる尼崎市立園和北小学校の3年生113人が猪名川公園までやって来ました。藻川での魚捕り、猪名川自然林でのクラフト作りに続いて、3回目の環境体験学習です。
IMG_4398.JPG
 今回は、猪名川公園全体を使っての自然観察オリエンテーリングです。グループごとに地図を見ながら協力してポイントをさがしながら問題を解いたり、自然探しをしたりしながら回ります。
IMG_4378.JPG
 ポイントでは3択の問題を考えますが、このポイントでは「4つの色の木の葉を集めましょう」という問題でした。赤や黄色に色づいたきれいな色の落ち葉がいっぱいです。
IMG_4388.JPG
 ポイント以外にも、木の葉遊びのコーナーが2つあります。松葉を使って松葉相撲を楽しむコーナーとササの葉を使ってのササ笛を鳴らすコーナーです。
IMG_4381.JPG
 自然と文化の森協会から10人がスタッフとして参加して、子ども達の活動を支援しました。スタッフにおしえてもらい、ササ笛も吹けるようになりました。
IMG_4382.JPG
 ポイント以外でも素敵なものをたくさん見つけました。夏場は木の上にいてなかなか見つからないヒメクダマキモドキというキリギリスの仲間を十数匹も見つけることが出来ました。寒くなると木の根元に降りて来てこの時期にはよく見つかるのですが、こんなにたくさん見つかったのは初めてです。小さなカメムシも見つけました。猪名川自然林の中ですてきなことをたくさん見つけることが出来ました。
IMG_4394.JPG
posted by もりぞー at 09:23| Comment(0) | 体験学習

2017年11月22日

わがまち歴史ウォッチング2017〜田能のまちの不思議発見〜(11/26)にご参加ください

 自然と文化の森協会では、「わがまちの再発見運動」として、歴史ウォッチングに取り組んでいます。今回は、尼崎市の最北東の‘田能の里芋’で有名となっている「田能」を、弥生時代から現代まで、あまり知られない歴史秘話と、今に残る農村風景の街の歴史ウォッチングを行います。
11.26歴史ウォッチング.jpg
 日頃なにげなく見ている園田の風景をそれぞれの視点で楽しみながら、地元の方と自然と文化の森協会のメンバーによるガイドで、楽しく歴史を学びながら、園田地域に残る歴史遺産を見て歩きます。大人から子どもまで、わがまちを再発見しましょう! みなさま奮ってご参加下さい。
posted by もりぞー at 07:27| Comment(0) | イベント案内

2017年11月21日

水辺で楽しもう2017:クズのリース作り&クズで遊ぼう(12/3)ご案内

 12月の水辺で楽しもうは、藻川の河川敷を歩きます。野鳥の観察をしながら、ひっつき虫をさがして遊びます。いろいろな虫たちも見られるかもしれません。
 クズがたくさん生えている所で、クズのつるで大縄跳びや綱引きを楽しみます。また、クズのつるでクリスマス用のリースやかごを作ります。クズの葉の葉柄で、冠やクズのムカデ作りにもチャレンジしたいと思います。当日参加もOKです。歩きやすい靴と服装でおいでください。
12.3水辺:クズで遊ぼう.jpg
※この活動は、(公財)琵琶湖・淀川水質保全機構「琵琶湖・淀川こども水質保全活動助成」を受けて実施します。

posted by もりぞー at 13:01| Comment(0) | イベント案内

あまがさきし牛乳パック回収拠点マップが発行されました

 水辺まつりや自然と文化の森協会の活動でお世話になっている社会福祉法人:みんなの労働文化センター(尼崎パックルネット)から、尼崎市内で牛乳パックを回収している場所を示した地図が発行されました。近年、牛乳パックの回収される量が減少傾向にあるそうです。マップをご覧いただき、お近くの回収場所の回収ボックスにお入れいただき、牛乳パックの回収にご協力ください。
牛乳パック回収拠点マップ.jpg
 牛乳パックは良質のパルプ材から作られており、リサイクルされて上質のティッシュペーパーやトイレットペーパーなどに再生されています。牛乳パックから再生された製品の購入にもご協力ください。
ぱっクル紹介ちらし.jpg
posted by もりぞー at 09:19| Comment(0) | 交流分野

2017年11月20日

猪名川(藻川)のヒメボタル観察会2017:ヒメボタル幼虫調査@(11/24)にご参加ください

 「ヒメボタルの幼虫を観察して猪名川の環境を考えよう」と、国土交通省猪名川河川事務所が主催し、猪名川流域の市民団体が協力してヒメボタルの幼虫調査がおこなわれます。@は[トラップ(わな)の設置]をおこないます。普段はかかわることのない調査の裏方を体験することができます。
 ヒメボタルは、尼崎市内では田能地域にしか生息していません。兵庫県レッドデータブックで「要注目種」に指定されている貴重な生き物です。自然と文化の森協会も実施に協力し、猪名川キッズクラブとともに調査に参加します。
11.24&12.2猪名川(藻川)ヒメボタルチラシ2017表 [更新済み].jpg
 15時からとなっていますが、14時頃からスタートします。早く来られる方は、14時頃においでください。多くのみなさんの参加をお待ちしています。できるだけ、事前の申し込みをお願いします。
posted by もりぞー at 14:31| Comment(0) | イベント案内

親子で学ぼう!楽しもう!森のフォーラム2017(11/23)ご案内

 「尼崎のみどり。いにしえから未来まで」をテーマに、尼崎の歴史をいろどる植物・植生のエピソードについての講演、身近なミドリから次の100年を見据えた森づくりというテーマでのトークイベント、樹木で楽しむワークショップ:クラフト作りコーナーなどがおこなわれます。
 自然と文化の森協会の佐藤会長がトークイベントのスピーカーで出演し、体験事業部会がワークショップでクラフトコーナーをおこないます。子どもから大人まで、樹木や自然に興味関心のある人はどなたでも参加できます。主催者への事前の申し込みが必要です。
11.23フォーラムチラシ5-001.jpg

11.23フォーラムチラシ5-002.jpg
posted by もりぞー at 09:16| Comment(0) | イベント案内